海と水族館を丸ごと楽しめる複合施設串本海中公園

お問い合わせ 中国語 English 年中無休!営業時間 9:00-16:30

スタッフブログ【さびうらびより】スタッフ:ハムいち一覧

串本の様子や様々な串本の生き物たちを、
スタッフが交代でご紹介します。

最新記事
第346回 げろげーろ
第341回 安心してください、入れますよ!
第336回 「とら」が好き
第331回 今年は少なめ
第326回 我慢できるってだけで痛いのは痛い
カテゴリ
Go (20)
くろすけ♀ (62)
くろちゃん (3)
こて (18)
さく太郎 (12)
しまっち (25)
そらすずめ (9)
とーる (64)
ひらりん (20)
ひろぽん (6)
ひーちゃん (12)
ゆーみん (18)
クチヒゲノムラガニ (5)
ナツメリ (7)
ハムいち (53)
ブログ更新 (341)
マンジュウイシ (1)
海人 (6)
青ネギ (4)
月別アーカイブ
2022年6月 (1)
2022年5月 (1)
2022年4月 (2)
2022年3月 (2)
2022年2月 (2)
2022年1月 (2)
2021年12月 (2)
2021年11月 (3)
2021年10月 (1)
2021年9月 (2)
2021年8月 (2)
2021年7月 (2)
2021年6月 (3)
2021年5月 (1)
2021年4月 (2)
2021年3月 (2)
2021年2月 (2)
2021年1月 (2)
2020年12月 (2)
2020年11月 (2)
2020年10月 (2)
2020年9月 (2)
2020年8月 (2)
2020年7月 (2)
2020年6月 (2)
2020年5月 (9)
2020年4月 (2)
2020年3月 (2)
2020年2月 (2)
2020年1月 (2)
2019年12月 (2)
2019年11月 (3)
2019年10月 (1)
2019年9月 (2)
2019年8月 (2)
2019年7月 (2)
2019年6月 (3)
2019年5月 (1)
2019年4月 (2)
2019年3月 (2)
2019年2月 (2)
2018年12月 (1)
2018年11月 (2)
2018年10月 (1)
2018年9月 (1)
2018年7月 (2)
2018年6月 (1)
2018年5月 (2)
2018年4月 (2)
2018年3月 (2)
2018年2月 (2)
2018年1月 (2)
2017年12月 (2)
2017年10月 (2)
2017年9月 (1)
2017年8月 (2)
2017年7月 (2)
2017年6月 (2)
2017年5月 (2)
2017年4月 (2)
2017年3月 (2)
2017年2月 (2)
2017年1月 (2)
2016年12月 (2)
2016年10月 (1)
2016年8月 (2)
2016年7月 (1)
2016年5月 (1)
2016年4月 (1)
2016年3月 (1)
2016年2月 (1)
2016年1月 (1)
2015年12月 (1)
2015年6月 (1)
2015年5月 (1)
2015年4月 (1)
2015年3月 (1)
2015年1月 (1)
2014年12月 (2)
2014年10月 (1)
2014年9月 (1)
2014年8月 (1)
2014年6月 (1)
2014年5月 (1)
2014年4月 (1)
2014年3月 (1)
2014年2月 (2)
2014年1月 (1)
2013年12月 (2)
2013年10月 (2)
2013年9月 (1)
2013年8月 (1)
2013年7月 (3)
2013年6月 (2)
2013年5月 (3)
2013年4月 (2)
2013年3月 (1)
2013年2月 (2)
2013年1月 (3)
2012年12月 (5)
2012年11月 (2)
2012年10月 (3)
2012年9月 (4)
2012年8月 (3)
2012年7月 (4)
2012年6月 (4)
2012年5月 (2)
2012年4月 (2)
2012年3月 (2)
2012年2月 (3)
2012年1月 (3)
2011年12月 (5)
2011年11月 (4)
2011年10月 (3)
2011年9月 (3)
2011年8月 (2)
2011年7月 (3)
2011年6月 (5)
2011年5月 (5)
2011年4月 (4)
2011年3月 (3)
2011年2月 (5)
2011年1月 (4)
2010年12月 (5)
2010年11月 (4)
2010年10月 (4)
2010年9月 (2)
2010年8月 (3)
2010年7月 (6)
2010年6月 (4)
2010年5月 (5)
2010年4月 (4)
2010年3月 (3)
2010年2月 (3)
2010年1月 (4)
2009年12月 (4)
2009年11月 (6)
2009年10月 (4)
2009年9月 (8)
2009年8月 (5)
2009年7月 (7)
2009年6月 (5)

第57回 海藻初心者


過去の記事(第45回 研究船「オルカ6号」)でも紹介されているように、
私たちの仕事の中には近隣海域の生物相の調査があります。
どのように調査をしているか簡単に説明しますと、調査員数名で調査地点に行き、
その海域にいる魚類、藻類、底生動物などを分担して観察するというものです。
各調査員はありとあらゆるハイテクを駆使しながら調査を行うのですが、
これ以上は禁則事項なので言えません。
当然、私も藻類担当としてこの調査に参加しています。

しかし、入社するまで海藻には全く興味のなかった私。
学生時代に海藻の利用に関する植物学のレポートを
「ミル(←という海藻があります)を利用してミル」
なんてふざけたタイトルにしてミルの食べ方について想像だけで書いた私。
まさかそんな私の人生において
海藻に関する知識が必要になるとはまったく思わず生きてきたものですから、
只今ヒーハー言いながら海藻について勉強しています。

中でも最近熱を入れているのが「海藻押し葉」作り。
サンプルとして持ち帰った海藻を処理し押し葉にすることによって、
ある程度色の残った標本が作れるのです。
下の写真は左がムカデノリ、右がタマイタダキという海藻の標本で、
私の作成した中では優秀な作品達です。
これらは紅藻類と呼ばれる仲間でキレイな押し葉になります。
標本は紙に載せて重しをかけながら1週間近く乾燥機に入れて乾燥させるとできあがりますが、
この1週間は待ち遠しくて仕方がありません。
1週間後に乾燥機から出して標本を確認する瞬間は、
まるで一晩置いたカレーを食べる次の日の朝のよう。
そして標本が折れ曲がっていたりした時のがっかり具合はカレーにカビが生えていた朝のよう。
いつもドキドキしながら標本の処理をしています。



このような標本をニヤニヤして作りながら勉強しているわけですが、
まだまだ海藻レベルは下の下。
海藻の道は奥が深く、幅も広けりゃ底も深い。海藻の「か」の字も分かっちゃあいないんです。
わからない海藻があれば持って帰って調べるのですが、
これじゃないあれじゃないと一人で騒いでおります。
幸いなことに前任者であり海藻の師匠であり館長である方がいてくれているので
助かっていますが、いつかは独り立ちしなければなりません。
それも遠くない未来に・・・・今からその時のことを考えるだけで胃の辺りが
キュンキュンするのはお腹の中に何か住んでいるからなのでしょうか。

師匠には海藻の「か」の字がわかるようになる頃まで元気でいて欲しいと思います。
・・・・べっ、別におだてて給料アップを狙ってなんかないんだからっ!

by ハムいち

第47回 災害対策


まず始めにチリで起こった大地震の被災者の方々に哀悼の意を表します。

震災後、日本の各地で津波警報・注意報が発令されまして
ここ和歌山県南部でも1~2mの津波の襲来が予想され警報が発令されました。
当館ではこの事態に合わせてステラマリスと展望塔の営業を中止し
津波の襲来に備えました。





施設自体は水面から5mほどの高さの所にあるのですが
万一に備えて最近新設された防潮扉を閉めました。
津波到着予想時刻には職員も外に出てもしもの時のお客さんの誘導に備えます。


結果、予想以上の波は来ず
前日に来た春一番の起こした波の方がよっぽど高かったと思います。
職員一同何事もなかったのでホッと胸をなで下ろしました。


かつて、私が影も形もなかった頃に南海地震が起こり
串本町は津波によって大きな被害を受けました。
国道沿いにはその時の津波の最高到達地点が標されている場所があります。
また、地域に配られる防災マップには津波の避難場所も記されており
串本町の津波への防災意識の強さを他県から来た私は特に強く感じました。

今後、この防災マップを使う機会が来ないことを願うと共に
被災したチリの早期の復興を心より願います。

by ハムいち

第38回 1、2、3、ターッ!! 


12月12日、クリスマス前に
あわてん坊のサンタクロースがやってきました。



ちょいと痩せすぎ、でも去年より約5kg増なサンタさん。
いつもがんばっている(?)串本海中公園の職員のために
今年は『串本の海』水槽のガラスを掃除しにきてくれました。

1時間ほどゆっくりと時間をかけてガラスの汚れを拭きます。
お客さんが来るとしばし掃除の手を止めて
一緒に写真を撮ったり、ジャンケンしたり、らじばんだり。
サンタさんも水槽に入る前はちょっと緊張してオエオエ言ってましたが
けっこう楽しんでいましたよ。

次は12月20日の日曜日。
午後1時からまた『串本の海』水槽にサンタさんが登場します。
もしかしたらサンタさんが何かおもしろいことをするかも!?
是非見に来てくださいね。



<おまけ>
滅多に見ることができない
サンタさんのサービスショット!


バトルサンタ

by ハムいち

第27回 悪食(グロ画像注意)


海にはたくさんの生き物がいて
それぞれいろんな特徴を持っています。

例えば棲息する場所。
海流の早いところに棲む生き物もいれば
静かな海でしか生きられない生き物もいます。

例えば生き様。
一生海を泳ぎ続けている生き物もいれば
その一生のほとんどをジッと身を潜めて過ごす生き物もいます。

そして餌。
これも生き物によって様々で
決まったものしか食べない生き物もいる中で
とにかく何でも食べてしまう生き物も少なくはありません。



今回紹介するのはそんな悪食な生き物のギョッとした話。



オニヒトデという生き物がいます。
巷ではちょっと名の知れた生き物で、サンゴを食べる害生物として問題になっています。
しかし、実際に水族館で飼育していると何でも食べるようになり
アミエビやオキアミ、小魚の切り身などを主に与えています。
わりかし何でも食べるようです。
その食べ方もかなり特徴的で
裏面中央にある口から胃袋を餌に覆い被せて外で溶かして食べるという
聞いているだけで胃から何かがこみ上げてくるような餌の食べ方をします。


ある朝のこと。
自分の担当しているオニヒトデの子供が入っている水槽を覗くと
なにやら黒い固まりに食らいつくオニヒトデがありけり。
なんだこれ。何にしゃぶりついてんだお前。
などと一人つぶやきながら水槽に近づいてみると・・・・・




!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!










ゴキブリ(通称G)を食べているではないか。
しかもGの頭部はすでにオニヒトデの胃の中に。
さっそく近くにいた他の職員を呼び寄せてこの様子を見てもらい
キャッキャッと騒ぎながら写真におさめました。

おそらくG自体は水槽に落ちて死んだのでしょう。
たくさんGはいますし、水槽に落ちているということは極希にあるので。
オニヒトデもさすがにGを捕まえることはできませんし。

まぁオニヒトデから見たらGもオキアミも同じ節足動物。
彼らからしてみたら意図して食べたわけではなく
そこにあったから食らったというだけでしょうが
なかなかにショッキングだったものですから・・・・。
その後、Gの死体は胃袋の中から引っ張り出しました。
こんな姿はお客さんに見せるわけにはいきませんからね。



でも私は思います。
今回のこの行動はオニヒトデなりのささやかな抵抗だったのではないでしょうか。
「サンゴ食わせぃっ。じゃないとGでも何でも食べるぞ。」という・・・・

サンゴ食わすかっ!!(目を見開きながら)





それと
今回の件を「Gショック」と名付けるなどという面白いことは言いませんよ。

by ハムいち

第21回 真 夜の水族館

2009年09月13日
『宿直』という仕事があります。

宿直とはなんぞやといいますと
何かトラブルが起きたときにすぐに対処できるよう
水族館に寝泊まりしてもしもの事態に備えるというそんな仕事です。
特にポンプなどに異常があった場合は
館内の生き物が全滅するということも考えられます。
これも大事な仕事なのです。


んで
主にどんな仕事をするかというと夜の館内をざっと見回り
あとは朝までトラブルが起こらないことをひたすら神に祈り続けます。
その見回りも昼の館内とは違い
夜は生き物たちのためにほとんど明かりがありません。
そんな夜の館内を紹介します。



入り口


人の多い昼間と違い、がらんとして寂しいです。
ここでくしゃみをすると異様に響くのでビクッとします。
奥の絵のダイバーも何かを訴えかけているようにこちらをじっと見つめています。




館内その1


館内に響くのはポンプの音と水の流れる音のみ。
静寂は静かで寂しいって書きます。
タコクラゲは光が必要なので夜中明かりをつけています。
暗闇に漂うタコクラゲを見たときに
改めてクラゲは癒し系だなと認識させられずにはいられません。




館内その2


非常口用のランプの明かりを頼りに進むと
エルトゥールル号の特別展示ゾーン前に辿り着きます。
奥の水槽には大鍋がひっそりと存在しています。
鍋はなんとなく引きで撮ってみました。他意はありません。なんとなくです。


このあとはウミガメゾーンを通るのですが
真っ暗な上にウミガメ達が寝ているため写真は撮れませんでした。
人の気配を感じてかウミガメが突然暴れると右心室辺りがキュッてなります。
安らかに寝ていてほしいものです。




トンネル水槽


最近のカメラは性能がいいですね。何となくでも写るもんですなぁ。
水槽を覗くとマグロがぐるぐると泳ぎ回ってます。
この辺りで吹く風は生ぬるくてぞわっとします。
んっ風?どこか扉が開いてる?
そんなのを確認するのも見回りの一環です。

その後、バックヤード等を見回りしてから宿直室へと戻ります。



いかがだったでしょうか。
全体的に暗い感じで書いてきましたが
実は夜にだけしか見ることができない光景もあります。
○○は夜になると××だったり
□□は暗い中だとなぜか△△だったり。

暗くておどろおどろしいけど結構楽しい
そんなお仕事の紹介でした。

by ハムいち
このページのTOPへ