海と水族館を丸ごと楽しめる複合施設串本海中公園

お問い合わせ 中国語 English 年中無休!営業時間 9:00-16:30

スタッフブログ【さびうらびより】スタッフ:ブログ更新一覧

串本の様子や様々な串本の生き物たちを、
スタッフが交代でご紹介します。

最新記事
第337回 石の上にも四年
第336回 「とら」が好き
第335回 ある冬の午後
第334回 オオモンカエルアンコウの餌やり
第333回 思い出しかゆみ
カテゴリ
Go (20)
くろすけ♀ (60)
くろちゃん (3)
こて (18)
さく太郎 (10)
しまっち (25)
そらすずめ (9)
とーる (62)
ひらりん (19)
ひろぽん (6)
ひーちゃん (12)
ゆーみん (18)
クチヒゲノムラガニ (5)
ナツメリ (7)
ハムいち (51)
ブログ更新 (332)
マンジュウイシ (1)
海人 (6)
青ネギ (4)
月別アーカイブ
2022年1月 (1)
2021年12月 (2)
2021年11月 (3)
2021年10月 (1)
2021年9月 (2)
2021年8月 (2)
2021年7月 (2)
2021年6月 (3)
2021年5月 (1)
2021年4月 (2)
2021年3月 (2)
2021年2月 (2)
2021年1月 (2)
2020年12月 (2)
2020年11月 (2)
2020年10月 (2)
2020年9月 (2)
2020年8月 (2)
2020年7月 (2)
2020年6月 (2)
2020年5月 (9)
2020年4月 (2)
2020年3月 (2)
2020年2月 (2)
2020年1月 (2)
2019年12月 (2)
2019年11月 (3)
2019年10月 (1)
2019年9月 (2)
2019年8月 (2)
2019年7月 (2)
2019年6月 (3)
2019年5月 (1)
2019年4月 (2)
2019年3月 (2)
2019年2月 (2)
2018年12月 (1)
2018年11月 (2)
2018年10月 (1)
2018年9月 (1)
2018年7月 (2)
2018年6月 (1)
2018年5月 (2)
2018年4月 (2)
2018年3月 (2)
2018年2月 (2)
2018年1月 (2)
2017年12月 (2)
2017年10月 (2)
2017年9月 (1)
2017年8月 (2)
2017年7月 (2)
2017年6月 (2)
2017年5月 (2)
2017年4月 (2)
2017年3月 (2)
2017年2月 (2)
2017年1月 (2)
2016年12月 (2)
2016年10月 (1)
2016年8月 (2)
2016年7月 (1)
2016年5月 (1)
2016年4月 (1)
2016年3月 (1)
2016年2月 (1)
2016年1月 (1)
2015年12月 (1)
2015年6月 (1)
2015年5月 (1)
2015年4月 (1)
2015年3月 (1)
2015年1月 (1)
2014年12月 (2)
2014年10月 (1)
2014年9月 (1)
2014年8月 (1)
2014年6月 (1)
2014年5月 (1)
2014年4月 (1)
2014年3月 (1)
2014年2月 (2)
2014年1月 (1)
2013年12月 (2)
2013年10月 (2)
2013年9月 (1)
2013年8月 (1)
2013年7月 (3)
2013年6月 (2)
2013年5月 (3)
2013年4月 (2)
2013年3月 (1)
2013年2月 (2)
2013年1月 (3)
2012年12月 (5)
2012年11月 (2)
2012年10月 (3)
2012年9月 (4)
2012年8月 (3)
2012年7月 (4)
2012年6月 (4)
2012年5月 (2)
2012年4月 (2)
2012年3月 (2)
2012年2月 (3)
2012年1月 (3)
2011年12月 (5)
2011年11月 (4)
2011年10月 (3)
2011年9月 (3)
2011年8月 (2)
2011年7月 (3)
2011年6月 (5)
2011年5月 (5)
2011年4月 (4)
2011年3月 (3)
2011年2月 (5)
2011年1月 (4)
2010年12月 (5)
2010年11月 (4)
2010年10月 (4)
2010年9月 (2)
2010年8月 (3)
2010年7月 (6)
2010年6月 (4)
2010年5月 (5)
2010年4月 (4)
2010年3月 (3)
2010年2月 (3)
2010年1月 (4)
2009年12月 (4)
2009年11月 (6)
2009年10月 (4)
2009年9月 (8)
2009年8月 (5)
2009年7月 (7)
2009年6月 (5)

第337回 石の上にも四年

遅くなりましたが、

皆様、新年明けましておめでとうございます。

今年も変わらぬご愛顧の程何卒よろしくお願いいたします。

 

さて、新年初潜りということで先日、ダイビングパーク前にある串本海域公園2号地区にサンゴの調査に行ってきました。

2gouchi7.JPG

ご覧の通り、このポイントは串本でも有数のすごく美しい水中景観で、

一面に広がるクシハダミドリイシ群落(写真:卓状サンゴ)とそこに群れる小型魚類に圧倒されるような、見ていて全く飽きない魅力があります。

 

それからこの地点は串本のサンゴの強さといいいますか、その生命力を目に見えて感じられる地点でもあります。

 

というのも、ここは2017年末から2018年初頭にかけて黒潮の大蛇行と記録的な寒波に伴う異常な低水温現象により、サンゴの大量斃死(凍死や弱ったサンゴ群落での感染症の蔓延による)が起こった場所なのです。

2gouchi1.JPG

こちらが2018年1月の同じ地点の様子です。白く白化している部分はすべて低水温によって凍死したサンゴ群落になります。

2gouchi2.JPG

こちらは別の角度から、白くなった斃死箇所と生きている箇所の境目が分かります。

2gouchi3.JPG

それからこちらが2018年3月の同じ地点の画像です。

真ん中の濃い緑色の部分は既に死んだサンゴが藻で覆われており、その周りの部分もかろうじて生きてはいますが、低水温が続いたことによって色が薄くなり白く白化しています。その後、この白化した群体も大部分が斃死してしまいました。

2gouchi4.JPG

こちらも2018年3月の画像。この群落はほとんどすべて斃死して藻に覆われています。

 

最終的に2018年初頭の低水温によって、ここ海域公園2号地区のイシサンゴ類は2m以浅の群落を中心に50%ほどが斃死してしまったのでした。

 

それから4年。

この地点のサンゴ群落がどうなったかというと・・・

・・・

・・・

・・・!

2gouchi8.JPG

2gouchi5.JPG

2gouchi6.JPG

幸い、その後は冬季の顕著な低水温現象は起こらず、

2020年には夏場の高水温による大規模な白化現象が発生したものの、大きな斃死被害には至らずといったわけで、たった4年でこんなにもめざましい回復が確認されました!

環境が整えばサンゴは強い生き物だと言いますが、まさにその言葉を体現してくれているようですね。

 

串本では江戸時代ごろからサンゴの骨格を高温で蒸し焼きにして、漆喰の原料となる消石灰(熊野灰)を作る産業があったと言われており(現在その文化は無くなっていますが)、少なくとも1931年にはクシハダミドリイシを優占種としたサンゴ群落の存在が報告されています。

また、当館前に広がる海岸は串本の方言でサンゴを意味する「錆」という言葉からサンゴの多産する海域として「錆浦」の地名が付けられていることからも、串本にはかなり昔からサンゴが分布しており、当地の文化と密接に関係してきたことがうかがえます。

 

少なくとも約百年以上にわたる串本のサンゴの歴史の中で、おそらくこの海域公園2号地区のサンゴ群落はこれまで何度も危機的な状況を乗り越え、今ある美しい姿を形作ってきたのだと思います。

 

コロナ禍に伴う大変な状況が続く中ではありますが、我々もこのサンゴ群落のように今はじっと耐え、その後のめざましい回復に備えたいものですね!

 

新年早々、柄にも無く真面目な事を書いてしまいましたが、

願わくばこの美しいサンゴの海を長く見続けていけることを祈っています!

 

メデタシメデタシ。

 

by ひらりん

第336回 「とら」が好き

年末ですね。

あっという間です。

年を重ねると一年が過ぎるのが早く感じるようになると言いますが

2021年の過ぎ去り方はすごかったですね。

2021年は恐らく9ヶ月しかなかったんじゃないでしょうか。

 

そんな訳で

年末年始恒例のお正月水槽を今年も展示しております。

 

336-1.jpg

 

飾り付けはいつも通りって感じなのですが

展示生物は来年の干支の寅にちなみまして

目玉はトラフナマコとなっております。

その他には

トラと同じしま模様を持った魚達ということで

ゴンズイ、カゴカキダイなどなどが入っております。

 

TOO SHY SHY BOY!的なゴンズイが隅っこにいってしまうため

若干のスカスカ感がありますが

近くで見ると意外といっぱい入ってます。

 

コロナ禍の終息にはもう少し時間がかかるでしょうが

感染拡大予防をして来られた際は

是非ともこの水槽を見て明るい気持ちになっていただけたら幸いです。

 

ってな感じで2021年も一年間ありがとうございました。

2022年もこのペースでまったりとやっていきますので

 

 

336-2.jpg

来年もよろしくお願いいたします

~うちの娘の激カワ写真を添えて~

 

 

by ハムいち

第335回 ある冬の午後

怒濤の10月、11月が過ぎて
今年も残り半月を切りました。

秋は、修学旅行の案内をしたり
調査であちこち潜りに行ったり、
生き物たちの世話はもちろん
毎日が慌ただしく過ぎて行きました。

水族館の魚たちは、相変わらずです。
ボイラーが入ったので
今年もおなじみの行列が
見られます。

diary335_1.jpg
暖かい水が出るところに集まる魚たち

モンガラカワハギは
石に寄りかかって
食後のまったりタイム

今年の1月にやってきた
トサカハギは
この頃好奇心旺盛で
写真を撮っていると
やたらと写りたがります

diary335_2.jpg
トサカハギ

今年で30年目になった
モンツキベラは、
そのうち尾びれが二股に分かれて
「猫又」ならぬ「ベラ又」になるのではと
期待しております。

diary335_3.jpg
飼育30年目のモンツキベラ

生き物を飼っていると
赤ちゃんは赤ちゃんで
もちろんかわいいけど
歳をとった生き物たちは
愛おしく感じます。

みんな長生きしてね。


by くろすけ♀

第334回 オオモンカエルアンコウの餌やり

先日漁師さんから立派なオオモンカエルアンコウを頂いたので、水槽で飼育展示しています。

オオモンカエルアンコウは、アンコウ目カエルアンコウ科に属するアンコウの仲間です。

カエルアンコウの中では大型な種です。

 

PC020514.JPG

オオモンカエルアンコウは飼育する側としては、中々の魅力にあふれた魚です。

カエルアンコウの仲間では大型種なので、見た目のインパクトは絶大です。

全長は最大30㎝ほどですが、見ての通り体高と体幅がかなりあるため全長以上の重量感があります。

体表に鱗は無く、ぶよぶよとした魚らしくない触り心地です。

そしてなんといってもこのブサ…個性的な顔!

PC020513.JPG

カエルアンコウは、ほとんど泳ぐことは無く岩やサンゴなどの隙間で周囲の景色にカモフラージュしてじっとしています。

そのため、体を固定しやすい様に胸びれが手の様に発達し、このひれを使って海底を歩いて移動します。

泳ぐのはあまり上手では無いため、素手でも簡単に捕まえられます。

PC020485.JPG

そして、アンコウの仲間らしく頭部にエスカと呼ばれる疑似餌を持ち、

これを使って小魚をおびき寄せ一瞬にして丸のみしてしまいます。

ですので、飼育下ではほかの魚と同じように餌をばらまいても中々食べてくれないので、

棒の先に餌を付けて顔の近くまで持っていかなければなりません。

額の辺りから疑似餌をぴょこぴょこ出しているのがわかるでしょうか。

お腹が空くとぴょこぴょこするので、餌を欲しがっているのが分かりやすいです。

ただ、中にはあまり餌付きが良くなく自分からは中々食べてくれない子もいるのですが、

そんな時には口に餌の小魚を咥えさせてやると、そのまま食べてくれたりもします。

ほとんど動かず、餌も食べさせてもらうこの姿。

なんだかとっても怠惰な感じがして羨ましいです。

 

by とーる

第333回 思い出しかゆみ

 

お茶はウーロン茶派です。こんにちは、さく太郎です。

 

 

今日は沢山画像を貼ります。覚悟しておいてくださいね。

 

 

何度かこのブログ内で紹介しているかも知れませんが、水族館から少し離れたところにある海中展望塔。

その窓掃除は、飼育員が週に一回掃除をしに行きます。窓があるのは海の中なので、ダイビング器材を背負って潜ります。

今日は私の当番でした。

 

お客様からはあまり見えていないかと思いますが、窓の周りには色々な生き物がくっついています。

sa1.jpg

こう見ると、まるで沈没船のようですね。

いくつかの生き物を紹介します。

 

 

オオトゲトサカ      刺胞動物の仲間です。

sa2.jpg

 

コケイワズタ       藻類です。

sa3.jpg

 

サンゴの間に恐らくサラサゴンベがいます。ピントが合いませんでした・・・

sa4.jpg

 

 

この中に魚がいます。どこでしょうか~

sa9.jpg

 

 

sa10.jpg

正解はこの子でした~

カサゴです。ぱっと見分からなくて、ある程度は近づいても逃げないので、ふとした瞬間に

ビュンッと飛び出て逃げていくので、私はその現象をカサゴ爆弾と呼んでいます。

 

 

イラモ

sa5.jpg

これでもクラゲの仲間、刺胞動物です。なので刺されます。

刺激を与えられたり、強く水流を当てられると、刺胞を放出します。窓の周りにたくさんいるので、私はしょっちゅう刺されます。

刺されても直接手で触れたり、その箇所を強くこすったりしない限り、痒いくらいで済みますが一週間くらい痒いです。

今も手を掻きながらこの記事を書いています。あー思い出すとかゆい・・・

 

sa11.jpg

これは展望塔から少し離れたところにある、魚達の集落です。

青い魚はソラスズメダイといって、展望塔からもよく見えます。掃除をした帰りに水中をお散歩して帰れるので、展望塔掃除は楽しいです。

今日は色々なチョウチョウウオの仲間に出会えたので、その紹介をして終わりにしようと思います。

 

 

アケボノチョウチョウウオ    

sa12.jpg

 

トゲチョウチョウウオ      

sa13.jpg

 

トノサマダイ     

sa16.jpg

 

スミツキトノサマダイ

sa14.jpg

 

ウミズキチョウチョウウオ   海の上にお月様が出ているようですね。わーおロマンチック。

ちょっとレアです!!

sa20.jpg

 

ミスジチョウチョウウオ

sa15.jpg

 

ツノハタタテダイ         ちょいレア!

sa17.jpg

 

アミチョウチョウウオ       ちょいレア!

sa18.jpg

 

と、思わずたくさん紹介してしまいましたが、海にはもっとたくさんの魅力的な生き物がいます。

展望塔からでも見ることができるので、じっくりと海の中を観察してみてはいかがでしょうか?

レアな魚にも出会えるかも知れません。そして飼育員にも・・・

 

・・・あっ、かゆい!(潜ったことを思い出して痒くなった)

 

by さく太郎

このページのTOPへ