海と水族館を丸ごと楽しめる複合施設串本海中公園

お問い合わせ 中国語 English 年中無休!営業時間 9:00-16:30
HOMEスタッフブログ【さびうらびより】

スタッフブログ【さびうらびより】STAFF BLOG

串本の様子や様々な串本の生き物たちを、
スタッフが交代でご紹介します。

最新記事
第390回 ついにやってきた季節
第389回 月光に輝く「ゲッコウスズメダイ」
第388回 あなたが噛んだ水槽が痛い
第387回 だって魚だもの
第386回 ウミガメの交尾の季節となりました
カテゴリ
BigWest (6)
Go (20)
くろすけ♀ (70)
くろちゃん (3)
こて (18)
さく太郎 (20)
しまっち (25)
そらすずめ (9)
とーる (72)
ひらりん (23)
ひろぽん (6)
ひーちゃん (12)
まつ (4)
ゆーみん (18)
クチヒゲノムラガニ (5)
ナツメリ (7)
ハムいち (60)
ブログ更新 (385)
マンジュウイシ (1)
海人 (6)
青ネギ (4)
月別アーカイブ
2024年5月 (1)
2024年4月 (2)
2024年3月 (2)
2024年2月 (2)
2024年1月 (2)
2023年12月 (2)
2023年11月 (2)
2023年10月 (3)
2023年9月 (1)
2023年8月 (2)
2023年7月 (2)
2023年6月 (2)
2023年5月 (2)
2023年4月 (3)
2023年3月 (1)
2023年2月 (1)
2023年1月 (2)
2022年12月 (2)
2022年11月 (1)
2022年10月 (3)
2022年9月 (1)
2022年8月 (3)
2022年7月 (1)
2022年6月 (2)
2022年5月 (1)
2022年4月 (2)
2022年3月 (2)
2022年2月 (2)
2022年1月 (2)
2021年12月 (2)
2021年11月 (3)
2021年10月 (1)
2021年9月 (2)
2021年8月 (2)
2021年7月 (2)
2021年6月 (3)
2021年5月 (1)
2021年4月 (2)
2021年3月 (2)
2021年2月 (2)
2021年1月 (2)
2020年12月 (2)
2020年11月 (2)
2020年10月 (2)
2020年9月 (2)
2020年8月 (2)
2020年7月 (2)
2020年6月 (2)
2020年5月 (9)
2020年4月 (2)
2020年3月 (2)
2020年2月 (2)
2020年1月 (2)
2019年12月 (2)
2019年11月 (3)
2019年10月 (1)
2019年9月 (2)
2019年8月 (2)
2019年7月 (2)
2019年6月 (3)
2019年5月 (1)
2019年4月 (2)
2019年3月 (2)
2019年2月 (2)
2018年12月 (1)
2018年11月 (2)
2018年10月 (1)
2018年9月 (1)
2018年7月 (2)
2018年6月 (1)
2018年5月 (2)
2018年4月 (2)
2018年3月 (2)
2018年2月 (2)
2018年1月 (2)
2017年12月 (2)
2017年10月 (2)
2017年9月 (1)
2017年8月 (2)
2017年7月 (2)
2017年6月 (2)
2017年5月 (2)
2017年4月 (2)
2017年3月 (2)
2017年2月 (2)
2017年1月 (2)
2016年12月 (2)
2016年10月 (1)
2016年8月 (2)
2016年7月 (1)
2016年5月 (1)
2016年4月 (1)
2016年3月 (1)
2016年2月 (1)
2016年1月 (1)
2015年12月 (1)
2015年6月 (1)
2015年5月 (1)
2015年4月 (1)
2015年3月 (1)
2015年1月 (1)
2014年12月 (2)
2014年10月 (1)
2014年9月 (1)
2014年8月 (1)
2014年6月 (1)
2014年5月 (1)
2014年4月 (1)
2014年3月 (1)
2014年2月 (2)
2014年1月 (1)
2013年12月 (2)
2013年10月 (2)
2013年9月 (1)
2013年8月 (1)
2013年7月 (3)
2013年6月 (2)
2013年5月 (3)
2013年4月 (2)
2013年3月 (1)
2013年2月 (2)
2013年1月 (3)
2012年12月 (5)
2012年11月 (2)
2012年10月 (3)
2012年9月 (4)
2012年8月 (3)
2012年7月 (4)
2012年6月 (4)
2012年5月 (2)
2012年4月 (2)
2012年3月 (2)
2012年2月 (3)
2012年1月 (3)
2011年12月 (5)
2011年11月 (4)
2011年10月 (3)
2011年9月 (3)
2011年8月 (2)
2011年7月 (3)
2011年6月 (5)
2011年5月 (5)
2011年4月 (4)
2011年3月 (3)
2011年2月 (5)
2011年1月 (4)
2010年12月 (5)
2010年11月 (4)
2010年10月 (4)
2010年9月 (2)
2010年8月 (3)
2010年7月 (6)
2010年6月 (4)
2010年5月 (5)
2010年4月 (4)
2010年3月 (3)
2010年2月 (3)
2010年1月 (4)
2009年12月 (4)
2009年11月 (6)
2009年10月 (4)
2009年9月 (8)
2009年8月 (5)
2009年7月 (7)
2009年6月 (5)

第390回 ついにやってきた季節

暖かくなってきました。

ヒートテックをいつまで着るか、悩んでいるさく太郎です。

 

 

わたしのブログではわりと毎回言っている気がしますが、一番好きな季節、春の訪れです。

生き物たちが寒い冬を乗り越え、一斉に動き出す春がとても好きです。桜も好きです。桜味のお菓子はあまり好きではないです。

 

 

24.5satu.jpg

こちらはサツキハゼです。

真っ白なお腹がぷっくりと膨らんでいます。お腹の中に卵を持っています。

5月辺りが繁殖期です。

 

24.5hina.jpg

イソヒヨドリの雛

水族館の屋上で飛ぶ練習をしていました。冬に親鳥が、暖かいバックヤードに入ってくることがありましたが、

子育ての準備をしていたのでしょうか。

少し驚かせてしまって、ゲゲッと言っているかのような表情になっています。ゴメンネ

 

 

そして私の中では毎年恒例、カエル探しの解禁季節でもあります。

24.5hiki.jpg

ぽっちゃりお腹のニホンヒキガエル

恐らくメスです。この内側に向いている前脚が可愛いんですよね。土下座しているみたいで。

 

24.5kaji.jpg

カジカガエル(恐らくメス)

夜渓流付近で耳を澄ますと、ヒョロロロと高めの美しい鳴き声が聞こえてきます。

都会では中々お目にかかれません。かわいい。

 

24.5otama.jpg

オタマジャクシ(恐らくヤマアカガエル)

カエルの中でも産卵シーズンが早いです。2月あたりから繁殖期に入るそうで、これは4月初めの様子です。

 

24.5otama2.jpg

こちらは一ヶ月後の様子

もう変態して、上陸していました!!The・ヤマアカガエルの見た目をしています!

 

24.5yama2.jpg

大きさで言うとこんな感じ

気が付かないと踏みつぶしてしまいそうで、恐る恐る、忍び足で観察していました。

 

24.5yama.jpg

この個体は完全に稚ガエルの姿になっています。

オタマジャクシの頃の尻尾は脚が生えても一定期間残っていますが、徐々に体に吸収されていきます。

がわいいッ!!!!!

 

 

相変わらず魚よりカエルが多くなってしまいましたが、春はいい季節と言うことですね。

水槽内でも、あちこちで春の訪れをご覧になることがあるかも知れません。

ぜひ、生き物たちとの四季を体感していただきたいです。

 

by さく太郎

第389回 月光に輝く「ゲッコウスズメダイ」

昨日珍しい魚を寄贈いただきました!!!!

 

その名もゲッコウスズメダイ!!!!!

 

多くのスズメダイ科魚類は、沿岸の浅い海域に生息していますが、

なんとこのゲッコウスズメダイは水深120mから採集されました。

深海魚(水深200m以深に生息する魚)とまではいきませんが、深場に生息する珍しいスズメダイです。

このような深場の魚は、水圧の関係で状態よく活かしたまま採集するのが非常に困難です。

今回、採集し寄贈いただいた串本町在住のOさんに感謝いたします。

P4251077.JPG

P4251067.JPG

ゲッコウスズメダイについて少しご紹介いたします。

本種は従来、同じく深場に生息するトウカイスズメダイ(体側に1本の褐色縦帯がある)の一種とされていましたが、

2019年に新種として記載された比較的新しい種です。

現在のところ、日本国内では相模湾から琉球列島にかけての黒潮流域で確認されています。

和名のゲッコウは、鱗の輝きが「月光」を思わせることからその名が付けられました。

上述のとおり、活かして採集するのが困難なため水族館での展示例は少なく、

沖縄美ら海水族館、高知県立足摺海洋館に次いで国内3館目?の展示になりそうです。

 

ゲッコウスズメダイは、本日4月26日からトピックス水槽で展示を開始しています。

生きた姿は中々お目にかかれない珍しい魚なので、お越しの際はじっくり観察してみてください。

※長期飼育は難しいと考えられるため、予告なく展示を終了する場合がございます。予めご了承ください。画像1.jpg

 

by Big West

第388回 あなたが噛んだ水槽が痛い

館内の「小さな海の忍者たち」と題したコーナーでは

共生や寄生などの関係を持った生物を展示しておりまして

その中にガンガゼとガンガゼカクレエビを紹介した水槽があります。

 

388-1.jpg

中には有名な有毒のウニであるガンガゼと

388-2.jpg

全長1㎝ほどで棘に擬態して暮らすガンガゼカクレエビ。

この二種の関係は『偏利共生』とされており

住処や餌場を与えてもらうガンガゼカクレエビ

かたや特になんの利益もないというガンガゼの共生を紹介しています。

 

だいぶ前からこの水槽で大きな問題が起こっております。

それが

388-3.jpg

水槽の前面に細かい傷が入りまくり問題です。

こちらの水槽はアクリル樹脂で作られた水槽なのですが

表面に傷をつけるやつがいるんですよ。

それがガンガゼです。

 

当ブログの第363回でも紹介しておりますが

ウニの仲間は歯を持っており

それを使って自分の餌となる物を囓りとって食べます。

 

388-4.jpg

ちなみにこちらがガンガゼの歯です。

この歯を使ってアクリルガラスの表面に傷を付けてしまうのです。

 

傷が入ってしまったアクリルガラスは

直すのがそれはそれは大変。

今となっては

ガンガゼ専用水槽としてこの水槽は使っておりますが

傷が付いた水槽は見た目が少しぼやけてしまうのと

隙間に汚れが付きやすかったりと二重苦。

そこに掃除をしようとすると毒棘をぶん回すガンガゼが入っているので

三重苦水槽になっております。

 

でもこの水槽に入っているガンガゼカクレエビは

非常に面白い生き物ですので

見えづらいかとは思いますがよくよく目をこらして

覗いていただきたいものです。

 

はー困ったねという

話でしたとさ。

ははっ。

 

by ハムいち@歯は大事

第387回 だって魚だもの

昨夜の春の嵐の影響で
大シケの串本海中公園です

diary387_1.jpg

春休みでせっかく串本に来ていただいたのに
天気のせいで串本の印象が悪くなってしまわないか
心配している くろすけ です

でも、天気が悪くても
当園の水族館は、通常通り営業していますので
みなさん 遊びに来てくださいね

さて、今日も朝の日課、水槽の見回りをしていると
何やら妙な行動をしている魚に目が行きました

魚というと、みんな同じように泳ぎまわっている
ように思われるかもしれませんが
種によって、あるいは個体によって
個性みたいなものがあります

まずはこちらの画像をご覧ください

1匹のニセカンランハギが何やらサンゴの上で
横たわっています

diary387_2.jpg
水槽の中には他にもニセカンランハギがいますが
サンゴの上で横になっているのは1匹だけ

何をしているのかじっと見ていると
体をサンゴの上で動かしています

ニセカンランハギが乗っているサンゴは
オオスリバチサンゴといいます
スリバチのような形をしているので
この名がありますが
このサンゴをよく見ると
表面にイソギンチャクのようなものが
並んでいます
diary387_4.jpg
これはポリプと呼ばれます

このニセカンランハギはどうも
このポリプの上をふぁさ~となでるように
体を動かしています

ポリプがやわらかいので
気持ちがいいのでしょうか
まるで人がやわらかいものの上で
ほおずりしたくなるように

やわらかいポリプといえば
同じ水槽に、ナガレハナサンゴ
というサンゴが入っています
diary387_3.jpg
オオスリバチサンゴよりも長い触手の
ポリプが出ていますが
こちらで同じことをしているのを
見たことはありません

ニセカンランが体を乗せている
オオスリバチサンゴの骨格が
ちょうどお皿みたいな形になっているので
それが体にフィットしてよいのでしょうか?

以前にもブログで紹介しましたが
ニセカンランは、エアレーションでも
遊び?ます(こちら
あの時と同じ子(魚)なのかは分かりませんが…
同じ子だったらかなりおもしろい

人間くさい行動をする魚を見ると
魚だって日々いろいろ考えて過ごしているのかも
と、考えさせられる今日この頃です


by くろすけ♀

第386回 ウミガメの交尾の季節となりました

ウミガメの産卵は紀南では6~7月ごろなのでまだ先ですが、

そろそろ産卵の前段階である交尾の季節になってきました。

 

ウミガメの産卵や孵化・脱出は陸上で行われるため比較的観察し易いですが、

交尾は広い海の中で行われるため観察できることは非常に稀です。

その点水族館では、その様子をじっくり観察することが可能です。

DSC_2101.JPG   DSC_2106.JPG

先日早速アカウミガメが交尾していました。

この時は小一時間ほどの交尾でしたが、長いときは数日にわたって交尾を続けます。

交尾中、雄は雌にしがみついていて動けませんのでとっても大変です。

餌は食べられませんし、呼吸も雌のタイミングでしかできません。

 

交尾期は5月ごろまで続きますので、来館された際は是非交尾中のウミガメがいないか探してみてください。

 

by とーる

電子チケット このページのTOPへ