海と水族館を丸ごと楽しめる複合施設串本海中公園

お問い合わせ 中国語 English 年中無休!営業時間 9:00-16:30
HOMEスタッフブログ【さびうらびより】

スタッフブログ【さびうらびより】STAFF BLOG

串本の様子や様々な串本の生き物たちを、
スタッフが交代でご紹介します。

最新記事
第387回 だって魚だもの
第386回 ウミガメの交尾の季節となりました
第385回 アオイガイの展示
第384回 地と天の話
第383回 水族館に持ち込まれた珍魚
カテゴリ
BigWest (5)
Go (20)
くろすけ♀ (70)
くろちゃん (3)
こて (18)
さく太郎 (19)
しまっち (25)
そらすずめ (9)
とーる (72)
ひらりん (23)
ひろぽん (6)
ひーちゃん (12)
まつ (4)
ゆーみん (18)
クチヒゲノムラガニ (5)
ナツメリ (7)
ハムいち (59)
ブログ更新 (382)
マンジュウイシ (1)
海人 (6)
青ネギ (4)
月別アーカイブ
2024年3月 (2)
2024年2月 (2)
2024年1月 (2)
2023年12月 (2)
2023年11月 (2)
2023年10月 (3)
2023年9月 (1)
2023年8月 (2)
2023年7月 (2)
2023年6月 (2)
2023年5月 (2)
2023年4月 (3)
2023年3月 (1)
2023年2月 (1)
2023年1月 (2)
2022年12月 (2)
2022年11月 (1)
2022年10月 (3)
2022年9月 (1)
2022年8月 (3)
2022年7月 (1)
2022年6月 (2)
2022年5月 (1)
2022年4月 (2)
2022年3月 (2)
2022年2月 (2)
2022年1月 (2)
2021年12月 (2)
2021年11月 (3)
2021年10月 (1)
2021年9月 (2)
2021年8月 (2)
2021年7月 (2)
2021年6月 (3)
2021年5月 (1)
2021年4月 (2)
2021年3月 (2)
2021年2月 (2)
2021年1月 (2)
2020年12月 (2)
2020年11月 (2)
2020年10月 (2)
2020年9月 (2)
2020年8月 (2)
2020年7月 (2)
2020年6月 (2)
2020年5月 (9)
2020年4月 (2)
2020年3月 (2)
2020年2月 (2)
2020年1月 (2)
2019年12月 (2)
2019年11月 (3)
2019年10月 (1)
2019年9月 (2)
2019年8月 (2)
2019年7月 (2)
2019年6月 (3)
2019年5月 (1)
2019年4月 (2)
2019年3月 (2)
2019年2月 (2)
2018年12月 (1)
2018年11月 (2)
2018年10月 (1)
2018年9月 (1)
2018年7月 (2)
2018年6月 (1)
2018年5月 (2)
2018年4月 (2)
2018年3月 (2)
2018年2月 (2)
2018年1月 (2)
2017年12月 (2)
2017年10月 (2)
2017年9月 (1)
2017年8月 (2)
2017年7月 (2)
2017年6月 (2)
2017年5月 (2)
2017年4月 (2)
2017年3月 (2)
2017年2月 (2)
2017年1月 (2)
2016年12月 (2)
2016年10月 (1)
2016年8月 (2)
2016年7月 (1)
2016年5月 (1)
2016年4月 (1)
2016年3月 (1)
2016年2月 (1)
2016年1月 (1)
2015年12月 (1)
2015年6月 (1)
2015年5月 (1)
2015年4月 (1)
2015年3月 (1)
2015年1月 (1)
2014年12月 (2)
2014年10月 (1)
2014年9月 (1)
2014年8月 (1)
2014年6月 (1)
2014年5月 (1)
2014年4月 (1)
2014年3月 (1)
2014年2月 (2)
2014年1月 (1)
2013年12月 (2)
2013年10月 (2)
2013年9月 (1)
2013年8月 (1)
2013年7月 (3)
2013年6月 (2)
2013年5月 (3)
2013年4月 (2)
2013年3月 (1)
2013年2月 (2)
2013年1月 (3)
2012年12月 (5)
2012年11月 (2)
2012年10月 (3)
2012年9月 (4)
2012年8月 (3)
2012年7月 (4)
2012年6月 (4)
2012年5月 (2)
2012年4月 (2)
2012年3月 (2)
2012年2月 (3)
2012年1月 (3)
2011年12月 (5)
2011年11月 (4)
2011年10月 (3)
2011年9月 (3)
2011年8月 (2)
2011年7月 (3)
2011年6月 (5)
2011年5月 (5)
2011年4月 (4)
2011年3月 (3)
2011年2月 (5)
2011年1月 (4)
2010年12月 (5)
2010年11月 (4)
2010年10月 (4)
2010年9月 (2)
2010年8月 (3)
2010年7月 (6)
2010年6月 (4)
2010年5月 (5)
2010年4月 (4)
2010年3月 (3)
2010年2月 (3)
2010年1月 (4)
2009年12月 (4)
2009年11月 (6)
2009年10月 (4)
2009年9月 (8)
2009年8月 (5)
2009年7月 (7)
2009年6月 (5)

第357回 この冬一番の寒い朝

この冬一番の寒気がここ串本にも訪れています。
寒い朝が超苦手なくろすけ♀です。
朝起きられない。

冷え込んだ今朝、オープン前の水槽を見回っていたら
こんなのを発見しましたよ。

ゴンズイのやる気のない
押しくらまんじゅうです。(笑)

よく見ると、押し出されたヤツが
とりあえず中に入ろうとがんばってます。

魚って変温動物で、体温は周囲の水の温度と同じって
いうけど、マグロとか筋肉の多い魚は
体温が高いって言われています。
だから、「マグロを釣ったらすぐ氷水に入れんと
身が煮えてしまう」って、漁師さんからも
聞いたことがあります。

ゴンズイはどうか分かりませんが
やっぱり群れの中心は多少暖かいのでしょうか。
あの群れの中に手を入れたい衝動にかられます。
今度入れてみようかな~
ちなみに、ゴンズイには毒針があります。
よい子はマネをしないでください。

まあ、このゴンズイたちが、寒くて身を寄せ合ってた
かどうかは分かりません。
だって、だいたいいつもこんな風に集まっているから(^_^;)

押しくらまんじゅうと言えば、小学生の頃、寒い冬の日に
学校の運動場で、みんなで押しくらまんじゅうした記憶が
よみがえってきました。
あの頃、冬でも体操服は短パンはいてたな~とか。
子ども多かったよな~とか(昭和50年頃の話)。

令和になって早4年。
それも終わろうとしています。

皆さまお体にはくれぐれも気をつけて
よいお年をお迎えください。

by くろすけ♀

 

diary357_1.jpg
その前にクリスマスがあるよ~

第356回 飼育員は見た!クマノミ夫婦の危機?

「串本の海」水槽に、1組のクマノミのペアがいます。
年齢はよく分かりませんが、10年以上は飼育されています。
このクマノミペアはイボハタコイソギンチャクをすみ家にしていて、その周りを縄張りにしています。

diary356_5.jpg

去年の今頃は、同じ水槽にもう1組別のクマノミペアがいました。
こちらのクマノミは、先のクマノミから4mほど離れたところで、サンゴイソギンチャクをすみ家にして暮らしていました。

diary356_1.jpg

ですが、この夏オスが死んでしまい、もう1匹のメスも姿が見えなくなり、サンゴイソギンチャクは空き家になっていました。

 

最近になって、この空きサンゴイソギンチャクにイボハタゴイソギンチャクで暮らしていたメスのクマノミが来るようになりました。
そして、イボハタゴイソギンチャクにはオスのクマノミが1匹で過ごすことが多くなりました。

diary356_2.jpg

この状況は・・・熟年別居?

 

 

時々、メスが帰ってきていることもありますが、どことなくぎこちない感じが・・・

diary356_3.jpg

クマノミの世界にもいろいろ事情があるのでしょうか。

ただ、オスのクマノミは1匹で過ごしていると、メスに性転換していくように思うので、それはそれでややこしくなりそうです。
クマノミのメス同士のケンカは壮絶だから。

しばらくこのクマノミ夫婦から目が離せません。

 

 

by くろすけ♀

第355回 ウミガメの口の中

水族館で飼育しているウミガメたちは、餌をもらうことを段々覚えていきます。

長く飼育している個体は、人影が見えると餌を食べられると思って近づいて来て口を開けて要求してきます。

慣れるとくちばしを触って口を開けさせて、そこに餌を投げ入れて食べさせられるようになります。

ただし、口内をチェックするときには有用ですがそれ以外にはあまり意味はありません。

水槽に餌を投げ入れれば勝手に食べますしね。

動画に出てくるのは、若いアカウミガメと成体のアカウミガメです。

若いアカウミガメの方は体色が白っぽいですが、この個体は生まれつきの色素異常です。

355回 ウミガメ口の中.jpg

餌が欲しくて口を大きく開けてくれるので、口内が良く見えます。

ウミガメにもちゃんと舌があるのが見えますね。

歯は、ウミガメには、と言うよりカメにはありません。

大昔、カメの祖先には歯があったようですが進化の過程で無くなってしまいました。

その代わりにくちばしが発達していてかなり強力です。

動画のアカウミガメは自然界ではカニや貝などを好物としており、硬い殻をくちばしで砕いて食べてしまいます。

ですので、ある程度大きくなったウミガメに嚙まれるとかなり危険で、指を千切られてもおかしくありません。

動画の様な餌やりは、慣れている飼育員だからですので一般の方はマネしないでください。

ちなみに私は、動画後半に出てくる様な成体のアカウミガメにがっつり指を嚙まれたことがあります。

作業中軍手越しに噛まれたのですが、あまりの痛さに指の感覚がなくなって軍手を取ったら指も一緒に取れるのではないかと思いました。

幸い無事でした。

小さいウミガメにはしょっちゅう噛まれるので、慣れてきて大分我慢できるようになりました。

もしくは、良い噛まれ方が分かるようになってきます。

 

by とーる

第354回 あなたの推し魚は?

 

秋になってきました。

というか急に寒くなり、油断して半袖で過ごしていると体ひえひえ・・・

家では具だくさんスープブームが来て、最近よく作っています。余談でした。

 

 

人それぞれに推している人やものが有ると思うのですが、私の場合「推し魚」がいるんです。

ひいきしているわけでは無いですが、何かしら思い入れがあったり可愛い性格だったりして、

お気に入りな魚がいます。

 

それはずばり、『ムラサメモンガラ』です!!!

 

色々な水族館で良く展示をする魚なので、わりと有名ですが、ちょっとした思い入れがありまして・・・

以下、私のただの思い出話です。

 

私がまだ学生だったころ、とある水族館に展示しているムラサメモンガラを見つけました。

当時は今よりも魚に関する学が無く、初めて見るムラサメモンガラの美しさに衝撃を受け、その魚だけ名前を覚えて帰りました。

 

そこから数年が経ち、当館で働いても忘れられず、展示することを夢に海で採集に出かけていました。

しかし、見つけた!!とおもうと

 

monngara1.jpg

 

ちがーう・・・これは「クラカケモンガラ」

おなじモンガラカワハギ科ですし可愛いですが、ちがーう。

 

お!!!これは?!

とおもうと

 

monngara2.jpg

 

Nooooooooo!!!!!ちがあああう!!

こちらもおなじモンガラカワハギ科、「タスキモンガラ」です。

模様がはっきりしていて素敵ですが、ちがうのです・・・

 

だいたい見つけるのはこの2種類。この辺りにはあんまりいないのかな・・・と磯やらなんやらで

探し求めて3年ほどが経った頃。

ついに見つけました!!

 

その姿がコチラ

 

monngara3.jpg

 

 

YEEEEEEEEEEEEEEEEES!!!!!!  これこれ-!!!!

 

これぞムラサメモンガラ。斜めに入る線が特徴です。写真ではその美しさが半減しますが、

実物を見ると、このはっきりとした模様に思わず見とれてしまいます。

どうしたらここまではっきりとした模様を作り出すことができるのか・・・不思議だなあ、と思いながらじーっと

見つめてしまいます。

まだ5~6cmほどでちいさいので、餌をたくさん食べて、すくすく大きくなることを見守っています。

 

こちらは入り口入ってすぐの、「サンゴの海の魚」水槽に展示していますので、一生懸命コケをつついたり

餌をもしゃもしゃほおばる彼の姿を、是非見つけてみて下さい。

 

ちなみに見つけた当初の姿はコチラ

 

monngara4.jpg

 

かーわーいーいー

すごーく探していたので、一目でムラサメモンガラだと分かりました。

最大で30cm前後にもなるので、そこまで大きくなってくれるといいな~

 

ちなみに良くブログに出てくる「モンガラカワハギ」も同じモンガラカワハギ科です。

monngara6.jpg

 

目立つ模様ですが、わたしはやはり、ムラサメモンガラが好きです。

覚えましょうね。「ムラサメモンガラ」

 

 

以上、私の推し魚の熱弁でした。

 

 

 

by さく太郎

第353回 さんごガチャふぁいなる

前回の私のブログではさんごガチャ中間報告ということでサンゴの子供達を紹介しました。

 

今回は一部、水槽デビューした子達を紹介します。

 

その後

夏の高水温にも耐え、

すくすくと成長した1歳のサンゴ達、

その一部が9月下旬についに水槽デビューしました。

gachiya3_1.JPG

たくさんある内の3群体だけですが、

正真正銘、2021年8月1日に錆浦で生まれた我が子達です。

 

いや~ここまで長かった。。

 

自然海水を掛け流している当館では稚サンゴを飼育しているシャーレに海藻や石灰藻が生えまくるので、時間を見つけては歯ブラシやピンセットでサンゴの周りの海藻を掃除し、

小さなうちはヨコエビやウミケムシなどに囓られるのでそうした小さな生物もこまめに取り除き、

餌の日にはピンセットの先を使って1群体ずつ魚とエビのミンチを与えたりしながら1年間育ててきました。

gachiya3_2.JPG

そのおかげもあってか、

今ではポリプはむっちむち。

褐虫藻はばっつんばっつんです。

gachiya3_3.JPG

大きさは最大の物で現在3~4cmくらいですが、

gachiya3_4.JPG

水槽内の環境も良く合っているようで、移植してからまた一回り大きくなったような気がします。

 

未だ種類ははっきりしませんが、

このまま大きくなってくれればいずれ分かることでしょう。

 

とりあえず今は、子供達の健康とさらなる成長を祈るばかりです。

 

ちなみにこの子達は水族館Aゾーン、「サンゴ・イソギンチャクの仲間コーナー」のでっかいウミバラのいる水槽に展示しています。水槽正面の目立つ場所に移植されていますので、当館に来る度に大きくなる(であろう)この子達の様子を是非とも見守って頂ければ幸いです。

 

メデタシメデタシ。

 

by. ひらりん

電子チケット このページのTOPへ