海と水族館を丸ごと楽しめる複合施設串本海中公園

お問い合わせ 中国語 English 年中無休!営業時間 9:00-16:30
HOMEスタッフブログ【さびうらびより】

スタッフブログ【さびうらびより】STAFF BLOG

串本の様子や様々な串本の生き物たちを、
スタッフが交代でご紹介します。

最新記事
第387回 だって魚だもの
第386回 ウミガメの交尾の季節となりました
第385回 アオイガイの展示
第384回 地と天の話
第383回 水族館に持ち込まれた珍魚
カテゴリ
BigWest (5)
Go (20)
くろすけ♀ (70)
くろちゃん (3)
こて (18)
さく太郎 (19)
しまっち (25)
そらすずめ (9)
とーる (72)
ひらりん (23)
ひろぽん (6)
ひーちゃん (12)
まつ (4)
ゆーみん (18)
クチヒゲノムラガニ (5)
ナツメリ (7)
ハムいち (59)
ブログ更新 (382)
マンジュウイシ (1)
海人 (6)
青ネギ (4)
月別アーカイブ
2024年3月 (2)
2024年2月 (2)
2024年1月 (2)
2023年12月 (2)
2023年11月 (2)
2023年10月 (3)
2023年9月 (1)
2023年8月 (2)
2023年7月 (2)
2023年6月 (2)
2023年5月 (2)
2023年4月 (3)
2023年3月 (1)
2023年2月 (1)
2023年1月 (2)
2022年12月 (2)
2022年11月 (1)
2022年10月 (3)
2022年9月 (1)
2022年8月 (3)
2022年7月 (1)
2022年6月 (2)
2022年5月 (1)
2022年4月 (2)
2022年3月 (2)
2022年2月 (2)
2022年1月 (2)
2021年12月 (2)
2021年11月 (3)
2021年10月 (1)
2021年9月 (2)
2021年8月 (2)
2021年7月 (2)
2021年6月 (3)
2021年5月 (1)
2021年4月 (2)
2021年3月 (2)
2021年2月 (2)
2021年1月 (2)
2020年12月 (2)
2020年11月 (2)
2020年10月 (2)
2020年9月 (2)
2020年8月 (2)
2020年7月 (2)
2020年6月 (2)
2020年5月 (9)
2020年4月 (2)
2020年3月 (2)
2020年2月 (2)
2020年1月 (2)
2019年12月 (2)
2019年11月 (3)
2019年10月 (1)
2019年9月 (2)
2019年8月 (2)
2019年7月 (2)
2019年6月 (3)
2019年5月 (1)
2019年4月 (2)
2019年3月 (2)
2019年2月 (2)
2018年12月 (1)
2018年11月 (2)
2018年10月 (1)
2018年9月 (1)
2018年7月 (2)
2018年6月 (1)
2018年5月 (2)
2018年4月 (2)
2018年3月 (2)
2018年2月 (2)
2018年1月 (2)
2017年12月 (2)
2017年10月 (2)
2017年9月 (1)
2017年8月 (2)
2017年7月 (2)
2017年6月 (2)
2017年5月 (2)
2017年4月 (2)
2017年3月 (2)
2017年2月 (2)
2017年1月 (2)
2016年12月 (2)
2016年10月 (1)
2016年8月 (2)
2016年7月 (1)
2016年5月 (1)
2016年4月 (1)
2016年3月 (1)
2016年2月 (1)
2016年1月 (1)
2015年12月 (1)
2015年6月 (1)
2015年5月 (1)
2015年4月 (1)
2015年3月 (1)
2015年1月 (1)
2014年12月 (2)
2014年10月 (1)
2014年9月 (1)
2014年8月 (1)
2014年6月 (1)
2014年5月 (1)
2014年4月 (1)
2014年3月 (1)
2014年2月 (2)
2014年1月 (1)
2013年12月 (2)
2013年10月 (2)
2013年9月 (1)
2013年8月 (1)
2013年7月 (3)
2013年6月 (2)
2013年5月 (3)
2013年4月 (2)
2013年3月 (1)
2013年2月 (2)
2013年1月 (3)
2012年12月 (5)
2012年11月 (2)
2012年10月 (3)
2012年9月 (4)
2012年8月 (3)
2012年7月 (4)
2012年6月 (4)
2012年5月 (2)
2012年4月 (2)
2012年3月 (2)
2012年2月 (3)
2012年1月 (3)
2011年12月 (5)
2011年11月 (4)
2011年10月 (3)
2011年9月 (3)
2011年8月 (2)
2011年7月 (3)
2011年6月 (5)
2011年5月 (5)
2011年4月 (4)
2011年3月 (3)
2011年2月 (5)
2011年1月 (4)
2010年12月 (5)
2010年11月 (4)
2010年10月 (4)
2010年9月 (2)
2010年8月 (3)
2010年7月 (6)
2010年6月 (4)
2010年5月 (5)
2010年4月 (4)
2010年3月 (3)
2010年2月 (3)
2010年1月 (4)
2009年12月 (4)
2009年11月 (6)
2009年10月 (4)
2009年9月 (8)
2009年8月 (5)
2009年7月 (7)
2009年6月 (5)

第367回 ウミシダ沼

はじめまして! 4月に入社しました まつ と申します。

入社してから2ヶ月が経ちますがまだまだ半人前にもなれておらず

皆さんに助けて頂きながら日々精進しています。

 

さて、今回は入社してからの2ヶ月間で心引かれた生き物を紹介したいと思います。

それがコチラ!!

S__51544069.jpg

ウミシダです!!

見た目が植物のシダに似ていることからこの名前が付いたと考えられますが

ウニやヒトデ、ナマコ、クモヒトデなどと同じ棘皮動物に分類される動物です。

海を潜ってみると岩陰からシダのような腕が出ていたり、

潮の流れに揺られているのを良く目にします。

 

実は種類もたくさんいて先ほどの写真はオオウミシダという種類です。

しかし、この種類を同定するのが難しい・・・

同じ種類でも全く違う色の個体もたくさんいます・・

P5180690.JPG

P5180651.JPG

この黄色い個体とオレンジの個体も同じオオウミシダです。

 

現在は少しずつウミシダのことを勉強しておりますが初めて目にする言葉も多く

なかなかに苦戦をしております。

しかし!知れば知るほど不思議で奥が深く、気付けばウミシダ沼につかっていました(;゜ロ゜)

 

みなさんにも少しでも魅力を伝えられるように日々精進して参ります!!

 

 

byまつ

第366回 5月病・・・?

 

5月です。イネ科花粉症持ちの私は全身が痒いです。とくに腕が。

誰も聞いとらんわ。さく太郎です。(スンッ)

 

 

朝の日差しがまだ入らないくらい早い時間、館内を見回っていると

kobann1.jpg

 

!!!!!!!!!!!!!!!!!

え!?横たわっている!コバンザメが沈んでいるぅー!!

これは・・・もしかするともしかしてしまったのか・・・?(動揺が隠しきれない)

 

と、朝からビックリしましたが、ご安心ください。

ちゃんともしかしていませんでした。あ、生きていました。

kobann2.jpg

 

ご覧の通り、開館時間になるとエイの上をいそいそと徘徊していました。

仕事のオンオフがはっきりしているのね。エライエライ(?)

 

それとも5月病で、仕事前の憂鬱タイムだったのでしょうか?

どちらにせよ、飼育員をビックリさせないで頂きたいです。元気でよかった。

 

 

5月と言えば、5/13からは新しいトピックス

その名も「串本海中いちご狩り」が開始しました!

kobann3.jpg

 

いちごの季節と言うことで、イチゴっぽい魚を展示しています。

今回はレイアウトに力を入れました。

 

kobann4.jpg

 

よく見るとイチゴパックが沈んでいます。もちろんレプリカですが!

生き物採集より作る方に時間がかかった気がします。笑

 

kobann5.jpg

 

是非いちごちゃんたちを見に来てくださいね~

※生物の状態によっては、展示内容を変更する場合があります。

予めご了承下さい。

 

by さく太郎

第365回 いちごいちえ

春ですね。

巷ではイチゴが旬を迎えております。

そんなわけで

今回はイチゴみたいな可愛らしい生き物を紹介します。

 

その名もテンロクケボリガイ。

365-1.jpg

テンロクケボリガイはウミウサギ科に属する1㎝ほどの小さな貝の仲間で

この辺ではオオトゲトサカやアカトゲトサカなどにくっついて暮らしています。

 

まるで見た目がイチゴみたいなこの貝ですが

この赤い模様は貝が殻を覆うために出した外套膜(がいとうまく)のもので

実際の貝殻はこの写真のような色をしています。

365-2.jpg

 

まぁ一見すると海中では目立つような色彩ですが

前述の通り、トゲトサカ類に付着して暮らすと

この色彩が保護色となって目立たなくなります。

 

365-3.jpg

 

現在、共生・寄生のコーナーで展示しております。

非常に見つけづらく水族館の生き物としてはどうかとは思いますが

個人的にはとても好きな貝の一種です。

 

来館した際には是非とも探して見てください。

 

by ハムいち@私も入社して15(いちご)年

第364回 魚卵と稚仔魚

先日、水族館の調査船でプランクトンネットを使用したサンプリングを行いました。

狙いは、魚類の卵や稚仔魚!!!

 

しかし、肝心の稚魚ネット(例えば丸稚ネットなど)は持っていないので、

マイクロプラントン用のネットで10分間の水平曳きにより、採集を試みました。

 

曳網状況は下記の写真です。

鉛直曳き用のロープを使ったので、ロープが切れるかと思いました。危ない…

IMG_5244.jpg

 

さっそく採集した試料を水族館に持ち帰りソーティングを…

大量に採れたノクチルカの山を掻き分け、蠢くカイアシ類とヤムシ類、

その先に念願の、魚卵と仔魚の姿が!!

思っていたよりもたくさん採れたので、心の中でガッツポーズ。

IMG_5289.jpg

 

しかし、多くの魚卵が球形で形態的特徴が乏しいことから、形態分類による

魚卵の同定(種を明らかにすること)は、かなり難しいです。

そのため、今回採集された魚卵のほとんどが見た目からは種類の分からない「不明卵」と呼ばれる卵です。

※不明卵を同定するには、孵化実験により同定可能なサイズまで育てる方法や、

近年では、遺伝子(DNA)解析により調べられています。

ここで、魚卵の分類や同定についての話をすると、かなり長話になるので別の機会にしたいと思います。

 

 

 

 

今回採集した魚卵と仔魚のうち、私にも同定可能なものが少しいたので以下に紹介します。

IMG_5283.jpg

①スズキ属の一種?

卵および油球(卵の中にある半透明の球)の大きさや時期、黒色素胞の分布様式から、

おそらく本属になると思います。

 

IMG_5285.jpg

②カタクチイワシ

多くの魚卵は球形ですが、本種は楕円形卵なのが特徴です。

本州沿岸域の魚卵調査では、優占して出現する卵です。

 

IMG_5286.jpg

③エソ科の一種

写真からは、分かりにくいですが卵膜の表面に亀甲模様と呼ばれる特殊構造があります。

 

IMG_5288.jpg

④ハゼ科の一種

全長2mmほどですが、樹枝状の黒色素胞が背面および腹面にあり、

写真からは分かりにくいですが、浮袋がはっきり見えるのが本科の特徴です。

 

IMG_5287.jpg

⑤不明孵化仔魚

種類は分かりませんが、孵化直後の仔魚です。

硬骨魚類の多くが、孵化直後このようなオタマジャクシみたいな見た目をしています。

 

今後も機会があればプランクトンネットで魚卵・稚仔魚の採集をし、色々と紹介したいですが

夜間の集魚灯採集で採った魚のサンプルがかなり溜まってきたので、そっちの同定を終わらせないと…

 

by BigWest

第363回 ウニの歯

皆さん、突然ですがウニの歯って見たことがありますか?

diary363_1.jpg

diary363_2.jpg

こちらはシラヒゲウニというウニの歯です。
5枚歯です。

ウニは、カルシウムでできた硬い歯を持っていて、岩の上に生えた海藻はもちろん
種によっては硬いサンゴや岩などもかじって穴を開けてしまいます。
水族館では、ガラスをかじってキズがつくこともあります。

ウニの口の中には、「アリストテレスのランタン」という名前がついた器官があって、
この器官を使って食べ物やら何やらをかみくだいているのです。


diary363_3.jpg
こちらが「アリストテレスのランタン」。下側の先端に歯がついています。

ちなみに、「アリストテレスのランタン」という変わった名前は、ギリシアの哲学者でもあり、
科学者でもあったアリストテレスが、これを見てランタン(ちょうちん)に似ていると言ったことから、付いたとか。

ウニの歯の構造は複雑で、人工的な材料ではまねできず、まだ解明できていないことも多いのだそう。
材料工学や歯科学など、ウニの歯の研究は注目されているそうです。
岩をも砕く歯を人工的に再現できれば、いろんな分野に応用できるかもしれませんね。
最強な入れ歯ができそうです・・・

水族館でガラスにへばりついているウニを見つけたら、その自慢の歯をじっくりと観察してあげてください。

最後にちょっと動くシラヒゲウニの歯

 

by くろすけ♀

電子チケット このページのTOPへ