海と水族館を丸ごと楽しめる複合施設串本海中公園

中国語 English 年中無休!営業時間 9:00-16:30
HOMEスタッフブログ【さびうらびより】

スタッフブログ【さびうらびより】STAFF BLOG

串本の様子や様々な串本の生き物たちを、
スタッフが交代でご紹介します。

最新記事
第255回 アカウミガメ誕生
第254回 サンゴの産卵調査 in 2018
第253回 ウミガメ産卵中
第252回 君の名は
第251回 小さな世界
カテゴリ
Go (20)
くろすけ♀ (44)
くろちゃん (3)
こて (18)
しまっち (25)
そらすずめ (9)
とーる (46)
ひらりん (5)
ひろぽん (6)
ひーちゃん (12)
ゆーみん (18)
クチヒゲノムラガニ (5)
ハムいち (36)
ブログ更新 (254)
マンジュウイシ (1)
海人 (6)
月別アーカイブ
2018年9月 (1)
2018年7月 (2)
2018年6月 (1)
2018年5月 (2)
2018年4月 (2)
2018年3月 (2)
2018年2月 (2)
2018年1月 (2)
2017年12月 (2)
2017年10月 (2)
2017年9月 (1)
2017年8月 (2)
2017年7月 (2)
2017年6月 (2)
2017年5月 (2)
2017年4月 (2)
2017年3月 (2)
2017年2月 (2)
2017年1月 (2)
2016年12月 (2)
2016年10月 (1)
2016年8月 (2)
2016年7月 (1)
2016年5月 (1)
2016年4月 (1)
2016年3月 (1)
2016年2月 (1)
2016年1月 (1)
2015年12月 (1)
2015年6月 (1)
2015年5月 (1)
2015年4月 (1)
2015年3月 (1)
2015年1月 (1)
2014年12月 (2)
2014年10月 (1)
2014年9月 (1)
2014年8月 (1)
2014年6月 (1)
2014年5月 (1)
2014年4月 (1)
2014年3月 (1)
2014年2月 (2)
2014年1月 (1)
2013年12月 (2)
2013年10月 (2)
2013年9月 (1)
2013年8月 (1)
2013年7月 (3)
2013年6月 (2)
2013年5月 (3)
2013年4月 (2)
2013年3月 (1)
2013年2月 (2)
2013年1月 (3)
2012年12月 (5)
2012年11月 (2)
2012年10月 (3)
2012年9月 (4)
2012年8月 (3)
2012年7月 (4)
2012年6月 (4)
2012年5月 (2)
2012年4月 (2)
2012年3月 (2)
2012年2月 (3)
2012年1月 (3)
2011年12月 (5)
2011年11月 (4)
2011年10月 (3)
2011年9月 (3)
2011年8月 (2)
2011年7月 (3)
2011年6月 (5)
2011年5月 (5)
2011年4月 (4)
2011年3月 (3)
2011年2月 (5)
2011年1月 (4)
2010年12月 (5)
2010年11月 (4)
2010年10月 (4)
2010年9月 (2)
2010年8月 (3)
2010年7月 (6)
2010年6月 (4)
2010年5月 (5)
2010年4月 (4)
2010年3月 (3)
2010年2月 (3)
2010年1月 (4)
2009年12月 (4)
2009年11月 (6)
2009年10月 (4)
2009年9月 (8)
2009年8月 (5)
2009年7月 (7)
2009年6月 (5)

第246回 ドーム水槽の裏で。

大迫力のアーケロン彫刻と大人気の子ガメコーナーの間にはドーム水槽という変わった形の水槽があります。

それがこちら↓

1.JPG

今は珍しい凸状に突き出た水槽で、なかの生き物が若干大きく見えたり、

生き物が前に出てくると色々な角度から観察できたりします。

が、、

この水槽、生き物の世話がめちゃくちゃ大変なのです。

その大きな理由が掃除。。

 

では、

バックヤードがどうなっているのかといいますと↓

2.JPG

なんだか上の方にも突き出た部分がありますね。

つまりこの部分から餌をあげたり掃除をしたりするわけです。

3.JPG

その大きさは直径45cmくらい。

ただし、特殊な形状の水槽のため、ブラシ等ではどうしても届きにくい場所があり、

拭き残しが残ることも。。

 

そんなとき、どうするかといいますと、

4.JPG

こうして

 

5.JPG

こうして

 

6.JPG

こうなるのです!

つまり・・・

7.JPG

こういうことですね。

簡単。

 

ただしとにかく入り口が狭く、

また入り口付近に絶対に壊してはいけない出っ張りが沢山有るので素早く水槽に入る為には熟練した技術が必要です。

 

そんなこんなで・・・

いよいよ大詰めを迎えた平昌オリンピックの裏では

実はこんな白熱した熱戦が繰り広げられていました。

 

はい。

 

これだけ見ると、なんだこれ?っていうシュールな映像ですが、

結構早いんですよ!

しかも分厚い冬服にゴワゴワのあったかズボンでやっているので

いわば錘を付けて競技しているようなものなのです。

 

「もうちょっと身軽な格好なら10秒切れると思うんだよね」

って旧担当Nさんが言ってました。

 

何か悔しい。。

次は負けませんよ!

 

 

4年後に会いましょう。

 

 

by ひらりん

第245回 ちょっとした試み

全国的に大流行中のインフルエンザにかかり、

最近まで寝込んでいたのは私です。どうもGOです!

今年の冬は各地で記録的な大雪に見舞われるなど、とても寒いですね。

本州最南端の串本もたいがい寒いです。

串本の海中も寒いらしく、

海岸に行くと低水温により凍死してしまった死滅回遊魚たちが

大量に波打ち際に打ちあがっていて、悲しい気持ちになる今日この頃です。

 

さて、最近ちょっとした試みをしています。

以前からちょこちょこと集めて、予備水槽で育てていたマアジ君たちで、

トンネル水槽入ってすぐ左のスぺ-スにイワシトルネ-ドならぬ

プチアジトルネ-ドを作れないかという試みです。

diary245 4.JPG

 

トンネル水槽の場合、これが割と難しいんですよ。

広いトンネル水槽において、入ってすぐ左のスぺ-スだけにアジを泳がすのが難しい。

しかも、このマアジ君たちはまだ小型なので、ロウニンアジやブリなどの

大型肉食魚に見つかるとたちまち餌になる可能性がある。

diary245 1.JPG

 

マアジ君たちを飼育している予備水槽は、トンネル水槽と柵一枚挟んで繋がっています。

魚はエサが良くもらえる場所を覚えるので、予備水槽と柵一枚で繋がっている場所周辺を中心に餌付けすれば、

ある程度狙った場所に居つくのではないか?

と思って毎日同じ場所にアミエビを撒きました。

diary245 2.jpg

そして、肉食魚たちの食欲が収まっているタイミングでマアジ君たちを少しずつ

予備水槽からトンネル水槽に移動させました。

すると予想通り、予備水槽周辺のスぺ-スで群れてくれました。

ロウニンアジやブリなどの大型肉食魚は警戒心が強く、飼育員が行き来する

予備水槽周辺にはあまり近づかないので、マアジ君たちも襲われることなく、

いい感じです。

 

diary245 3.jpg

 

この調子で続けていけば迫力のあるアジトルネードが

できあがるかもしれません。

 

by GO

第244回 甘やかしています

去年の暮れ頃から(すでに記憶がぼんやり)

バックヤードにいるマダラエイ。

幅1m位。

diary244_2.jpg

大きくなると1.8mになるらしいので

まだ若いのか。

近くの漁師さんの網にかかって

うちにやってきました。

 

始めの頃は傷もあって

弱っているのか

あまり動かず

餌ももちろん食べず

生きるかどうかも

わかりませんでした。

 

あれから1ヶ月あまり(たぶん)

時に餌(アジとか)を横に置いてみたり(食べない)

時に口元に近づけたり(いやがる)

やった結果・・・

 

 

diary244_1.jpg

めっちゃ食べるようになりました。

水槽をのぞくと顔をだしてきます。

diary244_3.jpg

心なしか、肌のつやも良くなった気がします。

もともとつるつるですが。

 

 

そして目が合うと餌を催促してくるので

も~と言いながら、ウミガメにあげるために

とーる氏が溶かしているサンマを

こっそり抜き取ってあげているのは私です。

 

すみません。すみません。

1本だけだから。

たまに・・・ね。

 

 

by くろすけ♀

 

diary244_4.jpg

お腹空いていない時は砂をかぶって寝ています。

第243回 実は戌年です

皆様、明けましておめでとうございます。

 

243-1.jpg

もう年が明けて10日以上経ってますけどね。

 

 

 

さて、2018年です。

今年は1月1日よりアーケロンプロジェクトと題しました特別展が始まりまして

実物大のアーケロンの木製彫刻が館内にて公開されてます。

詳しくはイベント情報や当館のSNSの方で見て下さい。

わたくし個人の感想としましては

でけー、すげー、かっけーです。

それと宿直時の見回りの時に

暗闇に鎮座するアーケロンの迫力に「おぉっ」てなります。

写真も他のSNS等で見られると思うのでここには載せませんが

これは実際に見に来た方がいいと思います。

是非に!

 

 

ってな感じで賑やかに串本海中公園の2018年が始まりました。

新年早々の寒波で水温も下がりに下がってきております。

果たして今年はどんな年になるのでしょうか。

 

兎にも角にも元気に頑張ります。

 

 

243-2.jpg

 

いぇーい、ピース!ピース!

 

 

 

ハムいち@24歳になります

第242回 アオウミガメの産卵巣穴掘り(雄が)

今年の串本海中公園のウミガメ繁殖は、アオウミガメが数年ぶりに産卵した事もあり大盛況といった感じでした。

そして繁殖期がとうに終わった11月初旬、人工砂浜で珍事件が起きました。

 

人工砂浜では、繁殖期で無くてもたまにウミガメが上陸しています。

当然産卵のためでは無く、日向ぼっこなのか他のカメにちょっかい出されるのを嫌がってなのかは分かりませんが、

昼間でも砂浜でのそのそしてるのがたまにいます。

これは飼育下特有で、自然界では産卵の時以外はまず陸地には上がりません。

 

そして11月初旬のお昼頃

人工砂浜をふと見るとアオウミガメが上陸中→良くある光景

どうやら産卵巣の穴を掘っている→これもたまにある光景。産卵はしないけど掘るだけ掘っていくのがたまにいます

穴を掘ってるのは何故かオス→???

242-1.JPG

しっかりと穴を掘っていますし、オスの特徴である長ーい尻尾もあります

242-2.JPG

海中公園ではオスが上陸する事もたまにありますが、流石にオスが穴を掘るのは初めて見ました。

上に書いたように、ウミガメは自然界では産卵の時以外ほぼ上陸しませんので、オスはほぼ一生海の中にいます。

ですから、オスが産卵巣の穴を掘るなんてのは前代未聞です。

掘ってる様子はこんな感じ↓

ちなみに掘り方、穴の出来は完璧でした。

彼はどうしてしまったんでしょうか

何かに目覚めてしまったのか、でも掘った後一体何を産むつもりだったのか

もしくはイクメン的なやつで、出来るオスをアピールとか?

まあ、確かに君は全然交尾出来てないもんねがんばってよ

242-3.JPG

結局、あらかた掘ったら満足したのか掘りっぱなしで帰って行きました。

242-4.JPG

何をしたかったのかよく分かりませんでしたが、来年の夏は彼に注目です。

 

by とーる

このページのTOPへ