海と水族館を丸ごと楽しめる複合施設串本海中公園

中国語 English 年中無休!営業時間 9:00-16:30
HOMEスタッフブログ【さびうらびより】

スタッフブログ【さびうらびより】STAFF BLOG

串本の様子や様々な串本の生き物たちを、
スタッフが交代でご紹介します。

最新記事
第230回 クロマグロについて
第229回 カスっこ
第228回 アオウミガメの超交尾
第227回 熱帯化?
第226回 思うようにならない
カテゴリ
Go (18)
くろすけ♀ (36)
くろちゃん (3)
こて (18)
しまっち (25)
そらすずめ (9)
とーる (41)
ひらりん (1)
ひろぽん (6)
ひーちゃん (12)
ゆーみん (18)
クチヒゲノムラガニ (2)
ハムいち (33)
ブログ更新 (222)
マンジュウイシ (1)
海人 (6)
月別アーカイブ
2017年5月 (1)
2017年4月 (2)
2017年3月 (2)
2017年2月 (2)
2017年1月 (2)
2016年12月 (2)
2016年10月 (1)
2016年8月 (2)
2016年7月 (1)
2016年5月 (1)
2016年4月 (1)
2016年3月 (1)
2016年2月 (1)
2016年1月 (1)
2015年12月 (1)
2015年6月 (1)
2015年5月 (1)
2015年4月 (1)
2015年3月 (1)
2015年1月 (1)
2014年12月 (2)
2014年10月 (1)
2014年9月 (1)
2014年8月 (1)
2014年6月 (1)
2014年5月 (1)
2014年4月 (1)
2014年3月 (1)
2014年2月 (2)
2014年1月 (1)
2013年12月 (2)
2013年10月 (2)
2013年9月 (1)
2013年8月 (1)
2013年7月 (3)
2013年6月 (2)
2013年5月 (3)
2013年4月 (2)
2013年3月 (1)
2013年2月 (2)
2013年1月 (3)
2012年12月 (5)
2012年11月 (2)
2012年10月 (3)
2012年9月 (4)
2012年8月 (3)
2012年7月 (4)
2012年6月 (4)
2012年5月 (2)
2012年4月 (2)
2012年3月 (2)
2012年2月 (3)
2012年1月 (3)
2011年12月 (5)
2011年11月 (4)
2011年10月 (3)
2011年9月 (3)
2011年8月 (2)
2011年7月 (3)
2011年6月 (5)
2011年5月 (5)
2011年4月 (4)
2011年3月 (3)
2011年2月 (5)
2011年1月 (4)
2010年12月 (5)
2010年11月 (4)
2010年10月 (4)
2010年9月 (2)
2010年8月 (3)
2010年7月 (6)
2010年6月 (4)
2010年5月 (5)
2010年4月 (4)
2010年3月 (3)
2010年2月 (3)
2010年1月 (4)
2009年12月 (4)
2009年11月 (6)
2009年10月 (4)
2009年9月 (8)
2009年8月 (5)
2009年7月 (7)
2009年6月 (5)

第184回 コーラルロード夏編 続き

さびうらの浜、またの名をコーラルロード
夏の見所 続きです。

咲き誇るハマユウを愛でながらざくざく歩いていると
ふと足下に可憐な花を発見!

diary184_1.jpg

ハマゴウです。

あっつい炎天下の砂浜を海に向かって伸びる何本もの茎。
その茎の所々に青紫色の花がついてます。
一見すると地味だけど、よく見るとかわいらしい。
せっかく歩きやすく整備してある散歩道を遠慮無くまたいで生えているので、
「何だ、この邪魔な草は!」
と思わず、暖かい目で見てやって下さいまし。

diary184_2.jpg

ちなみに昔、このハマゴウの種を集めて枕の中身に使ったそうです。
ハマゴウは浜香とも呼ばれるように、ハーブのようないい香りがする上
何と虫が来ない!と、いいことずくめ!

と、生まれも育ちも串本の当館館長が申しておりました。
 

コーラルロードも半ばまで来たところで
海岸では目を引くオレンジ色の花を発見。

diary184_9.jpg

オニユリです。

近づいて写真とりたいけど・・・・

ハマユウ群団に阻まれて近づけず。

diary184_3.jpg
 

でも、こんな過酷な環境で咲く百合なんて。
さすがオニだわ・・・

と感心しながら、さらに歩く。

 

と、ここで、浜を歩くときの心得。

その1 足下をよく見るべし。
 

なぜなら、浜にはヒトに優しい植物ばかりではありません。

その1つがこれ!

diary183_6.jpg

ハマアザミ!

葉がぎざぎざで鋭いトゲがあります。
毒は無いけど、触るととってもイタイ!

サンダルなんかで歩いていて足下にコレが敷き詰めるようにあったりなんかすると
痛くてたまらん!まさに「針のむしろ」なのです。

その2 サングラスあればなおよし。

真夏のコーラルロードは目がちかちかするんです。
なぜなら、足下の真っ白いサンゴ(の骨)が真夏の太陽を反射して
レフ板なみの効果があるんじゃないかと・・・

diary184_4.jpg

上からも下からも夏の太陽の恩恵を預かるので
目の保護にオススメします。

その3 帽子必須!(日焼止めも!?)

日陰は全くありません。
浜風があると心地よいので、うっかりすると大変なことに。

以上、気をつけてくらんしよ。

 

さて、コーラルロードも終点。
「筆島」までやってきました。

筆島のアップを撮り忘れたので、途中の画像。

diary184_5.jpg

筆島。
それは コーラルロードのシンボル

岩が崩れやすいので上ってはいけません。

この辺りにはきれいな貝殻もいっぱい落ちていて
貝殻拾いには最適です。
 

で、この辺の植物といえば

diary184_7.jpg

ダンチク

3mはあろうかという、ヨシを巨大化したような植物。
子供の時、これはサトウキビだと思っていた・・・

diary184_6.jpg

台風の強風にも耐え、非常に丈夫な植物です。
防風林の役割も果たしてるとか。
台風銀座と呼ばれる串本を守っていると言っても過言ではない!?

 

ということで、夏のコーラルロード散歩。
片道ゆっくり歩いて10~15分位。
気が向いた方は是非、歩いてみて下さい。

 

おまけ

ダイビングパークで満開のハマボウ

diary184_8.jpg

さすがハイビスカスの仲間!
華があるわ~!

 

by くろすけ♀

第183回 コーラルロード夏編

dairy183_1.jpg

 

昨日明けたみたいです。
梅雨明けとともに夏全開って感じで
紫外線が肌に食い込む食い込む・・・
 

と言いながらも、梅雨明けに浮かれて
目の前の浜を散歩してみました。

diary183_2.jpg

さびうらの浜、またの名をコーラルロード。

 

浜に降りようとすると、可憐なハマナデシコがお出迎え。

diary183_3.jpg

可憐な割にはタフで丈夫。
さすが「なでしこ」。

でも、花のシーズンはそろそろ終わり。
また、来年ね!と別れを惜しみつつずんずん降りていくと

今キテルお花に出会いました!

diary183_4.jpg

ハマユウ!
南紀を代表する花です。
なんでか、というと
かの有名な万葉集にかの有名な柿ノ本人麻呂さまが詠んだ歌があるからです。

み熊野の浦の浜木綿百重なす 心は思へど直に逢はぬかも 

diary183_5.jpg

熊野の浜のハマユウのように幾重にも恋心を重ねているけど、直接会えないんだよねえ

切ないコイゴコロを歌った歌です。

ただ、私としてはこの花にあまり繊細な恋心は似合わないと思うのですが
(あくまで個人の感想です)
なんて言うか、豪快な感じがするんですよね。
葉っぱなんか、分厚くてぴかぴかつやつや、生き生き。
生命力を感じます。

なので、南紀の海にはぴったりの植物ですけどね。

ハマユウ今見頃です。

コーラルロード夏編
も少し続きます。

 

by くろすけ♀

第182回 ツマリカスベの赤ちゃん誕生

当館では最近ウミガメの産卵ラッシュですが、ツマリカスベの赤ちゃんもぞくぞくと誕生しています。

先日5月24日にトピック水槽にて展示中のツマリカスベの卵から赤ちゃんが一匹孵り、6月27日に2匹が孵りました。

diary182-1.JPGdiary182-2.JPG

 産まれたばかりのツマリカスベ       ツマリカスベの卵

 

エイには卵の形のまま生み出され、体外で発育して孵る「卵生」の種類と母胎内で栄養をつけて

体内から子供の状態で産まれてくる「卵胎生」の種類がいます。

ツマリカスベは卵生なので卵から孵ります。

親のツマリカスベは2013年1月~2月の間に串本町田原港の漁師さんから合わせて7個体を頂き、

そのうち雌3個体が卵をもった状態でした。

diary182-3.jpg

ツマリカスベ

 

入館してから1月5日を皮切りに次々と卵を産んでいきました。

卵はトピック水槽、予備水槽など環境が異なる場所で飼育しています。

diary182-4 .JPG 

トピック水槽で展示中のツマリカスベの卵  

diary182-5.JPG

予備水槽で飼育中のツマリカスベの卵    

 

5月2日に予備水槽で飼育していた卵から2匹が孵りました。

そしてトピック水槽で展示中の卵からも続々と孵化しています。

トピック水槽では卵の中で赤ちゃんがうごめいている様子がわかるような展示になっています。

diary182-6.JPG

現在の成長状態

 

もうすぐ孵化しますよ。

皆さんツマリカスベの赤ちゃんに会いに来て下さいね。

 

by Go

第181回 ウミガメ産卵始めました

今年もウミガメの産卵の季節になりました。
今年はアカウミガメだけでなくアオウミガメ産卵する年なので、夜の人工産卵場はとても賑やかです。
 
181-1.jpg
産卵中のアオウミガメ
 
181-2.jpg
アカウミガメの卵
 
 
そういえば、
新旧2つの人工産卵場になって何年か経ちますが、産卵するウミガメは何故か新産卵場に偏ります。
今年は、現在までにアカウミガメが4回、アオウミガメが1回産卵していますが、全て新産卵場です。
んー何故なのか・・・
ウミガメも新しい物好きなのでしょうか。
別に構わないのですが、出来れば両方使って欲しいなぁ。
 
 
 
 
181-3.jpg
産卵中のアカウミガメ
涙を流していますが、実はこれは泣いているわけではありません。
ウミガメは海の中に住んでいるため、体内の余分な塩分を常に目から出しています。
水中でも見た目には分かりませんが出しています。これが、産卵で上陸した時に目立って見えるため、
卵を産みながら泣いている様に見えるのです。
ですから、苦しくて泣いているわけではないんですね。
 
 
by とーる

第180回 新着魚 シノノメサカタザメ

先日、昔からお世話になっている宇久井漁港の漁師さんから

「珍しい白い模様の1mくらいのサメが定置網に入ったのでいらないか」と連絡をいただきました。

漁師さんいつもありがとうございます。

 

「珍しい」「白い模様」という特徴からおそらくイタチザメではないかと予測し、

軽トラックに大きめの水槽を積み込んで期待しながら漁港に向かいました。

到着すると人だかりができており、早速拝見すると

そこには明らかにイタチザメではない160センチはあろうかという黒い巨体が・・・

その姿からすぐにそれが「シノノメサカタザメ」だとわかりましたが

ここで問題が・・・持ってきた水槽に明らかに入りきらない・・・

漁師さんのご厚意でシノノメサカタザメの入っている水槽ごと持っていけることに

漁師さんお世話になりっぱなしですいません。

迅速に海中公園へと運搬し、到着後担架にシノノメサカタザメを移し、ホイストで搬入しました。

diary180-1.JPGdiary180-2.JPG


シノノメサカタザメは名前にサメとついていますがガンキエイ目シノノメサカタザメ科に属する

最大で全長300㎝・体重135㎏にもなる大型のエイの仲間です。

インド洋・西太平洋の熱帯から温帯海域に広く分布していますが、

東南アジアなどでは大型個体の肉や鰭は高値で取引されており、数が激減しています。

日本では漁業の対象にはなりませんが希に網にかかる事があり、

各地の水族館で「珍魚」として飼育、展示されています。

串本周辺でも希に漁師さんの網にかかることがあり、

当館でも過去に何度か飼育に挑戦しましたがいずれも長期飼育には至っていません。

南紀では黒潮の影響が少なからず関わってくる3~8月にかけて

シノノメサカタザメが網にかかる傾向にあり、特に6月に捕獲されることが多いです。

シノノメサカタザメが捕獲されるときは決まって潮岬沖南の黒潮の中心点がいつもとは異なった動きをしていたり、

黒潮の影響の弱い時や元の流れに戻りつつあるときに記録されています。

diary180-3.JPG

トンネル水槽に新しく加わったシノノメサカタザメは現在、餌を食べる様子は確認していませんが

搬入から3週間経過した今も弱っている様子はなく、積極的に泳ぎ回っているところをみると何かしら食べているのでは?

今後、トンネル水槽の顔になってくれるように頑張って上手く育てていきたいと思います。

 

byGO

このページのTOPへ