海と水族館を丸ごと楽しめる複合施設串本海中公園

中国語 English 年中無休!営業時間 9:00-16:30

スタッフブログ【さびうらびより】STAFF BLOG

串本の様子や様々な串本の生き物たちを、
スタッフが交代でご紹介します。

最新記事
第287回 憧れる
第286回 春うまれ
第285回 我的推魚
第284回 ラブコール?
第283回 煙
カテゴリ
Go (20)
くろすけ♀ (50)
くろちゃん (3)
こて (18)
しまっち (25)
そらすずめ (9)
とーる (52)
ひらりん (9)
ひろぽん (6)
ひーちゃん (12)
ゆーみん (18)
クチヒゲノムラガニ (5)
ナツメリ (7)
ハムいち (41)
ブログ更新 (283)
マンジュウイシ (1)
海人 (6)
青ネギ (4)
月別アーカイブ
2020年3月 (2)
2020年2月 (2)
2020年1月 (2)
2019年12月 (2)
2019年11月 (3)
2019年10月 (1)
2019年9月 (2)
2019年8月 (2)
2019年7月 (2)
2019年6月 (3)
2019年5月 (1)
2019年4月 (2)
2019年3月 (2)
2019年2月 (2)
2018年12月 (1)
2018年11月 (2)
2018年10月 (1)
2018年9月 (1)
2018年7月 (2)
2018年6月 (1)
2018年5月 (2)
2018年4月 (2)
2018年3月 (2)
2018年2月 (2)
2018年1月 (2)
2017年12月 (2)
2017年10月 (2)
2017年9月 (1)
2017年8月 (2)
2017年7月 (2)
2017年6月 (2)
2017年5月 (2)
2017年4月 (2)
2017年3月 (2)
2017年2月 (2)
2017年1月 (2)
2016年12月 (2)
2016年10月 (1)
2016年8月 (2)
2016年7月 (1)
2016年5月 (1)
2016年4月 (1)
2016年3月 (1)
2016年2月 (1)
2016年1月 (1)
2015年12月 (1)
2015年6月 (1)
2015年5月 (1)
2015年4月 (1)
2015年3月 (1)
2015年1月 (1)
2014年12月 (2)
2014年10月 (1)
2014年9月 (1)
2014年8月 (1)
2014年6月 (1)
2014年5月 (1)
2014年4月 (1)
2014年3月 (1)
2014年2月 (2)
2014年1月 (1)
2013年12月 (2)
2013年10月 (2)
2013年9月 (1)
2013年8月 (1)
2013年7月 (3)
2013年6月 (2)
2013年5月 (3)
2013年4月 (2)
2013年3月 (1)
2013年2月 (2)
2013年1月 (3)
2012年12月 (5)
2012年11月 (2)
2012年10月 (3)
2012年9月 (4)
2012年8月 (3)
2012年7月 (4)
2012年6月 (4)
2012年5月 (2)
2012年4月 (2)
2012年3月 (2)
2012年2月 (3)
2012年1月 (3)
2011年12月 (5)
2011年11月 (4)
2011年10月 (3)
2011年9月 (3)
2011年8月 (2)
2011年7月 (3)
2011年6月 (5)
2011年5月 (5)
2011年4月 (4)
2011年3月 (3)
2011年2月 (5)
2011年1月 (4)
2010年12月 (5)
2010年11月 (4)
2010年10月 (4)
2010年9月 (2)
2010年8月 (3)
2010年7月 (6)
2010年6月 (4)
2010年5月 (5)
2010年4月 (4)
2010年3月 (3)
2010年2月 (3)
2010年1月 (4)
2009年12月 (4)
2009年11月 (6)
2009年10月 (4)
2009年9月 (8)
2009年8月 (5)
2009年7月 (7)
2009年6月 (5)

第286回 春うまれ

3月になり陽が落ちるのも遅くなって、気温も上がり、

春の陽気となってきたこの頃...

 

冬にはなかったモノが目に映るようになってきました。

やはり身近なものは植物でしょうか、

花が咲き、海岸から山まで自然を彩ってくれます。

海岸にはハマダイコンの花畑

hamadaikonn1.jpg

 

野山には白木蓮(ハクモクレン)、桜、木瓜(ボケ)などが開花中

mokurenn2.jpg

 

魚も春の変化を感じとったようで、

バックヤードでお腹に吸盤を持つ魚「ウバウオ」を飼育しているのですが、

ubamae3.jpg

 

それがつがいとなり、産卵をしました。

ubaapi-ru4.jpg

左の小さい個体がメス、右の大きい個体がオスです。

メスのお腹の中には卵のようなものがうかがえます…

二月中旬からアピールがみられ、

 

3月頭には卵が確認され、発生は発眼まで進んでいました。

ubasanrann1-5.jpg

 

このまま、すくすくと発生が進んでほしいと願っていたら

 

その数日後、

ubasannrann2-6.jpg

卵の数が増えていました、なんと二度目の産卵!

写真は二度目に産んだモノを拡大しています。

卵の数は合計で110~120個ほどにも。

 

この後も、オスが卵を大切にお世話してくれたおかげで、

卵は現在、こうなりました、

ubaranhatugann-7.jpg

 

一度目に産んだものは卵黄をほぼ吸収し孵化間近です。

ubasigyo8.jpg

皆、もう動けるのか時々体をくねらせています。

元気な子が生まれてきてほしいですね。

 

ちなみに、春の海は栄養が満ちていて、

水温が上がってプランクトンの活性が上がると

その栄養を使って大発生します。場合によっては海が濁るくらいに。

同じく、プランクトンを餌にする本写真のような小さな赤ちゃんたちもいっぱい孵ります。

きっと、今年の春も海の世界に新しい命であふれかえることでしょう。

 

by ナツメリ

このページのTOPへ