海と水族館を丸ごと楽しめる複合施設串本海中公園

中国語 English 年中無休!営業時間 9:00-16:30
HOMEスタッフブログ【さびうらびより】第246回 ドーム水槽の裏で。

スタッフブログ【さびうらびより】STAFF BLOG

串本の様子や様々な串本の生き物たちを、
スタッフが交代でご紹介します。

最新記事
第248回 モヨウフグ
【SHOP】カナヘイ 水族館コラボグッズ♪
第247回 ウミガメの甲羅磨き
第246回 ドーム水槽の裏で。
第245回 ちょっとした試み
カテゴリ
Go (20)
くろすけ♀ (42)
くろちゃん (3)
こて (18)
しまっち (25)
そらすずめ (9)
とーる (44)
ひらりん (3)
ひろぽん (6)
ひーちゃん (12)
ゆーみん (18)
クチヒゲノムラガニ (5)
ハムいち (35)
ブログ更新 (247)
マンジュウイシ (1)
海人 (6)
月別アーカイブ
2018年4月 (1)
2018年3月 (2)
2018年2月 (2)
2018年1月 (2)
2017年12月 (2)
2017年10月 (2)
2017年9月 (1)
2017年8月 (2)
2017年7月 (2)
2017年6月 (2)
2017年5月 (2)
2017年4月 (2)
2017年3月 (2)
2017年2月 (2)
2017年1月 (2)
2016年12月 (2)
2016年10月 (1)
2016年8月 (2)
2016年7月 (1)
2016年5月 (1)
2016年4月 (1)
2016年3月 (1)
2016年2月 (1)
2016年1月 (1)
2015年12月 (1)
2015年6月 (1)
2015年5月 (1)
2015年4月 (1)
2015年3月 (1)
2015年1月 (1)
2014年12月 (2)
2014年10月 (1)
2014年9月 (1)
2014年8月 (1)
2014年6月 (1)
2014年5月 (1)
2014年4月 (1)
2014年3月 (1)
2014年2月 (2)
2014年1月 (1)
2013年12月 (2)
2013年10月 (2)
2013年9月 (1)
2013年8月 (1)
2013年7月 (3)
2013年6月 (2)
2013年5月 (3)
2013年4月 (2)
2013年3月 (1)
2013年2月 (2)
2013年1月 (3)
2012年12月 (5)
2012年11月 (2)
2012年10月 (3)
2012年9月 (4)
2012年8月 (3)
2012年7月 (4)
2012年6月 (4)
2012年5月 (2)
2012年4月 (2)
2012年3月 (2)
2012年2月 (3)
2012年1月 (3)
2011年12月 (5)
2011年11月 (4)
2011年10月 (3)
2011年9月 (3)
2011年8月 (2)
2011年7月 (3)
2011年6月 (5)
2011年5月 (5)
2011年4月 (4)
2011年3月 (3)
2011年2月 (5)
2011年1月 (4)
2010年12月 (5)
2010年11月 (4)
2010年10月 (4)
2010年9月 (2)
2010年8月 (3)
2010年7月 (6)
2010年6月 (4)
2010年5月 (5)
2010年4月 (4)
2010年3月 (3)
2010年2月 (3)
2010年1月 (4)
2009年12月 (4)
2009年11月 (6)
2009年10月 (4)
2009年9月 (8)
2009年8月 (5)
2009年7月 (7)
2009年6月 (5)

第246回 ドーム水槽の裏で。

大迫力のアーケロン彫刻と大人気の子ガメコーナーの間にはドーム水槽という変わった形の水槽があります。

それがこちら↓

1.JPG

今は珍しい凸状に突き出た水槽で、なかの生き物が若干大きく見えたり、

生き物が前に出てくると色々な角度から観察できたりします。

が、、

この水槽、生き物の世話がめちゃくちゃ大変なのです。

その大きな理由が掃除。。

 

では、

バックヤードがどうなっているのかといいますと↓

2.JPG

なんだか上の方にも突き出た部分がありますね。

つまりこの部分から餌をあげたり掃除をしたりするわけです。

3.JPG

その大きさは直径45cmくらい。

ただし、特殊な形状の水槽のため、ブラシ等ではどうしても届きにくい場所があり、

拭き残しが残ることも。。

 

そんなとき、どうするかといいますと、

4.JPG

こうして

 

5.JPG

こうして

 

6.JPG

こうなるのです!

つまり・・・

7.JPG

こういうことですね。

簡単。

 

ただしとにかく入り口が狭く、

また入り口付近に絶対に壊してはいけない出っ張りが沢山有るので素早く水槽に入る為には熟練した技術が必要です。

 

そんなこんなで・・・

いよいよ大詰めを迎えた平昌オリンピックの裏では

実はこんな白熱した熱戦が繰り広げられていました。

 

はい。

 

これだけ見ると、なんだこれ?っていうシュールな映像ですが、

結構早いんですよ!

しかも分厚い冬服にゴワゴワのあったかズボンでやっているので

いわば錘を付けて競技しているようなものなのです。

 

「もうちょっと身軽な格好なら10秒切れると思うんだよね」

って旧担当Nさんが言ってました。

 

何か悔しい。。

次は負けませんよ!

 

 

4年後に会いましょう。

 

 

by ひらりん

このページのTOPへ