海と水族館を丸ごと楽しめる複合施設串本海中公園

中国語 English 年中無休!営業時間 9:00-16:30
HOMEスタッフブログ【さびうらびより】第245回 ちょっとした試み

スタッフブログ【さびうらびより】STAFF BLOG

串本の様子や様々な串本の生き物たちを、
スタッフが交代でご紹介します。

最新記事
第258回 アルゴス送信機付きウミガメ放流
第257回 雪の妖精
第256回 小さな青い旅人
第255回 アカウミガメ誕生
第254回 サンゴの産卵調査 in 2018
カテゴリ
Go (20)
くろすけ♀ (44)
くろちゃん (3)
こて (18)
しまっち (25)
そらすずめ (9)
とーる (47)
ひらりん (5)
ひろぽん (6)
ひーちゃん (12)
ゆーみん (18)
アルゴス情報掲載
クチヒゲノムラガニ (5)
ナツメリ (2)
ハムいち (36)
ブログ更新 (258)
マンジュウイシ (1)
海人 (6)
月別アーカイブ
2018年11月 (2)
2018年10月 (1)
2018年9月 (1)
2018年7月 (2)
2018年6月 (1)
2018年5月 (2)
2018年4月 (2)
2018年3月 (2)
2018年2月 (2)
2018年1月 (2)
2017年12月 (2)
2017年10月 (2)
2017年9月 (1)
2017年8月 (2)
2017年7月 (2)
2017年6月 (2)
2017年5月 (2)
2017年4月 (2)
2017年3月 (2)
2017年2月 (2)
2017年1月 (2)
2016年12月 (2)
2016年10月 (1)
2016年8月 (2)
2016年7月 (1)
2016年5月 (1)
2016年4月 (1)
2016年3月 (1)
2016年2月 (1)
2016年1月 (1)
2015年12月 (1)
2015年6月 (1)
2015年5月 (1)
2015年4月 (1)
2015年3月 (1)
2015年1月 (1)
2014年12月 (2)
2014年10月 (1)
2014年9月 (1)
2014年8月 (1)
2014年6月 (1)
2014年5月 (1)
2014年4月 (1)
2014年3月 (1)
2014年2月 (2)
2014年1月 (1)
2013年12月 (2)
2013年10月 (2)
2013年9月 (1)
2013年8月 (1)
2013年7月 (3)
2013年6月 (2)
2013年5月 (3)
2013年4月 (2)
2013年3月 (1)
2013年2月 (2)
2013年1月 (3)
2012年12月 (5)
2012年11月 (2)
2012年10月 (3)
2012年9月 (4)
2012年8月 (3)
2012年7月 (4)
2012年6月 (4)
2012年5月 (2)
2012年4月 (2)
2012年3月 (2)
2012年2月 (3)
2012年1月 (3)
2011年12月 (5)
2011年11月 (4)
2011年10月 (3)
2011年9月 (3)
2011年8月 (2)
2011年7月 (3)
2011年6月 (5)
2011年5月 (5)
2011年4月 (4)
2011年3月 (3)
2011年2月 (5)
2011年1月 (4)
2010年12月 (5)
2010年11月 (4)
2010年10月 (4)
2010年9月 (2)
2010年8月 (3)
2010年7月 (6)
2010年6月 (4)
2010年5月 (5)
2010年4月 (4)
2010年3月 (3)
2010年2月 (3)
2010年1月 (4)
2009年12月 (4)
2009年11月 (6)
2009年10月 (4)
2009年9月 (8)
2009年8月 (5)
2009年7月 (7)
2009年6月 (5)

第245回 ちょっとした試み

全国的に大流行中のインフルエンザにかかり、

最近まで寝込んでいたのは私です。どうもGOです!

今年の冬は各地で記録的な大雪に見舞われるなど、とても寒いですね。

本州最南端の串本もたいがい寒いです。

串本の海中も寒いらしく、

海岸に行くと低水温により凍死してしまった死滅回遊魚たちが

大量に波打ち際に打ちあがっていて、悲しい気持ちになる今日この頃です。

 

さて、最近ちょっとした試みをしています。

以前からちょこちょこと集めて、予備水槽で育てていたマアジ君たちで、

トンネル水槽入ってすぐ左のスぺ-スにイワシトルネ-ドならぬ

プチアジトルネ-ドを作れないかという試みです。

diary245 4.JPG

 

トンネル水槽の場合、これが割と難しいんですよ。

広いトンネル水槽において、入ってすぐ左のスぺ-スだけにアジを泳がすのが難しい。

しかも、このマアジ君たちはまだ小型なので、ロウニンアジやブリなどの

大型肉食魚に見つかるとたちまち餌になる可能性がある。

diary245 1.JPG

 

マアジ君たちを飼育している予備水槽は、トンネル水槽と柵一枚挟んで繋がっています。

魚はエサが良くもらえる場所を覚えるので、予備水槽と柵一枚で繋がっている場所周辺を中心に餌付けすれば、

ある程度狙った場所に居つくのではないか?

と思って毎日同じ場所にアミエビを撒きました。

diary245 2.jpg

そして、肉食魚たちの食欲が収まっているタイミングでマアジ君たちを少しずつ

予備水槽からトンネル水槽に移動させました。

すると予想通り、予備水槽周辺のスぺ-スで群れてくれました。

ロウニンアジやブリなどの大型肉食魚は警戒心が強く、飼育員が行き来する

予備水槽周辺にはあまり近づかないので、マアジ君たちも襲われることなく、

いい感じです。

 

diary245 3.jpg

 

この調子で続けていけば迫力のあるアジトルネードが

できあがるかもしれません。

 

by GO

このページのTOPへ