海と水族館を丸ごと楽しめる複合施設串本海中公園

中国語 English 年中無休!営業時間 9:00-16:30

スタッフブログ【さびうらびより】2010年12月一覧

串本の様子や様々な串本の生き物たちを、
スタッフが交代でご紹介します。

最新記事
第86回 2010年最後の日
第85回 孫アカ3匹の名前決定
第84回 珍魚入館
第83回 こんな癒しも!
第82回 光の癒し
カテゴリ
Go (17)
くろすけ♀ (36)
くろちゃん (3)
こて (18)
しまっち (25)
そらすずめ (9)
とーる (40)
ひらりん (1)
ひろぽん (6)
ひーちゃん (12)
ゆーみん (18)
クチヒゲノムラガニ (1)
ハムいち (32)
ブログ更新 (221)
マンジュウイシ (1)
海人 (6)
月別アーカイブ
2017年3月 (1)
2017年2月 (2)
2017年1月 (2)
2016年12月 (2)
2016年10月 (1)
2016年8月 (2)
2016年7月 (1)
2016年5月 (1)
2016年4月 (1)
2016年3月 (1)
2016年2月 (1)
2016年1月 (1)
2015年12月 (2)
2015年6月 (1)
2015年5月 (1)
2015年4月 (1)
2015年3月 (1)
2015年1月 (1)
2014年12月 (2)
2014年10月 (1)
2014年9月 (1)
2014年8月 (1)
2014年6月 (1)
2014年5月 (1)
2014年4月 (1)
2014年3月 (1)
2014年2月 (2)
2014年1月 (1)
2013年12月 (2)
2013年10月 (2)
2013年9月 (1)
2013年8月 (1)
2013年7月 (3)
2013年6月 (2)
2013年5月 (3)
2013年4月 (2)
2013年3月 (1)
2013年2月 (2)
2013年1月 (3)
2012年12月 (5)
2012年11月 (2)
2012年10月 (3)
2012年9月 (4)
2012年8月 (3)
2012年7月 (4)
2012年6月 (4)
2012年5月 (2)
2012年4月 (2)
2012年3月 (2)
2012年2月 (3)
2012年1月 (3)
2011年12月 (5)
2011年11月 (4)
2011年10月 (3)
2011年9月 (3)
2011年8月 (2)
2011年7月 (3)
2011年6月 (5)
2011年5月 (5)
2011年4月 (4)
2011年3月 (3)
2011年2月 (5)
2011年1月 (4)
2010年12月 (5)
2010年11月 (4)
2010年10月 (4)
2010年9月 (2)
2010年8月 (3)
2010年7月 (6)
2010年6月 (4)
2010年5月 (5)
2010年4月 (4)
2010年3月 (3)
2010年2月 (3)
2010年1月 (4)
2009年12月 (4)
2009年11月 (6)
2009年10月 (4)
2009年9月 (8)
2009年8月 (5)
2009年7月 (7)
2009年6月 (5)

第86回 2010年最後の日


昨夜、1amまで年賀状を書いていて、ちょっと寝不足気味のくろすけ♀です。
自慢じゃないですが、「年賀状は、25日までに出しましょう」をいまだかつて
守った記憶がございません。ええ、自慢じゃありません。

今年も残すところ5時間あまりとなりました。
そこで、2010年最後の日の水族館の生きものたちより一言。


ドロメさん


期待の新人、センネンダイさん


この道一筋、勤続20年クエさん


さい銭箱が気になる、2011年の干支ウミウサギさん

みなさん、よいお年を!

by くろすけ♀

第85回 孫アカ3匹の名前決定


今年の夏に生まれた3匹の世界初孫世代アカウミガメの名前が決定しました。

3匹のユニット名は「くしもトリオ」です。
兵庫県の久米桃代ちゃん(6才)が応募してくれた名前です。
ありがとうございました。


因みに3匹それぞれの名前も「くしもトリオ」から、
くーちゃん
しーちゃん
もーちゃん
と、考えてくれましたのでそのまま採用させていただきました。
ただ、それぞれの名前を正式に付けるのは、
もうちょっと大きくなってからにしたいと思います。
なぜなら、見分けが付かないから!

一応私は毎日世話をしているためそれぞれ分かるので、
3匹の特徴をお教えします。


くーちゃん
3匹の中で一番大きいです。


しーちゃん
2番目に大きい。
他の2匹と比べ、甲幅が大きめなので甲羅全体が丸っこい


もーちゃん
3匹の中で一番小さい。
背甲の椎甲板(甲羅の真ん中の列の鱗板)の枚数が
通常より多い(通常は5枚だが、6枚ある)ためわかりやすい。


どうでしょう。わかりましたか?



by とーる

第84回 珍魚入館


 水族館では200種1500尾ほどの魚を飼育しています。この中には飼育係が自分で採集している魚もありますが、特に大きな魚の場合、自分で集めるのは難しいので、地元の漁師さんに頼ることが多くなります。
 さて、串本町田原で定置網漁を行っている清稔丸さんの網で珍しい魚が続けて混獲されて、水族館に運ばれてきましたので紹介します。

 最初の魚はゴマフエダイです。↓


琉球列島以南に多く生息する大型のフエダイ科魚類で、今回獲れたものは全長59cmもありました。体はメタリックに輝く鈍いピンク色で、名前の由来となる黒点が各ウロコに1つずつついています。ゴマフエダイの小さな個体は近くの川の河口で普通に見ることができますが、このように大きなものが見られることは非常に珍しいことと思われます。水族館入り口近くの「岩礁の魚」水槽で元気に泳いでいます。

 もうひとつの魚はイセゴイです。↓


日本では西表島に多く見られるイセゴイ科魚類で全長52cmでした。マイナーであまり知られていない魚ですが、この仲間でカリブ海に生息する「ターポン」は全長2m、体重100kg以上になり、ゲームフィッシュで人気の高い魚です。硬骨魚類の中では最も原始的なグループのカライワシ目に属しており、海水魚としては珍しい古代魚の風格を持っています。このイセゴイは「砂場の生きもの」水槽に展示しましたが、獲れたときの状態があまり良くなかったためか、4日目の朝に死亡してしまいました。
 どちらも熱帯域に多く生息する南方系の魚種で、当地で大きな個体が捕獲されたのは初めてです。近年、串本でも海水温が高くなり、特に冬の水温があまり下がらなくなったことで、南の海からやってきた南方系の魚が冬の海で何とか生き延びて大きくなることが多くなっています。この2尾も数年間串本の海で育ってきたのでしょう。なお、残念ながらイセゴイは死んでしまいましたが、串本初記録の標本として大事に保存されることになりました。

by こて

第83回 こんな癒しも!


前回に続き、癒しグッズを紹介です。
先日、売店スタッフが事務所にプリンを持って来ました。
↓↓↓



そう、食べられません。
でもこのプリン、スゴいんです!

しっとり なめらか。
とろ~んとした感触がクセになりそう(^▽^)

手に取ると、こんな感じです。



しばらくプニョプニョもんでいるとリラックスできる!?

実はコレ
脳科学実験で癒し効果を実証済みなのです!
日○テレビの「スッキリ!!」で紹介されたので、ご存知の方も多いかもしれませんね。
私は今回初めて知りました。

売店スタッフは日夜楽しいアイテムを探索してます。
このプニョプニョプリンも売店にて好評販売中。
このとろけるような感触で、触って癒されるのもいいかもしれませんね。

by ゆ~みん

第82回 光の癒し


水族館では特別企画「癒しの海へようこそ」が開催中です。
「海」で感じられる癒しがテーマのこの企画。
皆さんは海のどんなトコロに癒しを感じるのでしょうか。

ステラマリスでガイドをしている私が「海」で一番癒されるのは、
透明度が抜群に高い冬の海の中、太陽の光が海底にゆらゆら波の模様を描いている風景に出遭った瞬間です。
差込む光がキラキラして、思わず「贅沢だなぁ~」と見惚れてしまいます。
ただ残念ながら、最高に贅沢なこの瞬間をカメラに収めるのはなかなかムズカシイ・・・
お気に入りの一枚が撮れたら紹介しますね。

ところで・・・先日、水族館の売店を何気に見ていた時のコト。
新しく入荷したアイテムに、思いもかけず癒されちゃいました。
癒しを売りにしている商品ではなかったので
自分でもびっくり!
7色のイルミネーションがほんわか変化してキレイですよ~。
クリスマスにぴったりです(^_^)

教会のステンドグラスや、万華鏡にも癒し効果があるのだとか。
そんな感覚に似ているのかもしれないな~と思いつつ
しばらく見惚れていたのでした。



by ゆ~みん
このページのTOPへ