海と水族館を丸ごと楽しめる複合施設串本海中公園

中国語 English 年中無休!営業時間 9:00-16:30

スタッフブログ【さびうらびより】2013年01月一覧

串本の様子や様々な串本の生き物たちを、
スタッフが交代でご紹介します。

最新記事
第172回 久しぶり!の新着魚
第171回 寒い朝
第170回 2013年元旦
カテゴリ
Go (17)
くろすけ♀ (36)
くろちゃん (3)
こて (18)
しまっち (25)
そらすずめ (9)
とーる (40)
ひらりん (1)
ひろぽん (6)
ひーちゃん (12)
ゆーみん (18)
クチヒゲノムラガニ (1)
ハムいち (32)
ブログ更新 (221)
マンジュウイシ (1)
海人 (6)
月別アーカイブ
2017年3月 (1)
2017年2月 (2)
2017年1月 (2)
2016年12月 (2)
2016年10月 (1)
2016年8月 (2)
2016年7月 (1)
2016年5月 (1)
2016年4月 (1)
2016年3月 (1)
2016年2月 (1)
2016年1月 (1)
2015年12月 (2)
2015年6月 (1)
2015年5月 (1)
2015年4月 (1)
2015年3月 (1)
2015年1月 (1)
2014年12月 (2)
2014年10月 (1)
2014年9月 (1)
2014年8月 (1)
2014年6月 (1)
2014年5月 (1)
2014年4月 (1)
2014年3月 (1)
2014年2月 (2)
2014年1月 (1)
2013年12月 (2)
2013年10月 (2)
2013年9月 (1)
2013年8月 (1)
2013年7月 (3)
2013年6月 (2)
2013年5月 (3)
2013年4月 (2)
2013年3月 (1)
2013年2月 (2)
2013年1月 (3)
2012年12月 (5)
2012年11月 (2)
2012年10月 (3)
2012年9月 (4)
2012年8月 (3)
2012年7月 (4)
2012年6月 (4)
2012年5月 (2)
2012年4月 (2)
2012年3月 (2)
2012年2月 (3)
2012年1月 (3)
2011年12月 (5)
2011年11月 (4)
2011年10月 (3)
2011年9月 (3)
2011年8月 (2)
2011年7月 (3)
2011年6月 (5)
2011年5月 (5)
2011年4月 (4)
2011年3月 (3)
2011年2月 (5)
2011年1月 (4)
2010年12月 (5)
2010年11月 (4)
2010年10月 (4)
2010年9月 (2)
2010年8月 (3)
2010年7月 (6)
2010年6月 (4)
2010年5月 (5)
2010年4月 (4)
2010年3月 (3)
2010年2月 (3)
2010年1月 (4)
2009年12月 (4)
2009年11月 (6)
2009年10月 (4)
2009年9月 (8)
2009年8月 (5)
2009年7月 (7)
2009年6月 (5)

第172回 久しぶり!の新着魚

 いつも珍しい魚を釣ってくれる渡船業のAさんから「あれが釣れた」と連絡がありました。Aさんからは去年末にカラスザメ、チカメキントキなど深さ600mから釣り上げた魚を分けてもらっていて、「100mくらいで良い魚が釣れるので、釣れたら連絡するよ」と声をかけてもらっていました。
 で、「あれ」とはチョウセンバカマでした。大きさは25cmくらい。深さ120mから釣り上げられたと言うのに、何とも元気そうなので、その日のうちに「砂場の生きもの」水槽で展示を始めました。

diary172_1.JPG
展示中のチョウセンバカマ

 そんなチョウセンバカマですが、漢字にすると「朝鮮袴」。チョウセンバカマが属するチョウセンバカマ科は世界中で1科1属1種しかなく、南日本に広く分布しているものの、珍しい魚だと言われています。当館に生きたままやってくるのも1980年頃以来、とても久しぶりだと元館長のM氏より聞くことができました。

 その姿はカワビシャ科のテングダイやイサキ科のヒゲダイなどに似ています。背ビレのトゲ、とくに3番目が長いのが特徴なので、別名の「トゲナガイサキ」と呼ばれることもあるそうです。食用になり、けっこう美味しいと書いてある記述も読みましたが、珍しい魚なので上手く飼育していきたいと思っています。

diary172_2.JPG
テングダイ
 
diary172_3.JPG
ヒゲダイ
 
 
by こて

第171回 寒い朝

気がついたら今年が半月近く過ぎてるじゃないですか。
ぼやぼやしてると次気がついた頃には半年、そして1年と経ってる気がする、くろすけ♀です。

年末から今年にかけて、とーる氏のブログにもあったように(コチラ)水族館の命ともいえる
取水ポンプ(外の海の水をくむポンプ)の調子が悪くてなんかあたふたしてるんですけど、
追い打ちをかけるように、昨日ボイラーが壊れました!

ま、壊れたと言っても部品交換で済むんですが、部品が来るまではボイラー停止。
よって、今水槽の水温は、外の海水温並に下がっております。

と、書くとじゃあ、生き物はどうなるの!?とご心配いただいている皆さん。
とりあえずは、大丈夫です。気合いで乗り切ります!

というのは冗談ですが、うちの生きものたちは、すべてこの辺の海にすんでる生きものたちなので、
外の海水温と同じになったところですぐに死ぬわけではありません。
幸い、ここ数日水温が暖かめで今朝も17.5℃ありました。
これが2月後半や3月前半の一番寒い時期の水温15℃や14℃になったらちょっとしんどいけど。

じゃあ、ボイラーいらんやん!と思われる方もおられるかもしれませんが
一応夏のホットな時期限定で串本で見られる魚や、熱帯系で寒いところ苦手なんだぜ的な、
わがままなデリケートな生きものたちもいるので、やっぱりボイラーは必要なんです。

で、やっぱりそういう寒がりな生きものたちは、今朝は機嫌を損ねていつものように出てきてくれません。

diary171_3.jpg
なんで今日は寒いのと口をとがらす、コクテンフグ

diary171_4.jpg
完全にやる気をなくしている、クロホシマンジュウダイ

diary171_6.jpg
いつもの行列も今朝は短め(詳しくはコチラ

ということで、早く直らないかな~と思っていたら、さっき「ボイラーなおったで!」との声が。
よかった、よかった。
これで魚たちも機嫌をなおしてくれることでしょう。

しかし、今年2013年もいろいろありそうです・・・

by くろすけ♀

第170回 2013年元旦

 

170-2.jpg
皆さんあけましておめでとう御座います。
2013年も串本海中公園をよろしくお願い致します。
 
串本海中公園は年中無休、年末年始も開館しておりますので皆さんぜひお越し下さい。
我々は大晦日だろうが元旦だろうが、お仕事三昧の素晴らしい日々です。
さらに今日の夜は宿直当番なので、元旦の夜をVip専用スイートルーム(宿直室)で一人で過ごすという特別待遇。しかも、最近はポンプの調子が悪いので深夜に警報が鳴り響くというサプライズ付きです。
まあ、年越しを宿直室で過ごしたGO君に比べればまだましかもしれませんが・・・
 
さてお正月と言うことで、ただ今トピックス水槽がお正月バージョンとなっています。
2013年は巳年なので串本で代表的なウミヘビ「ゴイシウミヘビ」を展示しています。
ウミヘビというと皆さん恐いイメージがあると思いますがご安心を。
このゴイシウミヘビは、ウミヘビと言ってもは虫類のヘビでは無く、ウツボやアナゴなんかと同じ魚の仲間になります。ですから、毒牙はありませんし呼吸も魚らしくエラ呼吸です。
そして、この子の目を見て下さい。170-1.jpg
くりっとしたとても可愛らしい目をしていると思いませんか?
 
水槽内にはお正月らしく門松の飾り付け。この門松は毎年私が作っています。
最近ゴイシウミヘビが一匹この門松の中に頭を突っ込んだままになっています。
気に入ってくれたのは嬉しいのですが、心配になってくるので出てくれないかなぁ・・・
170-3.jpg
皆さんのお越しを是非お待ちしております。
 
by とーる
このページのTOPへ