海と水族館を丸ごと楽しめる複合施設串本海中公園

中国語 English 年中無休!営業時間 9:00-16:30

スタッフブログ【さびうらびより】2011年03月一覧

串本の様子や様々な串本の生き物たちを、
スタッフが交代でご紹介します。

最新記事
第98回 ラブクラッシャー
第97回 かみなりイカ
第96回 その生き物、凶暴につき
カテゴリ
Go (18)
くろすけ♀ (36)
くろちゃん (3)
こて (18)
しまっち (25)
そらすずめ (9)
とーる (41)
ひらりん (1)
ひろぽん (6)
ひーちゃん (12)
ゆーみん (18)
クチヒゲノムラガニ (3)
ハムいち (33)
ブログ更新 (222)
マンジュウイシ (1)
海人 (6)
月別アーカイブ
2017年5月 (2)
2017年4月 (2)
2017年3月 (2)
2017年2月 (2)
2017年1月 (2)
2016年12月 (2)
2016年10月 (1)
2016年8月 (2)
2016年7月 (1)
2016年5月 (1)
2016年4月 (1)
2016年3月 (1)
2016年2月 (1)
2016年1月 (1)
2015年12月 (1)
2015年6月 (1)
2015年5月 (1)
2015年4月 (1)
2015年3月 (1)
2015年1月 (1)
2014年12月 (2)
2014年10月 (1)
2014年9月 (1)
2014年8月 (1)
2014年6月 (1)
2014年5月 (1)
2014年4月 (1)
2014年3月 (1)
2014年2月 (2)
2014年1月 (1)
2013年12月 (2)
2013年10月 (2)
2013年9月 (1)
2013年8月 (1)
2013年7月 (3)
2013年6月 (2)
2013年5月 (3)
2013年4月 (2)
2013年3月 (1)
2013年2月 (2)
2013年1月 (3)
2012年12月 (5)
2012年11月 (2)
2012年10月 (3)
2012年9月 (4)
2012年8月 (3)
2012年7月 (4)
2012年6月 (4)
2012年5月 (2)
2012年4月 (2)
2012年3月 (2)
2012年2月 (3)
2012年1月 (3)
2011年12月 (5)
2011年11月 (4)
2011年10月 (3)
2011年9月 (3)
2011年8月 (2)
2011年7月 (3)
2011年6月 (5)
2011年5月 (5)
2011年4月 (4)
2011年3月 (3)
2011年2月 (5)
2011年1月 (4)
2010年12月 (5)
2010年11月 (4)
2010年10月 (4)
2010年9月 (2)
2010年8月 (3)
2010年7月 (6)
2010年6月 (4)
2010年5月 (5)
2010年4月 (4)
2010年3月 (3)
2010年2月 (3)
2010年1月 (4)
2009年12月 (4)
2009年11月 (6)
2009年10月 (4)
2009年9月 (8)
2009年8月 (5)
2009年7月 (7)
2009年6月 (5)

第98回 ラブクラッシャー


3月21日から館内のウミガメプールにて
アオウミガメの交尾が見られました。
ちょうど今ぐらいの季節がウミガメの交尾の時期で
6月頃から産卵が始まります。

当館では1年置きにアオウミガメの産卵が行われ
今年がちょうどその年にあたります。
きっと今年の秋には
かわいいアオウミガメの赤ちゃんが見られることでしょう。


ウミガメの交尾は人g・・・
もとい、他の動物と違ってとても長く
ウミガメ博士によると長いものでは2週間かけて
じっくりと行われるそうです。
わ~お。
その間、オスはメスにしがみつきっぱなし。
メスはオスを乗っけたままで移動したり
エサを食べたりしてるみたいです。
わ~お。




そんなアオウミガメの交尾シーンを覗き・・・
もとい、水中で撮影するためにウミガメ担当とーる氏が
カメラを持って入っていきました。
しかし、思ったように写真を撮れず一回引き返した時
それは起こりました。






バシャバシャバシャッ








交尾をやめ離れるオスとメス。
方々に泳ぎ去っていきました。







2匹の愛はラブクラッシャーとーる氏によって
引き裂かれてしまったのです。
残念がるとーる氏。
でも何より残念だったのは
あの2匹だったのだと私は強く思います。



でも6月には
この2匹の愛の結晶が砂の中に産み落とされることでしょう。
邪魔されようとも困難にぶつかろうとも
それを乗り越え、強く輝く愛の結晶が・・・・。



2007年に撮影された写真

by ハムいち

第97回 かみなりイカ


水族館の長い物水槽にカミナリイカが仲間入りしました。



振り袖のようなヒレをヒラヒラさせながら泳いでいる時は、青いラインがくっきりと
浮かび上がりとても綺麗です。
海底でいる時は指先?をからませながら腕を目一杯突き出すような
感じで、横たわり
餌を捕るときはまず体を白く変色させ口元を隠すような感じで食べてます。
なかなか見ててあきませんよ。


こちらでは、紋甲イカ、もしくは背中の模様から
濃厚な墨を持つことから墨イカとも呼ばれるそうです。
身は厚みがあって甘くて天ぷらがおいしいらしいですよ。

by ひーちゃん

第96回 その生き物、凶暴につき


水族館の裏をふらふら歩いていたら・・・
何やら視線を感じます。

そんな時天井を見ると、お化けがコチラを見ている!
という話を聞いたので、下を向いて歩いていたら
粋な格好をした、いなせなお兄さんがこちらを見つめているのに気がつきました。


ニシキな兄い(ニシキエビ)



その目力に惹かれてふらふらと寄っていったらば、
まあまあと手を取られ



引きずり込まれそうに!


かなりの力です。いててて

ニシキな兄いは、世界でも最大になるイセエビの仲間で、うちの水族館にも体長60cm、重さ4kg(推定)のヘビー級が!もちろん、串本の海にもすんでいる。


ヘビー級な兄いの抜け殻。


その強力なアゴは、固い貝の殻もかみ砕く!

あやうく私の白魚のような指が、餌になるところでした。
明日はキビナゴ、いっぱいあげるからね。

by くろすけ♀
このページのTOPへ