海と水族館を丸ごと楽しめる複合施設串本海中公園

中国語 English 年中無休!営業時間 9:00-16:30
HOMEイベント&新着情報お知らせ一覧

イベント&新着情報お知らせ一覧

毎日イベント盛りだくさん!
新着情報もお見逃しなく。

最新記事
アルゴス放流 第2弾スタート!
定期刊行物『マリンパビリオン』最新号up!
《展示デビュー!!》0才のアカウミガメ
今年初のサンゴの一斉産卵!(7/13夜)
定期刊行物『マリンパビリオン』特別号up!
カテゴリ
お知らせ (18)
ご案内 (7)
イベント (13)
割引クーポン (2)
定期開催フリーイベント (2)
電子チケット (1)
月別アーカイブ
2019年6月 (6)
2019年5月 (1)
2019年4月 (1)
2019年2月 (1)
2018年10月 (1)
2018年7月 (1)
2018年6月 (1)
2018年4月 (2)
2018年2月 (1)
2017年12月 (2)
2017年10月 (1)
2017年4月 (3)
2017年3月 (1)
2017年1月 (1)
2016年2月 (2)
2014年3月 (4)
2013年12月 (1)
2013年4月 (1)
2013年3月 (2)
2013年1月 (2)
2012年10月 (1)
2012年5月 (2)
2012年4月 (1)
2010年12月 (1)

アルゴス放流 第2弾スタート!

argos2_1.jpg

アーケロンプロジェクト『アルゴス放流 第2弾』スタート!
アルゴスシステム(衛星追跡)によってウミガメの移動経路をリアルタイムで観測し、
当水族館で生まれ育ったウミガメの放流後の野生での行動を調査するアルゴス放流

2018年11月の第1弾『2才のアカウミガメ』に続き、
2019年5月、第2弾となる『成体のアカウミガメ~産卵回遊調査』を実施しました。

放流した個体は、1995年に当館で繁殖し、産卵を行うまで飼育したアカウミガメの成体で、
これまでにも当水族館のウミガメプール・人工産卵場で産卵をした経験があります。

交尾期が終わって産卵期に入るこのタイミングに放流することで、
野生でも産卵を行うかどうか、するのであればどこで産卵するのか、
さらに、産卵期以降の動向は野生個体と同様なのかを調査することが目的です。


icon_tsubaki.jpg アルゴス放流第2弾のアカウミガメ『つばき
性別:メス(産卵経験あり)
生まれ:1995年9月ごろ(23才)水族館の人工産卵場
体重:105kg/甲長:85cm
串本町のシンボル木にちなんで「つばき」を名付けられました。
やんちゃな性格で、ウミガメプールから脱走したことも。


icon_argoslog.jpg 『アルゴス情報 ARGOS-LOG』
アルゴスシステムによるウミガメからの受信情報を、
ブログ形式で掲載しており、随時更新中です。
まとめや解説、目的などもぜひご参照ください。
LINK:『ARGOS LOG』




▼初めての海に怖じけることなく、つばきは串本の海へまっすぐ飛び出しました。

argos2_2.jpg argos2_4.jpg
▼放流イベントでは子ガメの放流も実施し、ふばきを含めたふれあい体験も。

argos5.jpg argos3.jpg

水族館内の特別展ではパネル展示でさらに詳しく解説中です!ぜひご来場ください。
特設ページ:《 アーケロンプロジェクト - 串本海中公園
参考ページ:《 NPO法人 日本ウミガメ協議会 - 人工衛星による追跡調査


定期刊行物『マリンパビリオン』最新号up!

定期刊行物『マリンパビリオン』最新号をアップしました。こちらからご覧いただけます。

《展示デビュー!!》0才のアカウミガメ

banner_debut18.jpg

9月10日に人工産卵場でうまれた、アカウミガメの赤ちゃんたち。
バックヤードでの飼育期間を経て、元気に水族館内展示デビュー!
館内Bゾーン・子ガメ水槽にて展示中です。

すぐ隣のウミガメプールでは、100kgを超える大ウミガメが暮らしています。
ちっちゃな0才のウミガメとの大きさや体つきの違いをぜひご観察ください。

毎日12:30から開催のタッチング体験では、1才以上の子ガメたちが登場します。
こちらでもぜひ、見比べて頂きながら、ウミガメとのふれあいをお楽しみください。
※0才のウミガメのタッチング体験デビューはもうすこし先となります。


akachan1809101.jpg ◆スタッフブログ『第255回 アカウミガメの誕生』
http://www.kushimoto.co.jp/staffblog/2018/09/255.php

↑↑こちらのスタッフブログ記事では、
今回デビューしたアカウミガメたちの誕生の様子を紹介しております。
人工産卵場の砂場から脱出する貴重な動画も公開中です!



▼展示デビューしたばかりのかわいいアカウミガメたち♪
181007kogame1.jpg
▼体も甲羅もやわらかく、タッチングデビューもまだまだ先です。
181007kogame2.jpg 181007kogame4.jpg


logo_ikoyo.jpg 子どもとお出かけ情報「いこーよ」』で当園情報公開中!
「行きたい!」「口コミ」「思い出」ぜひぜひお願い致します!
当園情報ページ⇒http://iko-yo.net/facilities/1142

今年初のサンゴの一斉産卵!(7/13夜)

今年初の一斉産卵!
2018年7月13日の夜、サンゴの一斉産卵がありました。
産卵したのはグラスボート乗り場に群生しているスギノキミドリイシで、
例年より1ヶ月ほど遅い初産卵となります。
昨冬の低水温に伴い、グラスボート乗り場のサンゴ群集は大きな被害を受け、
今年の産卵も危ぶまれておりましたが...生き残った群体がなんとか頑張ってくれました!


sango18sanran4.jpg

スギノキミドリイシ(枝サンゴ)
スギノキミドリイシは元来、より南方の暖かい海のサンゴです。
1992年以降の冬季海水温の上昇により、串本でもその生育が目立つようになりました。現在では、グラスボート乗り場がある港内に約50m四方にわたる大群落を形成しており、海中観光船ステラマリスでは海中観察ポイントとして「美しいサンゴの森」を皆さまにご紹介しております。
産卵ではバンドル(卵と精子の入ったカプセル)を一斉に放出します。



▼今年初のサンゴの一斉産卵!


▼白化が見られるサンゴたち、がんばってくれました!
sango18sanran1.jpg
▼放たれたバンドルが雪のように海中を舞います。
sango18sanran2.jpg sango18sabrab3.jpg
▼ステラマリスでの海中観察、3Dシアターでの産卵映像もお楽しみください♪
sango2017sanran6.jpg sango2017sanran5.jpg


▼2018年のサンゴの一斉産卵シーンをYoutubeで公開中です!
串本海中公園 サンゴの一斉産卵2018 Coral Spawning pt.1
串本海中公園 サンゴの一斉産卵2018 Coral Spawning pt.2

▼2017年の一斉産卵シーンはこちらをどうぞ!
串本海中公園 サンゴの一斉産卵2017 Coral Spawning pt.1
串本海中公園 サンゴの一斉産卵2017 Coral Spawning pt.2
串本海中公園 サンゴの一斉産卵2017 Coral Spawning pt.3

logo_ikoyo.jpg 子どもとお出かけ情報「いこーよ」』で当園情報公開中!
「行きたい!」「口コミ」「思い出」ぜひぜひお願い致します!
当園情報ページ⇒http://iko-yo.net/facilities/1142

定期刊行物『マリンパビリオン』特別号up!

定期刊行物『マリンパビリオン』特別号をアップしました。こちらからご覧いただけます。

このページのTOPへ