海と水族館を丸ごと楽しめる複合施設串本海中公園

お問い合わせ 中国語 English 年中無休!営業時間 9:00-16:30
HOMEイベント&新着情報研究と発表一覧

イベント&新着情報研究と発表一覧

毎日イベント盛りだくさん!
新着情報もお見逃しなく。

最新記事
「串本町から得られたヨミノハゼ稚魚の記録」論文公開について
「串本町から得られた北限記録のヤツトゲテンジクダイ」論文発表
「串本町から得られた北限記録のドクウツボ」の論文発表
稀種「ケムシヒトデ」紀伊半島から47年ぶりに再発見!
[論文掲載]標本に基づく記録としては国内から2例目となるヒトデ2種を発見!
カテゴリ
OPINION (2)
お知らせ (85)
ご案内 (84)
イベント (61)
リニューアル情報 (1)
レストラン (10)
共通入場券 (1)
割引クーポン (1)
売店 (4)
特別展 (3)
県民割 (1)
研究と発表 (8)
電子チケット (1)
月別アーカイブ
2024年5月 (13)
2024年4月 (4)
2024年3月 (3)
2024年2月 (7)
2024年1月 (10)
2023年12月 (7)
2023年11月 (6)
2023年10月 (3)
2023年9月 (4)
2023年8月 (8)
2023年7月 (5)
2023年6月 (5)
2023年5月 (3)
2023年4月 (8)
2023年3月 (5)
2023年2月 (7)
2023年1月 (4)
2022年12月 (5)
2022年11月 (4)
2022年10月 (5)
2022年9月 (1)
2022年8月 (3)
2022年7月 (4)
2022年6月 (2)
2022年5月 (2)
2022年4月 (1)
2022年1月 (1)
2021年10月 (1)
2021年8月 (2)
2021年7月 (1)
2021年3月 (2)
2020年11月 (1)
2020年10月 (1)
2020年9月 (1)
2020年7月 (3)
2020年5月 (1)
2020年3月 (2)
2020年2月 (1)
2020年1月 (1)
2019年8月 (1)
2019年7月 (1)
2019年4月 (1)
2019年2月 (1)
2018年4月 (2)
2018年2月 (1)
2017年12月 (1)
2017年10月 (1)
2017年4月 (2)
2014年3月 (2)
2013年12月 (1)
2013年4月 (1)
2013年3月 (1)
2013年1月 (1)
2012年10月 (1)
2012年5月 (2)

新種発見『トゲツノミナミロウソクエビ』

Nikoides_subdistalis_pic_00.jpg
▲串本海中公園前に広がる錆浦海岸から新種のエビを発見!!
見つかったのはロウソクエビ科ミナミロウソクエビ属の新種「トゲツノミナミロウソクエビ Nikoides subdistails」で、この度、千葉県立中央博物館の駒井智幸動物学研究科長によって記載された論文が動物分類学分野の国際学術誌「Zootaxa」より2021年10月20日付けで公表されました。

串本海中公園センター水族館では、
論文の公表に合わせて「トゲツノミナミロウソクエビ」の生体展示を行いました。
(2022年8月16日に展示終了)

より詳しくはプレスリリース資料をご覧ください。

新種 トゲツノミナミロウソクエビ
Nikoides subdistalis
生体展示 串本海中公園センター水族館内 Aゾーン
2021年10月29日(金)~2022年8月16日(水)
プレスリリース Nikoides_subdistalis_プレスリリース資料.pdf


▼ PHOTO

Nikoides_subdistalis_pic_01.jpg
Nikoides_subdistalis_pic_02.jpg Nikoides_subdistalis_pic_03.jpg


logo_ikoyo.jpg 子どもとお出かけ情報「いこーよ」』で当園情報公開中!
「行きたい!」「口コミ」「思い出」ぜひぜひお願い致します!
当園情報ページhttps://iko-yo.net/facilities/1142

[新種のエビ] キイカギテシャコエビ(展示終了)

2010301.jpg
▲2018年の世界初採集に続く、世界で2例目となる個体!

キイカギテシャコエビ(紀伊鈎手蝦蛄蝦・Naushonia kiiensis)。
本種は2018年に串本海中公園前で採集され、千葉県立中央博物館の駒井智幸 動物学研究科長によって今年新種記載されたばかりの非常に珍しいエビで、紀伊半島で最初に発見されたことに因んで「キイガキテシャコエビ」と命名されました。
本種はこれまで新種記載に用いられた1標本しか見つかっていませんでしたが、今回、世界で2例目となる個体を採集することができ、また、2020年10月から2021年4月にかけて当水族館内にて飼育展示を行うことがかないました。

カギテシャコエビ属の一番の特徴は平たい鈎のような鉗脚(ハサミ脚)で、国内からは本種の他に3種類が記録されています。一方、カギテシャコエビの仲間の生態には謎が多く、採集されることすら殆どありません。


▼ PHOTO

2010302.jpg 2010303.jpg


logo_ikoyo.jpg 子どもとお出かけ情報「いこーよ」』で当園情報公開中!
「行きたい!」「口コミ」「思い出」ぜひぜひお願い致します!
当園情報ページhttps://iko-yo.net/facilities/1142

串本町から新種のエビが発見されました

2018年に当館職員が海中公園前で採集したエビを千葉県立中央博物館の駒井智幸 動物学研究科長に精査していただいたところ新種であることが判明しました。

採集されたエビはカギテシャコエビ属Naushoniaの1種で、このたび「キイカギテシャコエビ Naushonia kiiensis」として新種記載された論文が学術誌「Zootaxa」より公表されました。

 

 カギテシャコエビの仲間は平たく鎌のような形をした第一胸脚(ハサミ脚)が特徴で、その多くは沿岸の比較的浅い場所に棲息しています。一方、本属のエビ類は海底に穴を掘って隠れ棲むことから採集されることの稀な非常に珍しいエビ類といえます。

 

本属のエビ類はこれまで世界から15種、国内からは琉球列島から2種、本州沿岸から1種の計3種が記録されていました。キイカギテシャコエビの発見は国内からの4種目の記録であるとともに本州沿岸海域からの2種目の記録となります。

 

【論文情報】

Komai, T. & Hirabayashi, I. 2020. A new species of the laomediid mud shrimp genus Naushonia Kingsley, 1897 (Decapoda: Gebiidea) from Japan. Zootaxa, 4816 (1), 092-100.

 

詳しくはこちらをご覧下さい。

電子チケット このページのTOPへ