海と水族館を丸ごと楽しめる複合施設串本海中公園

中国語 English 年中無休!営業時間 9:00-16:30
HOMEスタッフブログ【さびうらびより】

スタッフブログ【さびうらびより】STAFF BLOG

串本の様子や様々な串本の生き物たちを、
スタッフが交代でご紹介します。

最新記事
第226回 思うようにならない
第225回 海のウサギ
第224回 子ガメタッチングinフィッシングショー大阪
第223回 赤鬼
第222回 2017年元旦
カテゴリ
Go (17)
くろすけ♀ (36)
くろちゃん (3)
こて (18)
しまっち (25)
そらすずめ (9)
とーる (40)
ひらりん (1)
ひろぽん (6)
ひーちゃん (12)
ゆーみん (18)
クチヒゲノムラガニ (1)
ハムいち (32)
ブログ更新 (221)
マンジュウイシ (1)
海人 (6)
月別アーカイブ
2017年3月 (1)
2017年2月 (2)
2017年1月 (2)
2016年12月 (2)
2016年10月 (1)
2016年8月 (2)
2016年7月 (1)
2016年5月 (1)
2016年4月 (1)
2016年3月 (1)
2016年2月 (1)
2016年1月 (1)
2015年12月 (2)
2015年6月 (1)
2015年5月 (1)
2015年4月 (1)
2015年3月 (1)
2015年1月 (1)
2014年12月 (2)
2014年10月 (1)
2014年9月 (1)
2014年8月 (1)
2014年6月 (1)
2014年5月 (1)
2014年4月 (1)
2014年3月 (1)
2014年2月 (2)
2014年1月 (1)
2013年12月 (2)
2013年10月 (2)
2013年9月 (1)
2013年8月 (1)
2013年7月 (3)
2013年6月 (2)
2013年5月 (3)
2013年4月 (2)
2013年3月 (1)
2013年2月 (2)
2013年1月 (3)
2012年12月 (5)
2012年11月 (2)
2012年10月 (3)
2012年9月 (4)
2012年8月 (3)
2012年7月 (4)
2012年6月 (4)
2012年5月 (2)
2012年4月 (2)
2012年3月 (2)
2012年2月 (3)
2012年1月 (3)
2011年12月 (5)
2011年11月 (4)
2011年10月 (3)
2011年9月 (3)
2011年8月 (2)
2011年7月 (3)
2011年6月 (5)
2011年5月 (5)
2011年4月 (4)
2011年3月 (3)
2011年2月 (5)
2011年1月 (4)
2010年12月 (5)
2010年11月 (4)
2010年10月 (4)
2010年9月 (2)
2010年8月 (3)
2010年7月 (6)
2010年6月 (4)
2010年5月 (5)
2010年4月 (4)
2010年3月 (3)
2010年2月 (3)
2010年1月 (4)
2009年12月 (4)
2009年11月 (6)
2009年10月 (4)
2009年9月 (8)
2009年8月 (5)
2009年7月 (7)
2009年6月 (5)

第191回 電気風呂は苦手です

少し前の話になりますが

ある日、こんな魚が水族館にやってきました。

 

191-1.jpg

 

全長30㎝ほどの大きさの何の変哲もないエイ。

むしろ小さくてかわいらしいエイ。

この子の名前は「シビレエイ」と言います。

 

 

名前を言った瞬間に嫌な予感しかしませんね。

はい、その通りです。

こちらのエイは発電器官を持っており

餌を捕まえる時や身を守る時に電気を出すと言われています。

 

とはいうものの

アマゾンなんかで馬を一撃で倒すとかなんとか言われている

デンキウナギなどよりは弱いそうです。

実際に触った人の話を聞くと

「死にはしないから触ってみろ」とのこと。

「おもしろいから触ってみろ」とのこと。

 

 

「死なない」+「おもしろい」=「やるしかない」

「触ってみろ」×「触ってみろ」=「むしろやれ」

 

ってわけで

 

191-2.jpg

 

実際に触ってみました。

 

 

 

 

だいぶリアクションが大きいですが

感じ的には低周波マッサージ器の『強』ってぐらいですね。

いやっ、低周波マッサージ器がどんな感じかよくわかりませんが。

 

ただ「痛いっ」とか「き、気絶しちゃふっ」っていうよりは

ただただビックリします。

電気の流れるタイミングもエイ次第なので

ただただビックリします。

 

ちなみにこの後、動画の撮影者であるGoくんにも触らせていますが

同じようなリアクションでしたので割愛させていただきます。

 

ただいま、トピックス水槽にて展示中です。

展示期間は未定ですが、もしよければ見に来て下さい。

 

 

 

最後に1つ。

普段から上司から落とされる雷に慣れている特別な訓練を受けている我々だから

耐えられる可能性があります。きっとそうです。

よい子の皆はマネしない方がいいよ。

何かあったら危ないよ。

 

 

by ハムいち

第190回 白いアカウミガメのカプルン死亡のお知らせ

白いアカウミガメのカプルンが、11月16日に亡くなりました。
皆様への通知が遅れましたことをお詫び申し上げます。
カプルンは、昨年より体調不良で餌を食べなくなり痩せてきておりました。
一旦は回復し餌も良く食べ体重も増加しましたが、秋頃より再び体調を崩し急激に痩せてしまい、
治療の甲斐無く亡くなりました。
現在、正確な死亡原因は判明しておりませんが、今後解明に努めたいと思います。
当館に来て5年の間、たくさんの皆様に愛していただき心よりお礼申し上げます。
 
190-1.jpg

第189回 珍魚!発見!

 

時はさかのぼり・・・少し前にあった出来事なのですが、僕もびっくりしたので、ぜひ皆様にもご覧いただこうと思いました。
お魚には様々な形、色、とありますが、今回は「ダツ」という魚をご覧いただきたいと思います。
さて「ダツ」とはどういった魚なのか・・・。

画像①
diary189_1.jpg

画像②
diary189_2.jpg

長い体に鋭(するど)く、とがった口と強靭な歯を持っています。英語ではニードルフィッシュといい、刺さります危険です!

エサ切り場にてまな板の上のダツ。さぁさばいてみましょう!なんと!!!!!

画像③
diary189_3.jpg
※少しグロテスクかもかもしれないのでご注意を!

 

 

画像④
diary189_4.jpg

きれいな白身なんですが、ダツの骨の色!青いのです!

ん??まてよ、そういえばさっきの画像②の・・・まさかお気づきの方もいるかもしれません。そうです!歯も青いんです!

画像⑤
diary189_5.jpg

なかなか見る機会の少ない魚ですが、新しい発見がありました。ご協力いただいたスタッフの方ありがとうございました。

ちなみにダツは小魚を狙って高速で泳ぎ回る魚です。夜に海などで泳がれた際水中ライトの光に向かって突進してくることもあるらしく、その際人に刺さって怪我をしたり死亡例などもあるらしく、サメより怖い魚などとも言われたこともあります。大変危険なのでお気をつけ下さいね。

 

by しまっち
 

第188回 会いたかった~!

なにをかくそう
(かくしてもいないけど)
わりと虫が好きです。

子どもの時は昆虫採集が大好きでした。
でも、集めて標本を作ってながめる、とか
飼育にチャレンジする、とか
そんなアカデミックな子どもではありませんでした。
なんとなく珍しい虫を捕るのが楽しい。
ま、そんなゆるい感覚で、虫捕りにいってました。

そんな少年の心を持った私もやがて年頃になり
ゴキブリ気持ち悪い~、クモこわい~なんて悲鳴をあげたときも
ありましたが(あったかな?)
串本に来て、八重山に赴任して、そんでまた串本に戻ってきて
すっかり少年の心を取り戻している自分に気がつきました。

携帯の写真のデータを見ると、虫がけっこう出てきました。
だって、潮岬に住んでいると面白い虫たちにたくさん会えるですよ~。

その中のお気に入りをちょっとだけ紹介します。

が!!決して万人受けするような写真ではありませんので
虫が苦手な方は、ご注意!

ではいきます!

 

 

 

 

 

diary188_2.jpg

まるで、あの有名な「風の谷のナウシカ」に出てきたような蟲!
これを初めて見たとき、心が躍りました!
うれしさのあまり、会社で「王蟲みたいな虫がおった!」って報告したらば
「それはないわ~」ってばかにされてたの、よ~く覚えています。
ええ、覚えています。(2回言った)

で、ついに撮った証拠写真がこれです。
みんな、「おお~、ほんまや~」と納得してくれました。

名前がわからなかったので、ネットで調べるときも、
「ナウシカ 王蟲」などで検索したら、やっぱりおんなじ事を考える人はいるんですね。

出てきました。
その名は
オオヒラタシデムシ
の幼虫でした。

小動物の死体やフンを食べる森のお掃除屋さん、だそうです。
甲虫の仲間で成虫になるとまた全然違う形になるんですが
(写真では、フンコロガシを平べったくしたような形?)
それはまだ実物を見たことがありません。
いつか見てみたいな~

 

で、もう一つは、個人的に
「懐かしいなぁ、キミ!
15年以上は会ってなかったよね。
近くに住んでるって噂は、時々聞いてたんだけどさ~」

みたいな気持ちにさせてくれた虫

 

 

diary188_1.jpg

ワモンゴキブリ

これはもう、八重山に赴任してたころ
よ~く出会いました。
普通のゴキブリよりも大きくて、首(正確に言うと胸部)のところに白っぽい輪紋があるのが特徴です。
心なしか動きものんびりで、この写真を撮るときもじっと動かず、接写で撮らせてもらえました。
こののんびりしたところが、いかにも沖縄っぽくて好きです。

昔は沖縄などにしか住んでいませんでしたが、
最近は暖房の発達で北海道にまでいるそうです。

ちなみにこの写真、会社の従業員トイレで撮りました~!

 

ということで、お楽しみいただけましたでしょうか?

 

diary188_3.jpg

え!?

まあまあ、また次回は美しい生きもののお話などを
ご紹介したいと思います。
たぶん。

 

 

by くろすけ♀

第187回 採集事情④

またまた一ヶ月ぶりの更新になってしまいました。すいません・・・

夏の忙しい合間を縫ってちょこちょこと

「串本の海大水槽」にて展示する魚を採集していました。

海中公園の目の前に広がる磯では夏になると潮だまりに

熱帯性のスズメダイやハギなどの幼魚が多く見られるようになります。

diary187-1.JPG

海中公園の目の前に広がる磯

 

当館ではこうした潮だまりで幼魚のうちにたくさん採集し、

予備水槽である程度の大きさまで成長させてから展示します。

diary187-2.JPG

ちなみに巻き網や二本の網で地道に採集しています。

diary187-3.JPG

採集し予備水槽にて飼育中の魚たち

 

当館では一度採集した魚は幼魚のうちから水槽に馴染ませながら

何年もかけて大切に育てていきます。

串本の海を再現している「串本の海大水槽」は見た目だけではなく、

自然海水の掛け流しのおかげで飼育環境まで

魚たちが生まれ育った串本の海に限りなく近いのです。

だからこそ長生きする生き物が多いのですね。

 

by Go

このページのTOPへ