海と水族館を丸ごと楽しめる複合施設串本海中公園

中国語 English 年中無休!営業時間 9:00-16:30
HOMEスタッフブログ【さびうらびより】

スタッフブログ【さびうらびより】STAFF BLOG

串本の様子や様々な串本の生き物たちを、
スタッフが交代でご紹介します。

最新記事
第300回 ありがとうとおかえり
第299回 ウミガメの産卵はじめました
第298回 とある飼育員の日課
第297回 せっかくですから
第296回 ムラサキハナギンチャクの話
カテゴリ
Go (20)
くろすけ♀ (53)
くろちゃん (3)
こて (18)
さく太郎 (3)
しまっち (25)
そらすずめ (9)
とーる (55)
ひらりん (11)
ひろぽん (6)
ひーちゃん (12)
ゆーみん (18)
クチヒゲノムラガニ (5)
ナツメリ (7)
ハムいち (43)
ブログ更新 (295)
マンジュウイシ (1)
海人 (6)
青ネギ (4)
月別アーカイブ
2020年6月 (2)
2020年5月 (9)
2020年4月 (2)
2020年3月 (2)
2020年2月 (2)
2020年1月 (2)
2019年12月 (2)
2019年11月 (3)
2019年10月 (1)
2019年9月 (2)
2019年8月 (2)
2019年7月 (2)
2019年6月 (3)
2019年5月 (1)
2019年4月 (2)
2019年3月 (2)
2019年2月 (2)
2018年12月 (1)
2018年11月 (2)
2018年10月 (1)
2018年9月 (1)
2018年7月 (2)
2018年6月 (1)
2018年5月 (2)
2018年4月 (2)
2018年3月 (2)
2018年2月 (2)
2018年1月 (2)
2017年12月 (2)
2017年10月 (2)
2017年9月 (1)
2017年8月 (2)
2017年7月 (2)
2017年6月 (2)
2017年5月 (2)
2017年4月 (2)
2017年3月 (2)
2017年2月 (2)
2017年1月 (2)
2016年12月 (2)
2016年10月 (1)
2016年8月 (2)
2016年7月 (1)
2016年5月 (1)
2016年4月 (1)
2016年3月 (1)
2016年2月 (1)
2016年1月 (1)
2015年12月 (1)
2015年6月 (1)
2015年5月 (1)
2015年4月 (1)
2015年3月 (1)
2015年1月 (1)
2014年12月 (2)
2014年10月 (1)
2014年9月 (1)
2014年8月 (1)
2014年6月 (1)
2014年5月 (1)
2014年4月 (1)
2014年3月 (1)
2014年2月 (2)
2014年1月 (1)
2013年12月 (2)
2013年10月 (2)
2013年9月 (1)
2013年8月 (1)
2013年7月 (3)
2013年6月 (2)
2013年5月 (3)
2013年4月 (2)
2013年3月 (1)
2013年2月 (2)
2013年1月 (3)
2012年12月 (5)
2012年11月 (2)
2012年10月 (3)
2012年9月 (4)
2012年8月 (3)
2012年7月 (4)
2012年6月 (4)
2012年5月 (2)
2012年4月 (2)
2012年3月 (2)
2012年2月 (3)
2012年1月 (3)
2011年12月 (5)
2011年11月 (4)
2011年10月 (3)
2011年9月 (3)
2011年8月 (2)
2011年7月 (3)
2011年6月 (5)
2011年5月 (5)
2011年4月 (4)
2011年3月 (3)
2011年2月 (5)
2011年1月 (4)
2010年12月 (5)
2010年11月 (4)
2010年10月 (4)
2010年9月 (2)
2010年8月 (3)
2010年7月 (6)
2010年6月 (4)
2010年5月 (5)
2010年4月 (4)
2010年3月 (3)
2010年2月 (3)
2010年1月 (4)
2009年12月 (4)
2009年11月 (6)
2009年10月 (4)
2009年9月 (8)
2009年8月 (5)
2009年7月 (7)
2009年6月 (5)

第280回 海の強者?

海中展望塔の小窓から海を眺めていると今日もサカナたちがたくさん寄って来てくれています。

水温が下がったためか透視度もよく、遠くまで見通せました。一方で寒くてもサカナたちは元気よく海中を泳ぎまわっています。

常連のメジナやソラスズメダイをはじめ、他にベラ、ブダイ、ニザイダイと賑やかな海中風景が広がっています。

 

 

そんな中から一枚、岩場にワカウツボが一匹かくれています。お分かりになるでしょうか?

隠れウツボ.jpg

 

 

 

 

正解はこちらになります。

ウツボ全体.jpg

 

この子の写真を撮っているわずかな間に

そのそばをウツボが二匹通り過ぎていきました。

もしかしたら、この岩礁はウツボに人気があるのかもしれません?

 

 

しかしながら今回の観察で一番気になったのは、ウツボではなくハリセンボン。

海中展望塔周りにはよく2~3匹のハリセンボンが漂っており、水面からも姿が見えます。

そのため存在自体が珍しいというわけではありません。

 

しかし、その中のとある一匹のハリセンボンに目が留まりました。

ハリセンボン遠.jpg

 

 

なんと、このハリセンボン↓にはサカナにとって重要な体の部位がなかったのです。

ハリセンボン近.jpg

 

こちら↓は展望塔にいた正常なハリセンボンになります。

ハリセンボン比較.jpg

写真を比較していただくと…

何と、この個体には尾ビレがないのです!

 

先天的な原因か、後天的な原因かは分かりませんが、通常尾ビレはサカナの遊泳力の主力となる器官です。

そんな大切な器官を失ったのにもかかわらず、ハリセンボンはなぜ生きていけているのでしょうか…

 

実はフグ類の泳ぎの要は背びれと尻ビレであることが多く、

尾ビレを振らずに泳ぐことも多々あり、これはハリセンボンにも当てはまります。

上下のヒレを利用して、ダッシュからホバリングと幅広く、器用に泳ぐことができます。

それでも尾ビレが使えない分、使える個体より残念ながら遊泳能力は劣ってしまうでしょう。

 

またハリセンボンの最大特徴である

怒ると針を立てて膨らむという防御が、彼の危機一髪の状況を何度もくつがえしたのかもしれません。

ハリセンボン上.jpg

これらの能力を巧みに利用し、この過酷自然のなか今日まで生きぬいた彼は

海の強者?なのかもしれません。

彼の物語がこの先も長く続くいていくを祈りたいと思います。

 

by  ナツメリ

第279回 腰巾着

こんにちは、青ネギです

いよいよ11月も終わり明日からは12月。至る所からクリスマスソングが流れ、街はクリスマス一色です

 

さて、皆さんはコバンザメという生き物をご存じでしょうか?

頭に小判みたいなのをのっけたコイツです(分かりづらくてすみません!!)

no279.1

“サメ”と名前が付いていますが実はスズキ目という仲間で全然違うんです。

ややこしい…

名前の由来となっている頭の小判のような吸盤でサメやクジラ、ウミガメなどにくっついて虎の威を借る狐の如く身を守り、エサのおこぼれや寄生虫を食べて暮らしています。

ここ、海中公園のトンネル水槽でも1匹飼育しており、様々な生き物にくっついて泳いでいる姿をご覧頂けます。

no379.2

メジロザメなんかはくっつかれすぎてお腹が黒くなっています。

no279.3

コバンザメはくっついている強い生き物のお陰で敵があまり近寄ってきませんし、おこぼれにあずかれますしとても快適。

しかしくっつかれた側は邪魔でしょうがないんでしょうね

水底のスレスレを泳いだり水槽の壁やガラスに押しつけて外してやろうと躍起になっていると思うのですが、、

no279.4

no279.5

コバンザメの方が一枚上手なようで背中側にスルリと躱し、そのまま器用に泳いでいきました。

no279.6

ただどこの世界にもマヌケがいるようで、自分がくっついた生き物に食べられてしまったコバンザメがいるとかいないとか。

皆さんもコバンザメのように誰かの腰巾着になっていたらガブリと食べられるかも分かりませんのでほどほどに

no279.7

(ウミガメの背中にくっつくコバンザメ)

第278回 イシダイとモヨウフグ

今年も残すところ1ヶ月と半分。

に驚きを隠せない、くろすけ♀です。

この前、お節食べたと思ったのに。

でも考えようによっちゃあ、首を長くして待つまでもなく

またお正月気分が味わえると言うことで!

得した気分!?

 

さて

以前にもこのブログで紹介したイシダイモヨウフグ

今日はこの2匹の関係について

diary248_7.jpg
モヨウフグ(左下)イシダイ(右上)

 

この2匹は、当水族館の玄関入って最初、右側の水槽に入っているのですが

よく見ていると、一緒にいることがよくあります。

 

この写真も前にブログで紹介したものですがdiary249_2.jpg
やはり一緒に写ってます。

 

そして昨日も・・・
diary278_1.jpg

 

仲良しか!

 

どちらかといえば、イシダイの方からくっついていきます。

 

最初見たときは、イシダイがモヨウフグを威嚇

しているのかと思いました。

というのも、当館ではイシダイはわりと悪名高くて

ウミガメの甲羅をかじったり

気が強くて他の魚とけんかしたりと、

飼育員泣かせなこともあったので。

 

けれども、この2匹がけんかしている様子はありません。

たまに、モヨウフグがイシダイをうっとうしがって

いることはあるけども。

 

水槽には、この2匹の他に、そこそこ大きな

マダイやコショウダイもいたりするけど

基本、イシダイはこれらの魚が嫌いみたいで

時に激しく追い払ったりしています。

 

イシダイがなぜモヨウフグを好き(?)なのか

イシダイに聞いてみなければわかりませんが

モヨウフグのお腹に、よくすり寄っているので

あの、たぷたぷしたお腹に何か惹かれるものがあるのかもしれません(笑)

diary278_2.jpg
わかりみが深いw(使ってみたかった)

私も水槽掃除でこの水槽に潜ると、あのお腹は触りたくなります。

 

ちなみにこのイシダイはメスみたいで、

モヨウフグはどっちか分かりません。

 

仲良きことは美しきかな。

これからも平和に、機嫌良く暮らしていってくれることを

願っています。

 

by くろすけ♀

第277回 ツーリズムEXPOジャパン2019に行ってきました

10月24~27日にインテックス大阪で行われたツーリズムEXPOジャパン2019に参加してきました。

ツーリズムEXPOは世界規模の旅行イベントで、毎年東京で行われていましたが

今年はオリンピックの関係で大阪での開催となりました。

277-1.JPG

串本海中公園は、和歌山県串本町のブースでウミガメタッチングを行ってきました。

連れて行ったのは、今年9月に生まれたばかりの0才と去年生まれの1才のアカウミガメです。

さすがにまだ生まれて2か月の赤ちゃんガメは体が小さく負担が大きいので展示のみで、

1才の子ガメでタッチングをしました。

ちなみに、水族館に来ていただければ0才の赤ちゃんガメのタッチングもできます。

(なぜならお客さんが少ないから!)

ウミガメタッチングは大好評でたくさんの方に来ていただけました。

277-2.JPG

 

このイベントは世界規模なので、本当に世界中のブースがあってその規模の大きさに驚きました。

インテックス大阪にはイベントで度々行きますが、

大体1~6号館まである中の1つか2つを使ってイベントを行っています。

それでも結構な規模なのですが、今回のツーリズムEXPOでは1~6号館までの

全てを使っていました。

 

また、近くに白浜アドベンチャーワールドのブースがあったのですが、そこにいたのがこれです。

277-3.JPG

パンダがいました。

もちろん本物ではなく着ぐるみなのですが、何というクオリティ!

質感や下半身の汚れ具合など正に本物かと思うような出来栄え

さらに口も動くし瞬きもしていました。

さすがアドベン

 

あと、我々串本町の正面には忍者がいました。

忍者もウミガメに興味津々でした。

 

by とーる

第276回 ミノカサゴに刺されると人はどうなるのか

さかのぼること3月ほど前。

私の身にとても衝撃的な出来事が起こりました。

 

それは・・・

ミノカサゴに刺されちった。。

 

このてのブログ記事ではだいたい「みんなも注意しようねぇ~テヘペロ」的な軽い感じがお約束な気がしますが、

今回ばかりは真剣に苦しみましたので真剣に書きます。

 

結論から言いますと、

ミノカサゴに刺されるとハチャメチャに痛い。。

 

それでは、私が記録した「ミノカサゴに刺されると人はどうなるのか」をお楽しみください。

(※痛々しい画像が含まれます。。あと、おじさんの汚い手の画像が続きます。。)

7月某日 

8:50頃

展示生物を交換する際、うっかり小さなキリンミノの入った水槽に手を入れてしまい、ほんの少しだけ背鰭の先端が右中指に刺さる。瞬時に「あ、ヤバいやつや」と察し、すぐに40℃以上のお湯に患部を浸す。

 

9:00頃

患部の痛みが増し、お湯に浸しておくのが困難に。「ミノカサゴ 刺された」とネットで検索するもお湯につける以外の対処法は得られず。ただ、おそらく死にはしないだろうという情報は得る(確証はありません)。

ミノ1.JPG

 

9:30頃

右手全体がパンパンに腫れ、刺された中指が汗をかき始める。この頃になると手を動かすのも困難になり、脂汗をかきながら机に座りただただ悶える。痛みを例えるなら5秒おきに大きなペンチで中指周辺を押し潰されているような感じ。

ミノ2.JPG

 

10:30頃

痛みと右手の腫れはピークに。まるで金槌で右手を打ち付けられているような痛みが続く。本気で病院行こうか迷いつつ、気を紛らわそうと意味もなく歩き回る。止まっていると筋肉が痙攣して右手全体が小刻みに震える。

ミノ3.JPG

 

11:30頃

痛みのピークは過ぎるが、依然ズキズキした鈍痛は続く。若干気力も回復し、もう病院に行かなくても大丈夫であることを確信する。

ミノ4.JPG

 

13:00頃

若干の痛みは残るがようやく回復。右手の腫れも少しずつ引き始める。

 

15:00頃

痛みはほぼ無くなる。刺された箇所を押さえると痛む程度に。手の腫れは依然残るがいつも通りの作業も問題なく執り行える。

ミノ5.JPG

 

翌日

刺された箇所を押さえると若干痛むものの、手の腫れも痛みもほぼ完治。

 

翌翌日

何故か刺された右中指のみポロポロと皮が剥ける。腫れも痛みも無し。

 

3週間後

完治。

刺された箇所を押さえても痛みを感じなくなる。

はい。

以上、私がキリンミノに刺されてからの記録となります。

 

あくまで私自身の主観的な記録ですので誰しも同じ症状ではないと思いますが、もし刺された場合には早めに病院へ行くことをお勧めします。

 

ミノ6.JPG

 

ミノカサゴの仲間って綺麗だし優雅だし見ている分には素敵だけど、あの子たち本当は超怖いから、

みんなも注意しようねぇ~テヘペロ。。。

 

by ひらりん

このページのTOPへ