海と水族館を丸ごと楽しめる複合施設串本海中公園

中国語 English 年中無休!営業時間 9:00-16:30
HOMEスタッフブログ【さびうらびより】

スタッフブログ【さびうらびより】STAFF BLOG

串本の様子や様々な串本の生き物たちを、
スタッフが交代でご紹介します。

最新記事
第276回 ミノカサゴに刺されると人はどうなるのか
第275回 痛いからホントにやめて欲しい
第274回 夕暮れと水面観察
第273回 ギリギリまで終わらないタイプです
第272回 台風10号
カテゴリ
Go (20)
くろすけ♀ (48)
くろちゃん (3)
こて (18)
しまっち (25)
そらすずめ (9)
とーる (50)
ひらりん (8)
ひろぽん (6)
ひーちゃん (12)
ゆーみん (18)
クチヒゲノムラガニ (5)
ナツメリ (5)
ハムいち (39)
ブログ更新 (275)
マンジュウイシ (1)
海人 (6)
青ネギ (2)
月別アーカイブ
2019年10月 (1)
2019年9月 (2)
2019年8月 (2)
2019年7月 (2)
2019年6月 (3)
2019年5月 (1)
2019年4月 (2)
2019年3月 (2)
2019年2月 (2)
2018年12月 (1)
2018年11月 (2)
2018年10月 (1)
2018年9月 (1)
2018年7月 (2)
2018年6月 (1)
2018年5月 (2)
2018年4月 (2)
2018年3月 (2)
2018年2月 (2)
2018年1月 (2)
2017年12月 (2)
2017年10月 (2)
2017年9月 (1)
2017年8月 (2)
2017年7月 (2)
2017年6月 (2)
2017年5月 (2)
2017年4月 (2)
2017年3月 (2)
2017年2月 (2)
2017年1月 (2)
2016年12月 (2)
2016年10月 (1)
2016年8月 (2)
2016年7月 (1)
2016年5月 (1)
2016年4月 (1)
2016年3月 (1)
2016年2月 (1)
2016年1月 (1)
2015年12月 (1)
2015年6月 (1)
2015年5月 (1)
2015年4月 (1)
2015年3月 (1)
2015年1月 (1)
2014年12月 (2)
2014年10月 (1)
2014年9月 (1)
2014年8月 (1)
2014年6月 (1)
2014年5月 (1)
2014年4月 (1)
2014年3月 (1)
2014年2月 (2)
2014年1月 (1)
2013年12月 (2)
2013年10月 (2)
2013年9月 (1)
2013年8月 (1)
2013年7月 (3)
2013年6月 (2)
2013年5月 (3)
2013年4月 (2)
2013年3月 (1)
2013年2月 (2)
2013年1月 (3)
2012年12月 (5)
2012年11月 (2)
2012年10月 (3)
2012年9月 (4)
2012年8月 (3)
2012年7月 (4)
2012年6月 (4)
2012年5月 (2)
2012年4月 (2)
2012年3月 (2)
2012年2月 (3)
2012年1月 (3)
2011年12月 (5)
2011年11月 (4)
2011年10月 (3)
2011年9月 (3)
2011年8月 (2)
2011年7月 (3)
2011年6月 (5)
2011年5月 (5)
2011年4月 (4)
2011年3月 (3)
2011年2月 (5)
2011年1月 (4)
2010年12月 (5)
2010年11月 (4)
2010年10月 (4)
2010年9月 (2)
2010年8月 (3)
2010年7月 (6)
2010年6月 (4)
2010年5月 (5)
2010年4月 (4)
2010年3月 (3)
2010年2月 (3)
2010年1月 (4)
2009年12月 (4)
2009年11月 (6)
2009年10月 (4)
2009年9月 (8)
2009年8月 (5)
2009年7月 (7)
2009年6月 (5)

第271回 ウミガメ産卵場監視カメラ

串本近辺では5月下旬から7月下旬までの2か月間はウミガメの産卵期となり、

当館人工産卵場でも毎年ウミガメが産卵しています。

そこで大事なのは、どのウミガメがいつどこで産卵したかという情報です。

これをなるべくしっかりと把握しなければなりません。

ですので、この期間はウミガメ担当である自分が水族館で夜間毎日観察しています。

とは言え、さすがに徹夜で見続けるわけにはいかないので、大体日付が変わるくらいまでチェックし

以降深夜間に行った産卵のチェックは諦めるしかありません。

翌日産卵跡から卵を探し産卵の有無を確認できることもありますが、個体の特定は出来ませんし、

産卵跡がウミガメの足跡で消えてしまうことも多いです。

 

そこで、今年から産卵場に夜間観察用の監視カメラを設置しました。

下の動画は今回監視カメラに記録された産卵の様子の一部です。

アカウミガメが産卵を終えて埋め戻しをしている辺りです。

ちなみに、画面の下のほうにタイマイが見切れていますが、こいつは上陸しても全然産卵しません。

兎に角これで深夜の産卵もチェック出来るようになりました。

とは言え、これでも完ぺきというわけではありません。

何故なら画像からでは個体の識別が非常に難しいのです。

通常足に付けてある標識から個体識別をしていますが、映像では標識を確認することが出来ません。

風貌から個体の識別を試みていますがなかなか難しいです。

来年からは、甲羅に目印でも付けておこうかと思います。

 

また、やってみて意外と面倒なのが映像の確認です。

毎日毎日ほぼ変化のない映像をチェックするのがこんなに苦痛だとは…

あと今後是非試したいのは、監視カメラ映像のリアルタイムでのネット配信です。

ウミガメの産卵の様子を皆さんに生中継!

来年の産卵期には出来るように頑張ってみます。※但し、やる気が続けば

まあ、ほぼ砂場がただ写ってるだけですが…

 

by とーる

第270回 サンゴの産卵観察 in 2019

毎年恒例サンゴの産卵調査の季節がやってきました。

 

この時期になると修行僧のように毎晩海へ向かいます。

今年は5月19日から観察を始めました。

P6050028.JPG

ミスガイのつぶらな瞳に癒やされつつ、産まない産まないと心が荒んでいく中、

7月2日、3日にようやく今年初のスギノキミドリイシの一斉産卵が観察されました。

黒潮の蛇行に伴い、水温の上がり方が緩やかだったこともあってか、例年よりもやや遅めの産卵となりました。

2019_1.JPG

2019_2.JPG

2019_3.JPG

今年は産卵時間も遅く、23時30頃をピークに22時から24時くらいまでだらだらと産卵が続きました。

あんまりだらだらと産卵が長引くため、撮影はあきらめて帰ろうかとも思ったのですが、何とか頑張って撮影しました。

P7030026.JPG

P7030098.JPG

サメハダテナガダコも幻想的な光景に見入っているようでした。

 

因みに本当の今年初産卵はタカクキクメイシ。

6月26日に観察されました。

こちらは派手さこそありませんが一粒一粒のバンドルが大きいので迫力があります。

P6260013.JPG

 

また、以前海水の味について書きましたが、

魚達がまいうーまいうーと食べているサンゴのバンドルは少し苦かったです。

 

この後はクシハダミドリイシ、エンタクミドリイシと続く予定ですので、

引き続き観察を続けます。

 

by ひらりん

第269回 ずっと見てられる

ヒモムシの一種として珍しいヒモムシを展示しています。

 

269-1.jpg

 

2010年にも一度、同じようなヒモムシが地先で採集されており

特徴などがほぼ一緒なので同種で間違いないでしょう。

 

現在展示している個体も非常に体が長く

伸縮するので正確な体長は計測していませんが

3メートル前後といった所でしょうか。

 

現在館内にて展示中なのですが

ただ水槽内にぽつんというのも無粋なので

お手製のヒモムシハウスを設置しております。

ようは狭いところが好きな生物なので

水槽のガラス前面に落ち着くような狭い場所を作ってあげてるだけです。

でもせっかくハウスを設置しているのですがですが

まだ慣れていないのか

はたまたただ単に嫌なのか

なかなかハウスの中でじっとしてくれません。

しばらくするとハウスの裏側に行ってしまうため

なかなか上手く来館者の皆様にお見せできていないのが現状です。

 

そこで今回は

ヒモムシハウスに入っているところを

動画で見ていただこうという記事です。

ビバ!インターネット社会!

とくとご覧あれ。

 

 

 

 

 

 

何かいいですよね。

ウ○トラQのオープニングを彷彿とさせるこの感じ。

むしろ本編に出ていてもおかしくない存在感。

ずっと見てられます。

 

珍妙かつとても可愛いヒモムシ。

毎朝、ハウスに入るように促しているので

朝一番に来ていただいたらハウスにいるとこを見れるかも。見れないかも。

 

269-2.jpg

 

by ハムいち

第268回 海岸でさがして

最近、串本は強い雨風に見舞われています。

もう梅雨入りしているのかと思いきや、近畿はまだで平年より遅く

本番が来る前に、すでにジメジメに苦しめられています

 

そんななか、天気が落ち着いた日に近所の浜

数カ所でビーチコーミングをしました

 

シーグラスやタカラガイなんかが打ち上がっていないかまったりと

 

探索…

 

タカラガイは良いのが見つからなかった代わりに、

IMG_8063 sg .JPG

ナイスなシーグラスがそれなりに落ちていました。

 

IMG_8060 Q .JPG

キレイな石英も落ちていて満足な結果に

 

そろそろ曲げてた腰も痛くなってきたので、帰ろうと数歩あるくと

また足が止まりました

 

謎の人工物…何かの部品か

でもどこかで見た記憶が

IMG_6800 上 .JPG

鉄砲の薬莢!

 

しかも狩猟に使うライフル銃の薬莢よりも圧倒にデカい

しかも結構ボロボロ、歴史的価値があるのでは?

よく見ると刻印が彫られていました

 

図1.jpg

「 L C 4 」

この文字をネットで調べると答えが出てきました

 

L C = Lake City Army Ammunition Plant(レイクシティ陸軍弾薬工場)製

4 = 製造年(2004年?)  みたいです

 

ちなみに大きさは薬莢長99mm、幅20mm でした

この大きさだと戦闘機や艦艇に装備されている機関砲に使用されている規格に近かったです

 

主に対物用として使われるそうです

歴史的価値はなさそうで…残念

 

 

ほんと海岸はいろいろ落ちていて飽きない場所です

是非、皆さんも面白いもの、キレイなものを探してみてください!

 

 

by ナツメリ

第267回 忘れ物にはご用心

みなさんはじめまして。4月から一年間この水族館に携わらせて頂く青ネギと申します。

 

ここ最近暑い日が続きましたね。北海道ではなんと40℃近くの暑さを記録し、話題になりました。

北海道だけでなく全国的に暑い日が続くと予想されていますので、こまめに水分補給をし熱中症にならないようお気を付けください。

異常気象の続くこの日本の未来はどうなってしまうのか、それを嘆くことしかできない私は不安で夜しか眠れないそんな毎日を過ごしております。

 

さて、我々人間は暑くなると頭が回らなくなり思考や判断力も鈍ります。

その影響もあってか最近忘れ物が目に付くようになりました。

 

267th1.jpg

飲み物の忘れ物をちょくちょく見かけます。

これはマグロの餌やりを行う事のできる場所に置き忘れていました。

おそらく餌やりに夢中になって忘れてしまった、といったところでしょうか。

前述したように最近暑い日が続いているので飲み物を忘れてしまうのは非常に痛手です。

ちなみに写真のような糖分の多く含まれている飲料は熱中症予防には不向きですが、炭酸自体は血管を広げ血行を良くし、水分の運びを促進してくれるので効果的みたいです。

 

267th2.jpg

これはUSBケーブルですね。

これを忘れると結構泣きたくなります。出先など特に、、

せっかくモバイルバッテリーを持っていても充電ができない…しかも買い直そうと思ったら地味に値段が高い

きっとこれを忘れた人は目の前も画面も真っ暗になってしまったことでしょう。

 

267th3.jpg

はい、海苔です。スサビノリやアサクサノリなどの食用となる紅藻類の総称です。

これは忘れたのではなく展示として寄贈希望の方が置いていってくれたのだと思います、が、ゴメンナサイ!

水族という点では水族館という場にふさわしくないことはないのですが、この海苔を飼育するにあたっての設備と場所が不足していることに加え、構成している海藻が何であるのか分からないことには展示へ至るのが難しいです。

まずは固定観念にとらわれず何事にもチャレンジしていく、そういった精神と向上心でこの仕事と向き合っていきたいと考えていますが、自分の力不足によってご好意を無下にしてしまいました。大変申し訳ございません。

(※スタッフが美味しく頂きました)

 

 

話はだいぶ逸れましたが、忘れ物は見つけ次第チケット売り場へ届けています。

万が一忘れ物をして心当たりのあった場所にもなかった際はチケット売り場でも確認してみて下さい。

せっかくの楽しいお出かけが忘れ物をしたが故に台無しになってしまった、なんてことにならないよう身の回り品をお確かめの元十分お気を付け下さい。

 

 

by青ネギ

このページのTOPへ