海と水族館を丸ごと楽しめる複合施設串本海中公園

中国語 English 年中無休!営業時間 9:00-16:30
HOMEスタッフブログ【さびうらびより】

スタッフブログ【さびうらびより】STAFF BLOG

串本の様子や様々な串本の生き物たちを、
スタッフが交代でご紹介します。

最新記事
第234回 夏はご用心!
第233回 スギノキミドリイシの一斉産卵
第232回 環水平アーク
第231回 「画家まつお」さんの駅舎アート
第230回 クロマグロについて
カテゴリ
Go (18)
くろすけ♀ (37)
くろちゃん (3)
こて (18)
しまっち (25)
そらすずめ (9)
とーる (42)
ひらりん (2)
ひろぽん (6)
ひーちゃん (12)
ゆーみん (18)
クチヒゲノムラガニ (3)
ハムいち (33)
ブログ更新 (224)
マンジュウイシ (1)
海人 (6)
月別アーカイブ
2017年7月 (1)
2017年6月 (2)
2017年5月 (2)
2017年4月 (2)
2017年3月 (2)
2017年2月 (2)
2017年1月 (2)
2016年12月 (2)
2016年10月 (1)
2016年8月 (2)
2016年7月 (1)
2016年5月 (1)
2016年4月 (1)
2016年3月 (1)
2016年2月 (1)
2016年1月 (1)
2015年12月 (1)
2015年6月 (1)
2015年5月 (1)
2015年4月 (1)
2015年3月 (1)
2015年1月 (1)
2014年12月 (2)
2014年10月 (1)
2014年9月 (1)
2014年8月 (1)
2014年6月 (1)
2014年5月 (1)
2014年4月 (1)
2014年3月 (1)
2014年2月 (2)
2014年1月 (1)
2013年12月 (2)
2013年10月 (2)
2013年9月 (1)
2013年8月 (1)
2013年7月 (3)
2013年6月 (2)
2013年5月 (3)
2013年4月 (2)
2013年3月 (1)
2013年2月 (2)
2013年1月 (3)
2012年12月 (5)
2012年11月 (2)
2012年10月 (3)
2012年9月 (4)
2012年8月 (3)
2012年7月 (4)
2012年6月 (4)
2012年5月 (2)
2012年4月 (2)
2012年3月 (2)
2012年2月 (3)
2012年1月 (3)
2011年12月 (5)
2011年11月 (4)
2011年10月 (3)
2011年9月 (3)
2011年8月 (2)
2011年7月 (3)
2011年6月 (5)
2011年5月 (5)
2011年4月 (4)
2011年3月 (3)
2011年2月 (5)
2011年1月 (4)
2010年12月 (5)
2010年11月 (4)
2010年10月 (4)
2010年9月 (2)
2010年8月 (3)
2010年7月 (6)
2010年6月 (4)
2010年5月 (5)
2010年4月 (4)
2010年3月 (3)
2010年2月 (3)
2010年1月 (4)
2009年12月 (4)
2009年11月 (6)
2009年10月 (4)
2009年9月 (8)
2009年8月 (5)
2009年7月 (7)
2009年6月 (5)

第183回 コーラルロード夏編

dairy183_1.jpg

 

昨日明けたみたいです。
梅雨明けとともに夏全開って感じで
紫外線が肌に食い込む食い込む・・・
 

と言いながらも、梅雨明けに浮かれて
目の前の浜を散歩してみました。

diary183_2.jpg

さびうらの浜、またの名をコーラルロード。

 

浜に降りようとすると、可憐なハマナデシコがお出迎え。

diary183_3.jpg

可憐な割にはタフで丈夫。
さすが「なでしこ」。

でも、花のシーズンはそろそろ終わり。
また、来年ね!と別れを惜しみつつずんずん降りていくと

今キテルお花に出会いました!

diary183_4.jpg

ハマユウ!
南紀を代表する花です。
なんでか、というと
かの有名な万葉集にかの有名な柿ノ本人麻呂さまが詠んだ歌があるからです。

み熊野の浦の浜木綿百重なす 心は思へど直に逢はぬかも 

diary183_5.jpg

熊野の浜のハマユウのように幾重にも恋心を重ねているけど、直接会えないんだよねえ

切ないコイゴコロを歌った歌です。

ただ、私としてはこの花にあまり繊細な恋心は似合わないと思うのですが
(あくまで個人の感想です)
なんて言うか、豪快な感じがするんですよね。
葉っぱなんか、分厚くてぴかぴかつやつや、生き生き。
生命力を感じます。

なので、南紀の海にはぴったりの植物ですけどね。

ハマユウ今見頃です。

コーラルロード夏編
も少し続きます。

 

by くろすけ♀

第182回 ツマリカスベの赤ちゃん誕生

当館では最近ウミガメの産卵ラッシュですが、ツマリカスベの赤ちゃんもぞくぞくと誕生しています。

先日5月24日にトピック水槽にて展示中のツマリカスベの卵から赤ちゃんが一匹孵り、6月27日に2匹が孵りました。

diary182-1.JPGdiary182-2.JPG

 産まれたばかりのツマリカスベ       ツマリカスベの卵

 

エイには卵の形のまま生み出され、体外で発育して孵る「卵生」の種類と母胎内で栄養をつけて

体内から子供の状態で産まれてくる「卵胎生」の種類がいます。

ツマリカスベは卵生なので卵から孵ります。

親のツマリカスベは2013年1月~2月の間に串本町田原港の漁師さんから合わせて7個体を頂き、

そのうち雌3個体が卵をもった状態でした。

diary182-3.jpg

ツマリカスベ

 

入館してから1月5日を皮切りに次々と卵を産んでいきました。

卵はトピック水槽、予備水槽など環境が異なる場所で飼育しています。

diary182-4 .JPG 

トピック水槽で展示中のツマリカスベの卵  

diary182-5.JPG

予備水槽で飼育中のツマリカスベの卵    

 

5月2日に予備水槽で飼育していた卵から2匹が孵りました。

そしてトピック水槽で展示中の卵からも続々と孵化しています。

トピック水槽では卵の中で赤ちゃんがうごめいている様子がわかるような展示になっています。

diary182-6.JPG

現在の成長状態

 

もうすぐ孵化しますよ。

皆さんツマリカスベの赤ちゃんに会いに来て下さいね。

 

by Go

第181回 ウミガメ産卵始めました

今年もウミガメの産卵の季節になりました。
今年はアカウミガメだけでなくアオウミガメ産卵する年なので、夜の人工産卵場はとても賑やかです。
 
181-1.jpg
産卵中のアオウミガメ
 
181-2.jpg
アカウミガメの卵
 
 
そういえば、
新旧2つの人工産卵場になって何年か経ちますが、産卵するウミガメは何故か新産卵場に偏ります。
今年は、現在までにアカウミガメが4回、アオウミガメが1回産卵していますが、全て新産卵場です。
んー何故なのか・・・
ウミガメも新しい物好きなのでしょうか。
別に構わないのですが、出来れば両方使って欲しいなぁ。
 
 
 
 
181-3.jpg
産卵中のアカウミガメ
涙を流していますが、実はこれは泣いているわけではありません。
ウミガメは海の中に住んでいるため、体内の余分な塩分を常に目から出しています。
水中でも見た目には分かりませんが出しています。これが、産卵で上陸した時に目立って見えるため、
卵を産みながら泣いている様に見えるのです。
ですから、苦しくて泣いているわけではないんですね。
 
 
by とーる

第180回 新着魚 シノノメサカタザメ

先日、昔からお世話になっている宇久井漁港の漁師さんから

「珍しい白い模様の1mくらいのサメが定置網に入ったのでいらないか」と連絡をいただきました。

漁師さんいつもありがとうございます。

 

「珍しい」「白い模様」という特徴からおそらくイタチザメではないかと予測し、

軽トラックに大きめの水槽を積み込んで期待しながら漁港に向かいました。

到着すると人だかりができており、早速拝見すると

そこには明らかにイタチザメではない160センチはあろうかという黒い巨体が・・・

その姿からすぐにそれが「シノノメサカタザメ」だとわかりましたが

ここで問題が・・・持ってきた水槽に明らかに入りきらない・・・

漁師さんのご厚意でシノノメサカタザメの入っている水槽ごと持っていけることに

漁師さんお世話になりっぱなしですいません。

迅速に海中公園へと運搬し、到着後担架にシノノメサカタザメを移し、ホイストで搬入しました。

diary180-1.JPGdiary180-2.JPG


シノノメサカタザメは名前にサメとついていますがガンキエイ目シノノメサカタザメ科に属する

最大で全長300㎝・体重135㎏にもなる大型のエイの仲間です。

インド洋・西太平洋の熱帯から温帯海域に広く分布していますが、

東南アジアなどでは大型個体の肉や鰭は高値で取引されており、数が激減しています。

日本では漁業の対象にはなりませんが希に網にかかる事があり、

各地の水族館で「珍魚」として飼育、展示されています。

串本周辺でも希に漁師さんの網にかかることがあり、

当館でも過去に何度か飼育に挑戦しましたがいずれも長期飼育には至っていません。

南紀では黒潮の影響が少なからず関わってくる3~8月にかけて

シノノメサカタザメが網にかかる傾向にあり、特に6月に捕獲されることが多いです。

シノノメサカタザメが捕獲されるときは決まって潮岬沖南の黒潮の中心点がいつもとは異なった動きをしていたり、

黒潮の影響の弱い時や元の流れに戻りつつあるときに記録されています。

diary180-3.JPG

トンネル水槽に新しく加わったシノノメサカタザメは現在、餌を食べる様子は確認していませんが

搬入から3週間経過した今も弱っている様子はなく、積極的に泳ぎ回っているところをみると何かしら食べているのでは?

今後、トンネル水槽の顔になってくれるように頑張って上手く育てていきたいと思います。

 

byGO

第179回 巣立ち

すだち【酢橘】

ミカン科の常緑低木。ユズに似て果実は小さく、扁球形。果肉は酸味が強く、特有の香気がある。食酢用に徳島県で栽培され、まだ緑色のときに収穫する。《 秋》  

                                                                         yahoo!辞書より

 

 

ウミガメプール脇の壁のところにツバメの巣があります。

今年も2羽のひなを親鳥が一生懸命育ててました。

179-1.jpg

 

 

海の中の生き物たちと比べて鳥類に対する愛が少ない私ですが

「ピヨピヨ言ってるな~。かわえぇなぁ~。」などと思いながら

見守っていたとかいないとか。

 

 

 

 

そんなある朝。

とーる氏が何かをカメラで激写してるではないですか。

何してるのかと思って近づくと

 

 

179-3.jpg

 

羽はもっさもさしてるけど立派に成長したひなが

巣から降りてきてるではないですか。

横のもさもさ感がたまらない。

 

179-2.jpg

 

兄弟で仲良くウミガメプールの縁に止まっております。

上の写真右側の子は体を斜めに傾けてたのでナナメ太郎とします。

それに対して左側の子はずっと飛ぶ練習をしていたので優等生と名付けます。

私はどちらかというとナナメ太郎の方が友達になれそうです。

 

 

 

そんな優等生とナナメ太郎。

いったい巣から降りてきて何をしてるのかと思ったら

飛ぶ練習をしてるらしく

 

 

179-4.jpg

 

ずっと親鳥が近くで見守っていました。

優等生はひたすら辺りを飛び回り、ナナメ太郎は斜めになっていました。

ナナメ太郎かわいい。ナナメ太郎LOVE。

 

その後、ナナメ太郎も練習に加わり飛んでましたが

私はその内、この子らがウミガメプールに落ちて食われるんじゃないかと思い

しばらく見守っていたとかいないとか。

 

 

 

これから長い旅に彼らは出るわけで

まぁそれはそれは容赦なく自然の厳しさって奴が

彼らに襲いかかってくるわけですよ。

他の鳥に襲われてしまったり、病気などで弱っていったり。

彼らが生き残って子孫を残せる確率なんてほんのわずかでしょう。

 

でももし、来年のこの時期この場所で

体を斜めに傾けながら子供達を見守る親鳥を見かけたら

泣いちゃうかもしれないとかしれなくないとか。

 

 

 

 

 

 

あっ、文頭の数行は何の意味もありません。

巣立ち・・・すだち・・・・ねっ・・・・・

 

179-5.jpg

しょうもないこと言ってごめ~んね。

 

 

by ハムいち

このページのTOPへ