海と水族館を丸ごと楽しめる複合施設串本海中公園

中国語 English 年中無休!営業時間 9:00-16:30

スタッフブログ【さびうらびより】スタッフ:ナツメリ一覧

串本の様子や様々な串本の生き物たちを、
スタッフが交代でご紹介します。

最新記事
第256回 小さな青い旅人
カテゴリ
Go (20)
くろすけ♀ (44)
くろちゃん (3)
こて (18)
しまっち (25)
そらすずめ (9)
とーる (46)
ひらりん (5)
ひろぽん (6)
ひーちゃん (12)
ゆーみん (18)
クチヒゲノムラガニ (5)
ナツメリ (1)
ハムいち (36)
ブログ更新 (255)
マンジュウイシ (1)
海人 (6)
月別アーカイブ
2018年10月 (1)
2018年9月 (1)
2018年7月 (2)
2018年6月 (1)
2018年5月 (2)
2018年4月 (2)
2018年3月 (2)
2018年2月 (2)
2018年1月 (2)
2017年12月 (2)
2017年10月 (2)
2017年9月 (1)
2017年8月 (2)
2017年7月 (2)
2017年6月 (2)
2017年5月 (2)
2017年4月 (2)
2017年3月 (2)
2017年2月 (2)
2017年1月 (2)
2016年12月 (2)
2016年10月 (1)
2016年8月 (2)
2016年7月 (1)
2016年5月 (1)
2016年4月 (1)
2016年3月 (1)
2016年2月 (1)
2016年1月 (1)
2015年12月 (1)
2015年6月 (1)
2015年5月 (1)
2015年4月 (1)
2015年3月 (1)
2015年1月 (1)
2014年12月 (2)
2014年10月 (1)
2014年9月 (1)
2014年8月 (1)
2014年6月 (1)
2014年5月 (1)
2014年4月 (1)
2014年3月 (1)
2014年2月 (2)
2014年1月 (1)
2013年12月 (2)
2013年10月 (2)
2013年9月 (1)
2013年8月 (1)
2013年7月 (3)
2013年6月 (2)
2013年5月 (3)
2013年4月 (2)
2013年3月 (1)
2013年2月 (2)
2013年1月 (3)
2012年12月 (5)
2012年11月 (2)
2012年10月 (3)
2012年9月 (4)
2012年8月 (3)
2012年7月 (4)
2012年6月 (4)
2012年5月 (2)
2012年4月 (2)
2012年3月 (2)
2012年2月 (3)
2012年1月 (3)
2011年12月 (5)
2011年11月 (4)
2011年10月 (3)
2011年9月 (3)
2011年8月 (2)
2011年7月 (3)
2011年6月 (5)
2011年5月 (5)
2011年4月 (4)
2011年3月 (3)
2011年2月 (5)
2011年1月 (4)
2010年12月 (5)
2010年11月 (4)
2010年10月 (4)
2010年9月 (2)
2010年8月 (3)
2010年7月 (6)
2010年6月 (4)
2010年5月 (5)
2010年4月 (4)
2010年3月 (3)
2010年2月 (3)
2010年1月 (4)
2009年12月 (4)
2009年11月 (6)
2009年10月 (4)
2009年9月 (8)
2009年8月 (5)
2009年7月 (7)
2009年6月 (5)

第256回 小さな青い旅人

秋も終わりに近づき、陽が落ちる時間もかなり早くなったこのごろ。

日中でも日差しが雲に隠れてしまえば

体感温度もググッと下がり

肌寒く感じることが増えました

 

草っ原で秋の夜長を鳴き通していた虫たちがの声が消えてきたその一方で、

串本周辺では日中、陽射しの中をキレイな蝶がヒラヒラと空を舞っている

そんな姿が目立つようになりました。

 

筆者も休みを利用し、近くの海岸林道に蝶を観察しに行きました。

この日は晴れのち曇りで、陽が出れば

それに合わせて蝶が林から飛び出してその姿を見せてくれます。

ルリタテハ、アカタテハ、ウラナミシジミ、サツマシジミ など…

特にサツマシジミは西日本の海岸や渓流沿いで見られるシジミチョウです

この時期がピークでこの蝶を求めて、多くの方々が南紀へ観察しに来ます。

 

そんなこんなで色々な蝶を見つけながら道を歩いていますと、

目の前の梢にふわりと蝶が一匹とまりました。

色は水色に黒茶の筋が入ったキレイな蝶で

大きさはアゲハチョウより少し小さいくらい。

 

アサギマダラ.jpg

 

この蝶の名前は「アサギマダラ」(浅葱斑)。浅葱は緑がかった藍色という意味になります。

新選組が着ている青い羽織、あれも浅葱色らしいです。

 

この蝶は日本全土で見られるのですが、時期によって出現する地域が異なります。

なぜそのようなことが起こるかというと、

アサギマダラは渡りを行うからなのです。

 

春から初夏にかけて南で生まれた集団が気温の上昇とともに

産卵をしながら日本を北上していきます。

真夏は涼しい高原などで過ごし秋になれば、

新しい世代の集団が日本を南下していく生態をもっています。

 

短期間にかなりの長距離を移動する力があり、

一日で200kmも移動することもあるそうです。

この蝶が渡りをしていると、なぜ分かったのかと言いますと

 

捕まえた蝶の翅(青地の部分)に油性マジックで、

採集者名、採集日、採集地などを記入し逃がす

その後、蝶が移動先で誰かに捕まえられる。

次に蝶を採集者はデータをその個体から読み取ったあと、また逃がす。あとはこれの繰り返し…

こういったデータを集め、多くの方々が共有しあった結果、

渡りを行っていることが明らかになりました。

小さな体で日本を縦断するアサギマダラはまさに小さな青い旅人です。

 

by ナツメリ

このページのTOPへ