海と水族館を丸ごと楽しめる複合施設串本海中公園

中国語 English 年中無休!営業時間 9:00-16:30

スタッフブログ【さびうらびより】スタッフ:ひらりん一覧

串本の様子や様々な串本の生き物たちを、
スタッフが交代でご紹介します。

最新記事
第282回 食った。
第276回 ミノカサゴに刺されると人はどうなるのか
第270回 サンゴの産卵観察 in 2019
第264回 海を味わう
第254回 サンゴの産卵調査 in 2018
カテゴリ
Go (20)
くろすけ♀ (49)
くろちゃん (3)
こて (18)
しまっち (25)
そらすずめ (9)
とーる (51)
ひらりん (9)
ひろぽん (6)
ひーちゃん (12)
ゆーみん (18)
クチヒゲノムラガニ (5)
ナツメリ (6)
ハムいち (40)
ブログ更新 (280)
マンジュウイシ (1)
海人 (6)
青ネギ (3)
月別アーカイブ
2020年1月 (1)
2019年12月 (2)
2019年11月 (3)
2019年10月 (1)
2019年9月 (2)
2019年8月 (2)
2019年7月 (2)
2019年6月 (3)
2019年5月 (1)
2019年4月 (2)
2019年3月 (2)
2019年2月 (2)
2018年12月 (1)
2018年11月 (2)
2018年10月 (1)
2018年9月 (1)
2018年7月 (2)
2018年6月 (1)
2018年5月 (2)
2018年4月 (2)
2018年3月 (2)
2018年2月 (2)
2018年1月 (2)
2017年12月 (2)
2017年10月 (2)
2017年9月 (1)
2017年8月 (2)
2017年7月 (2)
2017年6月 (2)
2017年5月 (2)
2017年4月 (2)
2017年3月 (2)
2017年2月 (2)
2017年1月 (2)
2016年12月 (2)
2016年10月 (1)
2016年8月 (2)
2016年7月 (1)
2016年5月 (1)
2016年4月 (1)
2016年3月 (1)
2016年2月 (1)
2016年1月 (1)
2015年12月 (1)
2015年6月 (1)
2015年5月 (1)
2015年4月 (1)
2015年3月 (1)
2015年1月 (1)
2014年12月 (2)
2014年10月 (1)
2014年9月 (1)
2014年8月 (1)
2014年6月 (1)
2014年5月 (1)
2014年4月 (1)
2014年3月 (1)
2014年2月 (2)
2014年1月 (1)
2013年12月 (2)
2013年10月 (2)
2013年9月 (1)
2013年8月 (1)
2013年7月 (3)
2013年6月 (2)
2013年5月 (3)
2013年4月 (2)
2013年3月 (1)
2013年2月 (2)
2013年1月 (3)
2012年12月 (5)
2012年11月 (2)
2012年10月 (3)
2012年9月 (4)
2012年8月 (3)
2012年7月 (4)
2012年6月 (4)
2012年5月 (2)
2012年4月 (2)
2012年3月 (2)
2012年2月 (3)
2012年1月 (3)
2011年12月 (5)
2011年11月 (4)
2011年10月 (3)
2011年9月 (3)
2011年8月 (2)
2011年7月 (3)
2011年6月 (5)
2011年5月 (5)
2011年4月 (4)
2011年3月 (3)
2011年2月 (5)
2011年1月 (4)
2010年12月 (5)
2010年11月 (4)
2010年10月 (4)
2010年9月 (2)
2010年8月 (3)
2010年7月 (6)
2010年6月 (4)
2010年5月 (5)
2010年4月 (4)
2010年3月 (3)
2010年2月 (3)
2010年1月 (4)
2009年12月 (4)
2009年11月 (6)
2009年10月 (4)
2009年9月 (8)
2009年8月 (5)
2009年7月 (7)
2009年6月 (5)

第282回 食った。

当館の前に広がる錆浦海岸ではしばしば巨大な穴が散見されるようになりました。

それがこちら。

 

 

前館長がこのブログでも述べられているように穴を掘った犯人はイノシシでして、

それはもうトゲトゲしたハマアザミという海岸植物の根っこを食べているそうです。

HA2.JPG

こんなトゲだらけの植物の根っこを食べるためだけに苦労して礫浜の海岸に巨大な穴を掘るなんて、

その植物はそれはそれは美味しいのでしょうね~。

 

と、これまではここで終わっていたのですが、

 

そういえばこのハマアザミ人間が食べても美味しいらしい + そして海中公園の敷地内にもいくらでも生えている = 食う。

 

ということで、

HA4.JPG

これを。

HA5.JPG

こうします。

 

今回はせっかくなのでこれまた敷地内にいくらでもあるハマダイコンも一緒に食いたいと思います。

4月頃になると海岸に咲き乱れるハマダイコンもまた食えるらしいのです。あらすてき。

HA3.JPG

 

よ~く洗って、まずは生で頂きます。

ではアザミから。

HA6.JPG

ん~。ゴボウだ。さすがはハマゴボウの異名を持つだけのことはあります。

でも生だと若干クセがありますね。食えないことはないです。

 

では次にハマダイコンの実はどうでしょう?

HA8.JPG

うん。甘いカイワレダイコンだ。全然美味しい。

 

それではハマダイコンの根っこはどうでしょう。

HA7.JPG

なるほど。大根だ。

繊維の多い大根の味で、ガジガジしがんでいると少しピリッとした大根おろしの味が広がります。

これをしがみながら焼サンマを食べると美味しいだろうなという味です。

 

ではこれらをゆでてみるとどうでしょう。

HA9.JPG

こうして。

HA10.JPG

こうして。

HA11.JPG

かんたん。

 

味はというと、

ハマダイコンのほうは繊維ばかりが目立つようになり大根らしさが薄れた感じです。

火が通っているという精神的な安心感を除けば生の方が全然美味しいです。

 

そしてハマアザミは全く臭みのない普通の美味しいゴボウになりました。

きんぴらゴボウに入っていても気づかないでしょう。

ただし、根の太い部分ではやはり繊維が多く食べづらいので、少し工夫が必要ですね。

 

というわけで、

べつにどうというわけではないのですが、

食ったよ。っていう話でした。

 

by ひらりん

第276回 ミノカサゴに刺されると人はどうなるのか

さかのぼること3月ほど前。

私の身にとても衝撃的な出来事が起こりました。

 

それは・・・

ミノカサゴに刺されちった。。

 

このてのブログ記事ではだいたい「みんなも注意しようねぇ~テヘペロ」的な軽い感じがお約束な気がしますが、

今回ばかりは真剣に苦しみましたので真剣に書きます。

 

結論から言いますと、

ミノカサゴに刺されるとハチャメチャに痛い。。

 

それでは、私が記録した「ミノカサゴに刺されると人はどうなるのか」をお楽しみください。

(※痛々しい画像が含まれます。。あと、おじさんの汚い手の画像が続きます。。)

7月某日 

8:50頃

展示生物を交換する際、うっかり小さなキリンミノの入った水槽に手を入れてしまい、ほんの少しだけ背鰭の先端が右中指に刺さる。瞬時に「あ、ヤバいやつや」と察し、すぐに40℃以上のお湯に患部を浸す。

 

9:00頃

患部の痛みが増し、お湯に浸しておくのが困難に。「ミノカサゴ 刺された」とネットで検索するもお湯につける以外の対処法は得られず。ただ、おそらく死にはしないだろうという情報は得る(確証はありません)。

ミノ1.JPG

 

9:30頃

右手全体がパンパンに腫れ、刺された中指が汗をかき始める。この頃になると手を動かすのも困難になり、脂汗をかきながら机に座りただただ悶える。痛みを例えるなら5秒おきに大きなペンチで中指周辺を押し潰されているような感じ。

ミノ2.JPG

 

10:30頃

痛みと右手の腫れはピークに。まるで金槌で右手を打ち付けられているような痛みが続く。本気で病院行こうか迷いつつ、気を紛らわそうと意味もなく歩き回る。止まっていると筋肉が痙攣して右手全体が小刻みに震える。

ミノ3.JPG

 

11:30頃

痛みのピークは過ぎるが、依然ズキズキした鈍痛は続く。若干気力も回復し、もう病院に行かなくても大丈夫であることを確信する。

ミノ4.JPG

 

13:00頃

若干の痛みは残るがようやく回復。右手の腫れも少しずつ引き始める。

 

15:00頃

痛みはほぼ無くなる。刺された箇所を押さえると痛む程度に。手の腫れは依然残るがいつも通りの作業も問題なく執り行える。

ミノ5.JPG

 

翌日

刺された箇所を押さえると若干痛むものの、手の腫れも痛みもほぼ完治。

 

翌翌日

何故か刺された右中指のみポロポロと皮が剥ける。腫れも痛みも無し。

 

3週間後

完治。

刺された箇所を押さえても痛みを感じなくなる。

はい。

以上、私がキリンミノに刺されてからの記録となります。

 

あくまで私自身の主観的な記録ですので誰しも同じ症状ではないと思いますが、もし刺された場合には早めに病院へ行くことをお勧めします。

 

ミノ6.JPG

 

ミノカサゴの仲間って綺麗だし優雅だし見ている分には素敵だけど、あの子たち本当は超怖いから、

みんなも注意しようねぇ~テヘペロ。。。

 

by ひらりん

第270回 サンゴの産卵観察 in 2019

毎年恒例サンゴの産卵調査の季節がやってきました。

 

この時期になると修行僧のように毎晩海へ向かいます。

今年は5月19日から観察を始めました。

P6050028.JPG

ミスガイのつぶらな瞳に癒やされつつ、産まない産まないと心が荒んでいく中、

7月2日、3日にようやく今年初のスギノキミドリイシの一斉産卵が観察されました。

黒潮の蛇行に伴い、水温の上がり方が緩やかだったこともあってか、例年よりもやや遅めの産卵となりました。

2019_1.JPG

2019_2.JPG

2019_3.JPG

今年は産卵時間も遅く、23時30頃をピークに22時から24時くらいまでだらだらと産卵が続きました。

あんまりだらだらと産卵が長引くため、撮影はあきらめて帰ろうかとも思ったのですが、何とか頑張って撮影しました。

P7030026.JPG

P7030098.JPG

サメハダテナガダコも幻想的な光景に見入っているようでした。

 

因みに本当の今年初産卵はタカクキクメイシ。

6月26日に観察されました。

こちらは派手さこそありませんが一粒一粒のバンドルが大きいので迫力があります。

P6260013.JPG

 

また、以前海水の味について書きましたが、

魚達がまいうーまいうーと食べているサンゴのバンドルは少し苦かったです。

 

この後はクシハダミドリイシ、エンタクミドリイシと続く予定ですので、

引き続き観察を続けます。

 

by ひらりん

第264回 海を味わう

 

こんなことを言ってしまうと初っ端からドン引きされそうですが、

他人には理解してもらえない自分だけの秘かな楽しみってありますよねー。

 

例えば

ペットの足の裏を嗅ぐのが好きな人。

とか

 

アイスクリームの蓋の裏に付いたやつを食べるのが好きな人。

とか

 

部屋では全裸で過ごしている人。

とか・・・

 

で、

私の秘かな楽しみとは

 

ダイビング中にこっそり海水の味見をすること。

7.JPG

 

季節や地域によって意外と味が違うんですよねー。

 

・・・とはいえ、私は別にグルメでもなんでもなく、

そもそも海水すら時に美味しいと感じる私の味覚が正しいはずもないのですが、

毎年この時期になるとふと思うのが、

 

 

海水が青臭くて苦い。

1.jpg

なぜか春濁りの時期になると海水が青臭く苦く感じます。

 

春濁りの主な原因は植物プランクトンの発生によるものですが、

もう一つ、この時期大量に繁茂するのがフクロノリ。

3.jpg

 

そこら中がフクロノリだらけになります。

4.JPG

 

そしてフクロノリの胞子もまた海を濁らせます。

5.JPG

 

・・・ではフクロノリがこの時期の海水に苦みと青臭さを与えているのでしょうか?

というかそもそもフクロノリって誰も採ったりしてないけど、食べられるのでしょうか?

 

そこで・・・

8.JPG

はい。拾ってきましたー。

 

それではいただきまーす。

9.JPG

・・・

シャリッ…

モグモグ…

んーー!ぺっぺッ。。

青臭い!まさにこの時期の海のあれだ!

リンゴの皮だけを食べているかのようなビミョーな食感の後にものすごい青臭さが襲ってきました。

でも・・・

苦くはないね。

 

ということで、

少なくともフクロノリの胞子や欠片が海水の臭みの一部になっている可能性がありますが

苦味の原因についてはよくわかりませんでした。。

 

一つ分かったことがあるとすれば、

フクロノリは食べなくても大丈夫だということですね。。

 

 

因みに

これまでで一番美味しかった海水は某真鯛の養殖生け簀の近く。

6.JPG

 

これでもかと濁った海水に謎の旨味を感じました。

10.JPG

 

潜水後、一緒に潜った方々にここの水、美味いですね!と言ったら、

見事にドン引きされてしまいました。。

 

 

良い子は決してマネしないように。

 

by ひらりん

第254回 サンゴの産卵調査 in 2018

今年も例年同様サンゴの産卵調査を行っています。

サンゴの産卵は基本的に夜間に行われるので21時頃から潜水を行います。

日頃から潜り慣れているポイントとはいえ真っ暗な海に単身繰り出すのはいろんな意味で結構怖いですが、

昼間あまり見かけることのない生物に出会うとチョットテンションが上がります。

たとえば

エイラクブカ.JPG

エイラクブカが近寄ってきたり

セミホウボウ.JPG

寝ぼけたセミホウボウに接近できたり

タツナミガイ.JPG

全身真っ黒なタツナミガイに遭遇したり

そのほかにも色々な生き物たちに出会うことができます。

 

そんなこんなで、7月13日にようやく今年最初のサンゴの一斉産卵が確認できました。

産卵したのはスギノキミドリイシという枝状のサンゴです。

スギ1.JPG

スギ2.JPG

スギ3.JPG

冬の低水温によるダメージも関係しているのか例年よりも1ヶ月ほど遅く、産卵の規模もやや小規模でした。

 

今のところ、その他の種では産卵が確認できていませんが、今後もぼちぼち観察を続けていこうと思います。

 

byひらりん

このページのTOPへ