海と水族館を丸ごと楽しめる複合施設串本海中公園

中国語 English 年中無休!営業時間 9:00-16:30

スタッフブログ【さびうらびより】2017年08月一覧

串本の様子や様々な串本の生き物たちを、
スタッフが交代でご紹介します。

最新記事
第237回 真摯に紳士
第236回 真夏の水族館の怪
カテゴリ
Go (19)
くろすけ♀ (38)
くろちゃん (3)
こて (18)
しまっち (25)
そらすずめ (9)
とーる (42)
ひらりん (2)
ひろぽん (6)
ひーちゃん (12)
ゆーみん (18)
クチヒゲノムラガニ (4)
ハムいち (34)
ブログ更新 (225)
マンジュウイシ (1)
海人 (6)
月別アーカイブ
2017年9月 (1)
2017年8月 (2)
2017年7月 (2)
2017年6月 (2)
2017年5月 (2)
2017年4月 (2)
2017年3月 (2)
2017年2月 (2)
2017年1月 (2)
2016年12月 (2)
2016年10月 (1)
2016年8月 (2)
2016年7月 (1)
2016年5月 (1)
2016年4月 (1)
2016年3月 (1)
2016年2月 (1)
2016年1月 (1)
2015年12月 (1)
2015年6月 (1)
2015年5月 (1)
2015年4月 (1)
2015年3月 (1)
2015年1月 (1)
2014年12月 (2)
2014年10月 (1)
2014年9月 (1)
2014年8月 (1)
2014年6月 (1)
2014年5月 (1)
2014年4月 (1)
2014年3月 (1)
2014年2月 (2)
2014年1月 (1)
2013年12月 (2)
2013年10月 (2)
2013年9月 (1)
2013年8月 (1)
2013年7月 (3)
2013年6月 (2)
2013年5月 (3)
2013年4月 (2)
2013年3月 (1)
2013年2月 (2)
2013年1月 (3)
2012年12月 (5)
2012年11月 (2)
2012年10月 (3)
2012年9月 (4)
2012年8月 (3)
2012年7月 (4)
2012年6月 (4)
2012年5月 (2)
2012年4月 (2)
2012年3月 (2)
2012年2月 (3)
2012年1月 (3)
2011年12月 (5)
2011年11月 (4)
2011年10月 (3)
2011年9月 (3)
2011年8月 (2)
2011年7月 (3)
2011年6月 (5)
2011年5月 (5)
2011年4月 (4)
2011年3月 (3)
2011年2月 (5)
2011年1月 (4)
2010年12月 (5)
2010年11月 (4)
2010年10月 (4)
2010年9月 (2)
2010年8月 (3)
2010年7月 (6)
2010年6月 (4)
2010年5月 (5)
2010年4月 (4)
2010年3月 (3)
2010年2月 (3)
2010年1月 (4)
2009年12月 (4)
2009年11月 (6)
2009年10月 (4)
2009年9月 (8)
2009年8月 (5)
2009年7月 (7)
2009年6月 (5)

第237回 真摯に紳士

サッカー男子日本代表がW杯の出場を決めましたね。

おめでとうございます。

本大会も熱くかつ紳士的に頑張っていただきたいと思います。

 

 

紳士的と言えば。

 

 

現在、展示中のヘンゲアナエビ。

 

237-1.jpg

 

雌雄のペアで飼育中なのですが

最近、餌を与えた時にとてもオスが紳士的な行動をすることに

気がつきました。

 

ご覧下さい。

 

 

 

 

わざわざ、巣穴の外にある餌を拾ってきてメスに渡すの。

自分が先に食べるより、メスに渡すの。

レディーファーストなの。

めっちゃ紳士じゃん。

やさすぃーっ。

 

 

かのフィリップ・マーロウは言いました。

「優しくなければ生きている資格がない。」

 

果たして私は誰かに優しくできているのでしょうか。

こんな私は生きていていいのでしょうか。

明日からはアナエビのオスを見習って

奥さんに優しくしてみたいと思います。

 

 

 

 

 

とか言って-。

 

 

by ハムいち

第236回 真夏の水族館の怪

風のない蒸し暑い夕方。
水族館の営業も終わって、ほとんどのスタッフは帰ってしまっていたんです。
水族館内は電気も消されて、でもクーラーの冷気はまだ残っていて
昼間の喧噪がうそのように静まりかえった、館内を見回っていたんです。

外の明かりがまだ水槽にこぼれて、真っ暗な館内に水槽がぼーっと浮かび上がる、
そんな夕暮れの水族館も悪くはありません。

一通り見回ったあと、バックヤードにまわって帰ろうと思い、
裏側に通じるドアを開けたとたん、体にまとわりつくムッとする空気。
バックヤードにはクーラーがないため、私たち飼育員は、
水槽裏で湿気と暑さと戦いながら仕事をしています。

この日も蒸し風呂のような日でしたが、陽も沈んで暑さも少しましになっていました。

夜の水族館というのは、ひとりぼっちでまわると薄気味わるいものです。diary236_1.jpg

水の音、ポンプの音、ウミガメが暴れる音、魚がつぶやく音。
いろんな音があいまって、誰もいないのにまるで人が会話しているように聞こえたり
誰かが叫んでいるように聞こえたりします。

そんな時に限って、霊感が強いという人が言っていたことが心に浮かんだりします。
「水族館みたいに人が大勢集まるところに霊も集まる・・・」
これまでスタッフが体験した不思議な出来事も思い浮かびます。

ちょっと嫌な気持ちになりながらも、水槽の確認をし、そろそろ帰ろうとしたとき
ふと、誰かに見られている気配を感じたんです。
でも、周りをみても誰もいません。私を除いてスタッフは全員帰ったはずです。

するとある水槽が気になったんです。

diary236_2.jpg

濾過槽に沈められた生け簀かご・・・

いつも見ている光景なのになぜかその日は嫌な気配を感じます。
おそるおそる近づいてみると

diary236_3.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

何かが私を見ています!

 

 

 

 

 

diary236_4.jpg

 

 

 

おわかりいただけたでしょうか?

 

 

diary236_5.jpg

 

 

 

 

わ、私を見ている!!!

 

 

 

 

 

diary236_6.jpg

 

 

 

フトウデイソギンチャクが私を見ていました!

 

びっくりしました。
いつも見ているフトウデイソギンチャクはこんな風ではなくて
目みたいに見えるところはイソギンチャクの口なんですが
いつも口は閉まっていて
しかも、口の中が赤いなんて知らなかった~

ていうか、なぜ今日は口が半開きなの~?
そういや夕方濾過槽の魚に餌をやったのでした。
どうも餌のにおいにつられて、口が開いたようです。

 

 

いやいや、真夏の蒸し暑い晩に、一瞬涼ませてもらいましたよ!
宿直の夜じゃなくてよかったよ。
深夜にこれ見たら、走って逃げたかも(笑)

 

水族館、いろんなものが集まってます。
皆さんもぜひ!

 

 

by くろすけ♀

このページのTOPへ