海と水族館を丸ごと楽しめる複合施設串本海中公園

中国語 English 年中無休!営業時間 9:00-16:30
HOMEイベント&新着情報

イベント&新着情報EVENT&NEWS

毎日イベント盛りだくさん!
新着情報もお見逃しなく。

最新記事
9月~10月のイベント・リーフレット
[10/1開催] 海藻押し葉づくり体験
[10/15開催] 1日水族館飼育係 [予約制]
[10/22開催] 大ウミガメの甲羅みがき
赤ちゃんガメ、水族館デビュー!
カテゴリ
お知らせ (17)
ご案内 (4)
イベント (10)
割引クーポン (4)
定期開催フリーイベント (2)
月別アーカイブ
2017年9月 (6)
2017年8月 (2)
2017年7月 (3)
2017年6月 (1)
2017年5月 (1)
2017年4月 (4)
2017年3月 (1)
2017年1月 (1)
2016年10月 (1)
2016年2月 (2)
2014年3月 (4)
2013年12月 (1)
2013年4月 (1)
2013年3月 (2)
2013年1月 (2)
2012年10月 (1)
2012年5月 (2)
2012年4月 (1)

水族館 館長からのご案内


全景.jpg  串本海中公園センターは、地先の前に広がる吉野熊野国立公園ならびにラムサール条約に指定された、「サンゴの海」を観覧するために設けられました。そのため、水族館はメインではなく、海中展望塔や海中観光船でサンゴの海を楽しむ前の、予備体験・予備学習の場として位置し、展示生物も当地で見られるものだけに限定されています。「当地限定」とは言っても、串本の海は黒潮の影響を強く受けて温暖な環境が形成され、本州で最も種多様性の高い生物相を誇ります。


umibara.jpg  水族館では自然に近い環境で生物が飼育されているため、皆とても長生きし、水槽内で50年近く生存して日本の飼育記録を更新し続けているサンゴもあれば、推定年齢30才を超えるエビもいます。また、水槽内では年老いて目が不自由になった魚が散見されますが、これは水槽内で寿命を終えてもらうためにあえて取り出さないようにしているからです。さらに、ほとんどの水槽に黄黒の虎縞模様をした魚が入っていますが、これは水槽内で繁殖する強力な有害生物を除去するために、薬を使わずにこの魚に食べさせて防除しているためです。このように、よその海の生物資源に影響を与えない、日本一生物の消費が少ない、生物がとても長生きする、そんな自然にやさしい水族館が串本海中公園です。



Director.jpg  さて、館長である私にはクチヒゲノムラガニというニックネームがあります。今から30年も前に当館で実習された学生さんに名付けていただいたものですが、命名と同時に「性格:毒がある」という評価までいただきました。そんな私が1日数回、写真のような格好で館内をぶらぶら歩いています。時間がある時に限りますので不定期ですし、毎日必ずというわけでははありません。もし、館内で私を見つけたら、幸運と思い気軽にお声がけください。もちろん、年輪を重ね、今では毒もすっかり抜けています。

 最後にクイズを2つ。上に書いた虎縞模様をした魚の正体を水族館で見つけてみましょう。また、強力な有毒生物とはいったい何でしょう。答えはインフォメーションコーナーに掲示してあります。
それでは皆様、ご来園を心からお待ちしております。
 串本海中公園センター 水族館館長 野村恵一


今年初のサンゴの一斉産卵!

今年初となるサンゴの一斉産卵!
6月20日の晩、午後9時15分から11時頃にかけて、
当園前の沿岸のグラスボート乗り場前に群生するスギノキミドリイシが今年初めて一斉産卵しました。

午後9時過ぎに潜水した際には既にサンゴからバンドル(卵と精子の入ったカプセル)が顔をのぞかせており、間もなく一斉に海中へと放出されました。数分で海中はサンゴのバンドルに覆われ、波に煽られたバンドルによって一面が吹雪を思わせる幻想的な光景に包まれました。

スギノキミドリイシは樹枝状の群体を形成するサンゴの1種で、グラスボート乗り場では約50m四方にわたり群生しています。今回産卵したのは水深2 - 3mまでの浅場に群生する全体の3分の1程度の群体で、例年に比べやや遅い産卵となりました。
スギノキミドリイシは年に1回から2回産卵することが知られており、3m以深に生息する群体では未だ産卵が確認されていないことから今後も引き続き観察を続けていきたいと思っています。

今後の産卵については、7月下旬にかけて残りのスギノキミドリイシ群体や串本を代表するサンゴであるクシハダミドリイシにおいても一斉産卵が予測されています。(平成29年6月20日 プレスリリース)


▼ 一斉に産卵するスギノキミドリイシ(枝サンゴ)。
sango2017sanran1.jpg
▼ バンドルが雪のように海中を舞い、幻想的な光景が広がります。
sango2017sanran2.jpg
▼ 産卵するスギノキミドリイシ。
sango2017sanran7.jpg
▼ 3Dウミガメシアターでは一斉産卵の様子を3D体験でお楽しみいただけます。
sango2017sanran6.jpg sango2017sanran5.jpg



▼ 一斉産卵の様子をYoutube動画で!
串本海中公園 サンゴの一斉産卵2017 Coral Spawning pt.1
串本海中公園 サンゴの一斉産卵2017 Coral Spawning pt.2
串本海中公園 サンゴの一斉産卵2017 Coral Spawning pt.3


logo_ikoyo.jpg 子どもとお出かけ情報「いこーよ」』で当園情報公開中!
「行きたい!」「口コミ」「思い出」ぜひぜひお願い致します!
当園情報ページ⇒http://iko-yo.net/facilities/1142

アオウミガメの産卵が起こりました!

icon_blue.jpg 今年最初の産卵はアオウミガメ!
5月24日の夜、水族館ウミガメパークの産卵砂浜でアオウミガメの産卵が起こりました。今年最初のウミガメの産卵となります。
今年もたくさんの赤ちゃんガメを、皆様にご紹介できそうです。



▼ 砂浜には産卵場所をご案内する旗が立っています♪
sanran1705261.jpg sanran1705262.jpg
▼ 孵化を迎えた赤ちゃんガメを吸い込む「赤ちゃんホイホイ」の登場も楽しみです♪
sanran1705263.jpg sanran1705264.jpg
▼ 今年もトピックス水槽で、卵や孵化の様子をご観察頂けるかもしれません。
sanran1705265.jpg sanran1705266.jpg


logo_ikoyo.jpg 子どもとお出かけ情報「いこーよ」』で当園情報公開中!
「行きたい!」「口コミ」「思い出」ぜひぜひお願い致します!
当園情報ページ⇒http://iko-yo.net/facilities/1142

[毎日開催] エサやりトークショー

banner_talkshow17081.jpg

飼育員による解説トークショー。
当園水族館で1番目と2番目に大きな大水槽で、
飼育員が水槽のこと、水族館のこと、串本の海のことを解説いたします。

解説によって串本海中公園の仕組みをより深く知って頂き、
ご観覧や海中観察をより楽しく体験して頂ければと思います。

魚たちが最も活発になるエサやりタイム。
大水槽ではたくさんの魚たちが暮らしています。
エサやりの時間が近づくにつれて魚たちはソワソワ泳ぎだし、
そしてエサやりが始まると大水槽いっぱいに魚たちが泳ぎ回ります。
普段は岩陰に隠れている魚もこのときに観察することができます。

icon_talkshow171.jpg ①午前の部「水中トンネル水槽 さかなのエサやりトークショー」
開催場所:水族館内Cゾーン
開催時間:毎日11:30より約15分間
マグロやサメ、エイなどの回遊魚がエサを食べる姿に注目!
大小さまざまな、約1300匹の魚たちが泳ぎまわります。
のんびりしているウミガメを応援しちゃうことも。
icon_talkshow172.jpg ②午後の部「串本の海大水槽 さかなのエサやりトークショー」
開催場所:水族館内Aゾーン
開催時間:毎日13:30より約15分間
名前のとおりに美しい串本の海を再現した大水槽。
エサやりが始まると色とりどりの魚たちが泳ぎまわり、
まるでサンゴの周りに花吹雪が舞っているように見えます。
体験料金 無料イベントです。
開催時間内にお立寄りください。
※水族館の入場券が必要です。


icon_talkshowgo17.jpg 【魚類担当!吉田GOスタッフ】
串本町の人気者のひとりにも選ばれた、おにいさんスタッフ。
当園水族館で飼育している大半の魚のデビューを手掛けています。
魚類のことだけでなく、釣り採集のこともお気軽にお話ください。
「1日水族館飼育係」イベントではリーダーとしても活躍中です。



▼目の前の大水槽、魚たちを解説するトークショーのあと、エサやりを行います。
img_talkshow17081.jpg img_talkshow17082.jpg

▼エサやりタイムの間、魚たちがところせましと泳ぎ回ります。
img_talkshow17083.jpg


logo_ikoyo.jpg 子どもとお出かけ情報「いこーよ」』で当園情報公開中!
「行きたい!」「口コミ」「思い出」ぜひぜひお願い致します!
当園情報ページ⇒http://iko-yo.net/facilities/1142

[毎日開催] 子ガメのタッチング体験

kogametouch_banner.jpg

当園水族館で生まれた子ガメとのタッチング体験。
指で触れるだけじゃなく、手にとって、両手で抱っこして。
0歳から1歳までのかわいい子ガメと一緒に写真もとれちゃいます。

子ガメプールでは、子ガメが泳いでる姿も観察でき、
テラスに出れば、そこには大ウミガメが暮らしています。
ぜひ見比べながらお楽しみください。

※子ガメプールの中の子ガメには直接さわれません。
※ウミガメにエサをあげないようお願いいたします。

開催場所 水族館内 Bゾーン「子ガメプール」前
開催時間 毎日開催12:30~14:30(日曜・祝祭日は15:00まで開催)。
体験料金 無料イベントです。
開催時間内にお立寄りください。
※水族館の入場券が必要です。


icon_birth1708.jpg 【2017年生まれの赤ちゃんガメ】
2017年8月、海のなかまが増えました。
アオウミガメとアカウミガメの赤ちゃんたちです。
丈夫に成長したあと、タッチングデビューします。
詳しくはこちらをどうぞ♪⇒【赤ちゃんガメ、うまれました】


icon_touch17081.jpg 【ウミガメせんせい!宮脇スタッフ】
イベントの間、スタッフが質問にお答えいたします。
なかでも宮脇スタッフは、日本のウミガメ界の第一人者的存在。
ウミガメについてわかりやすく、おもしろくお伝えいたします。
長年の海中公園エピソードも引き出しいっぱい!



▼子ガメとのふれあいタイムをお楽しみください♪ こちらは0歳8ヵ月ほどの子です。
img_kogametouch17083.jpg img_kogametouch17081.jpg

▼ZTV撮影中の子ガメプール。ヤブシンさんも子ガメにメロメロでした。
img_kogametouch17082.jpg img_kogametouch17084.jpg


logo_ikoyo.jpg 子どもとお出かけ情報「いこーよ」』で当園情報公開中!
「行きたい!」「口コミ」「思い出」ぜひぜひお願い致します!
当園情報ページ⇒http://iko-yo.net/facilities/1142
このページのTOPへ