海と水族館を丸ごと楽しめる複合施設串本海中公園

中国語 English 年中無休!営業時間 9:00-16:30
HOMEイベント&新着情報

イベント&新着情報EVENT&NEWS

毎日イベント盛りだくさん!
新着情報もお見逃しなく。

最新記事
[トピックス水槽] 大きなハゼ・小さなハゼ
[特別展] 串本海中フォトコンテスト写真展
定期刊行物『マリンパビリオン』最新号up!
[営業中] 6月1日よりの営業再開と営業内容
ご来園のお客さまへのお願い(検温実施・マスク持参着用など)
カテゴリ
お知らせ (23)
ご案内 (13)
イベント (15)
割引クーポン (2)
売店 (1)
売店商品
定期開催フリーイベント (2)
電子チケット (1)
月別アーカイブ
2020年7月 (2)
2020年6月 (4)
2020年5月 (2)
2020年4月 (1)
2020年3月 (2)
2020年2月 (3)
2020年1月 (2)
2019年12月 (1)
2019年8月 (1)
2019年7月 (2)
2019年4月 (1)
2019年3月 (1)
2019年2月 (1)
2018年4月 (2)
2018年2月 (1)
2017年12月 (1)
2017年10月 (1)
2017年4月 (3)
2017年3月 (1)
2017年1月 (1)
2016年2月 (2)
2014年3月 (3)
2013年12月 (1)
2013年4月 (1)
2013年3月 (2)
2013年1月 (2)
2012年10月 (1)
2012年5月 (2)
2012年4月 (1)

[書籍] エプタ Vol.94「特集 串本・太地紀行」のご案内

epta94_1.jpg
epta94_2.jpg epta94_3.jpg

ヒノキ新薬株式会社が発行する企業文化誌『エプタ』、
その94号では『本州最南端の地 串本・太地紀行』を特集、
串本の歴史・自然・文化が、太地町の捕鯨の歴史とともに、たっぷりと紹介されています。

串本の海にスポットを当てた記事では、
当水族館の森館長がサンゴの話を中心に、串本の海の魅力を伝えさせていただきました。
ぜひ手にとって、ご一読いただけましたら幸いでございます。

▼店頭販売
南紀串本観光協会(串本駅・古座駅)TSUTAYA串本店
THUTAYA代官山店(熊野コーナー)


epta94_front.jpg エプタ Vol.94 2020.1月[華号]
特集 本州最南端の地 串本・太地紀行
発行元:ヒノキ新薬 株式会社 
編集制作:株式会社 フィフス・ディメンション
     エプタ編集室
WEB購読はこちらから:エプタ公式サイト





logo_ikoyo.jpg 子どもとお出かけ情報「いこーよ」』で当園情報公開中!
「行きたい!」「口コミ」「思い出」ぜひぜひお願い致します!
当園情報ページ⇒http://iko-yo.net/facilities/1142

ホテル インフィニート、おもてなしの宿アワード最優秀賞受賞!

banner_infinito2019.jpg
2月5日、優れたおもてなしをする県内の宿泊施設を称える、
「和みわかやま」おもてなしの宿アワード2019の表彰式が催され、
INFINITO HOTEL&SPA南紀白浜』がホテル部門・最優秀賞を受賞しました。
鈴木商会グループに属する仲間である私達にとっても大変喜ばしく、
謹んで皆さまにご報告させていただきます。

header_logo1.png ◆INFINITO HOTEL&SPA南紀白浜:公式ホームページ
『INFINITO HOTEL&SPA南紀白浜』は温泉街から少し離れた小高い丘の上にたち、
客室や大浴場、ラウンジなど館内の至るところから白浜の海と街を一望することができ、
さらには遠く四国まで見晴らすこともかなう絶景ホテルです。
海と湯船との境目がなくなるインフィニティビューを有する大浴場は圧巻!
身も心も癒やし休まるHOTEL&SPA。和歌山南紀周遊の宿にお薦めです。

▼INFINITO HOTEL&SPA南紀白浜.PV


▼INFINITO HOTEL&SPA南紀白浜.IMAGE
pic_02.jpg pic_01.jpg
pic_05.jpg pic_06.jpg
pic_23.jpg pic_24.jpg



logo_ikoyo.jpg 子どもとお出かけ情報「いこーよ」』で当園情報公開中!
「行きたい!」「口コミ」「思い出」ぜひぜひお願い致します!
当園情報ページ⇒http://iko-yo.net/facilities/1142

[販売中] 他施設との共通入場券

img_common_ticket.jpg

近隣の観光施設との共通入場券を販売中です。
施設ごとに個別の共通入場券となります。
当園または他施設、どちらの窓口でもご購入いただけます。
当日・現金のみの取り扱いとなり、払い戻しはできません。

※ご購入日から7日間、日をまたいでご利用いただけます。
※三ヶ所以上を共通するものはございません。何卒ご了承ください。

※串本海中公園の海中観光船は、別途、乗船追加料金にて承ります。
※串本海中公園の海中展望塔が閉鎖時場合、販売中止となります 。



各施設の休館期間にあわせ、各共通入場券の販売を中止しております。
何卒ご了承くださいませ。

①太地町立くじらの博物館との共通入場券
くじらの博物館
大人
2,500円
小・中学生
1,200円
幼児(5歳以下)
設定なし

WEB くじらとの出会い・ふれあい体験ができる博物館!
②すさみ町立エビとカニの水族館との共通入場券
エビとカニの水族館
大人
2,000円
小・中学生
1,000円
幼児(5歳以下)
設定なし

WEB エビとカニに特化した隣町の水族館(道の駅すさみ隣接)
③白浜エネルギーランドとの共通入場券
白浜エネルギーランド
大人
3,000円
小・中学生
1,700円
幼児(3~5歳)
600円
幼児(2歳以下)
設定なし
WEB 南紀白浜のエネルギー体験型テーマパーク!
④樫野崎トルコ記念館との共通入場券
トルコ記念館
大人
2,000円
高校生
1,800円
小・中学生
900円
幼児
設定なし
WEB トルコ国との友好の証として建設された記念館



icon_stella.jpg ▼ 海中観光船ステラマリスの乗船追加
当日窓口でのお申し込みとなります。追加料金にて乗船券をご購入いただけます。
乗船追加料金:大人900円/小中学生600円/幼児無料
ショート運航時:大人600円/小中学生400円/幼児無料



logo_ikoyo.jpg 子どもとお出かけ情報「いこーよ」』で当園情報公開中!
「行きたい!」「口コミ」「思い出」ぜひぜひお願い致します!
当園情報ページ⇒http://iko-yo.net/facilities/1142

スマホでらくらく♪前売り電子チケット

banner_eticket.jpg

スマホ限定の前売り電子チケットです。
パートナー各社の販売サイトから事前にご購入いただけます。
ご購入の際にはスマホから各販売サイトにアクセスしてください。

購入方法や有効期限、会員登録などは各社の設定に応じます。
各販売サイトの説明・注意事項をご了承の上ご利用ください。
お問い合わせは各社のサポート窓口をご利用ください。


チケット内容

水族館と海中展望塔のセット 20%割引
※券種によって異なる場合がございます。

ご利用方法

(1)下記の各販売サイトにアクセスし事前にご購入ください。
(2)水族館入口の窓口で電子チケット画面をご提示ください。
(3)スタッフがモギリ操作を行い入場券を引き換えいたします。
※当日のご購入・ご利用が可能です。
※乗船券は当日窓口での現金販売です(予約不可)

注意事項

※購入後の取り消し・払い戻しは原則できません。
※展望塔閉鎖の場合も払い戻しはできません。
※他の入場料金割引との併用はできません。

▼パートナー各社販売サイト▼

asoview!

EPARK

sales_asoview3.jpg
sales_btn2.jpg

QR_asoview.png
sales_epark3.jpg
sales_btn2.jpg

QR_EPARK.png
sales_acro.jpg

eticket-acro-01.jpg eticket-acro-02.jpg eticket-acro-menu.jpg

img_stella_ticket.jpg

▼ 海中観光船ステラマリスの乗船券追加
当日窓口での現金販売となります。(予約不可)
乗船追加料金:大人900円/小中学生600円/幼児無料
ショート運航時:大人600円/小中学生400円/幼児無料
※当日の海状況によって運航コースを決定いたします。




logo_ikoyo.jpg 子どもとお出かけ情報「いこーよ」』で当園情報公開中!
「行きたい!」「口コミ」「思い出」ぜひぜひお願い致します!
当園情報ページ⇒http://iko-yo.net/facilities/1142

深海ザメ「ラブカ」県立自然博物館にて標本展示中

2020年1月16日に搬入した深海ザメ『ラブカ』ですが、
翌日の1月17日11:30頃に衰弱のため死亡したことを確認し、
串本海中公園水族館での展示を終了いたしました。

このラブカは、太地町沖の水深約550メートルの海底から釣り上げられ、
驚くことに水圧差で死ぬことなく、生きた状態で持ち込まれた珍しい個体でした。

個体は和歌山県海南市の和歌山県立自然博物館に、
和歌山県で採取された深海魚として寄贈させていただき、
現在、標本展示されています(2020年2月24日まで公開)。

ご声援・ご意見いただいた多くの方々に心から御礼申し上げます。
この貴重な事例から多くのことを学び、今後の飼育に活かしてまいりたいと思います。


2001165.jpg
2001167.jpg
2001166.jpg

このページのTOPへ