海と水族館を丸ごと楽しめる複合施設串本海中公園

中国語 English 年中無休!営業時間 9:00-16:30
HOMEイベント&新着情報[9/30まで開催中] 光るきのこ写真展

イベント&新着情報EVENT&NEWS

毎日イベント盛りだくさん!
新着情報もお見逃しなく。

最新記事
[10/25:観光船] 避難訓練に伴なう運休便のお知らせ
[10/13] 台風19号の通過に伴うご案内
定期刊行物『マリンパビリオン』最新号up!
特典付きイベント・リーフレット
スマホでらくらく♪前売り電子チケット
カテゴリ
お知らせ (19)
ご案内 (8)
イベント (13)
割引クーポン (2)
定期開催フリーイベント (2)
電子チケット (1)
月別アーカイブ
2019年10月 (3)
2019年9月 (5)
2019年8月 (2)
2019年7月 (2)
2019年4月 (1)
2019年3月 (1)
2019年2月 (1)
2018年4月 (2)
2018年2月 (1)
2017年12月 (2)
2017年10月 (1)
2017年4月 (3)
2017年3月 (1)
2017年1月 (1)
2016年2月 (2)
2014年3月 (3)
2013年12月 (1)
2013年4月 (1)
2013年3月 (2)
2013年1月 (2)
2012年10月 (1)
2012年5月 (2)
2012年4月 (1)
2010年12月 (1)

[9/30まで開催中] 光るきのこ写真展

banner_ひかるきのこ4.jpg
hikarukinoko_1907.jpg

森の妖精と呼ばれるキノコのmini写真展。
暗い森や林の中にぽつぽつと灯る、淡い緑色の光...
異世界を思わせる光景を演出しているのは、なんと光るキノコ。
その名も『シイノトモシビタケ(椎の灯火茸)』といい、本展の主題です。
本展では幻想的な写真12点をパネル展示いたします。

分布域と黒潮、そして海中公園。
シイノトモシビタケは、日本以外の国からの発見例がない、日本固有種とされています。
はじめ、1951年に八丈島で発見・新種として記録されてから40年以上もの間、同島の固有種と考えられていました。 その後、1995年に和歌山県すさみ町に自生していることがわかると、さらに串本町や那智勝浦町にも分布していることもわかりました。
現在では、すさみ町から三重県熊野市にかけての紀伊半島南部一帯が最大の生息地であることがわかっており、三宅島・兵庫・大分・宮崎・鹿児島・大分および沖縄の各県からも分布が記録されています。

その分布域と黒潮、そして黒潮と海中公園との関係性から本展の開催に至りました。
mini写真展ではありますが、幻想的な『光るきのこ』の世界をぜひお楽しみください。
(参考:Wikipedia、参木さんBlog)


開催期間

2019年7月1日(月)~2019年9月30日(月)

開催場所

水族館内 水中トンネル水槽入り口付近

撮影・展示

参木正之(みつぎ・まさゆき)
串本でのフォトアクティビティをサポートする『FotoZest』オーナー。
水中撮影トレーニングや撮影ツアー、そしてシイノトモシビタケ撮影ツアーを主催されています。
FotoZest:http://fotozest.raindrop.jp/




▼水中トンネル大水槽に接続するパネル展示スペースでの開催です。
img_hikarukinoko01.jpg img_hikarukinoko02.jpg


logo_ikoyo.jpg 子どもとお出かけ情報「いこーよ」』で当園情報公開中!
「行きたい!」「口コミ」「思い出」ぜひぜひお願い致します!
当園情報ページ⇒https://iko-yo.net/facilities/1142
このページのTOPへ