海と水族館を丸ごと楽しめる複合施設串本海中公園

中国語 English 年中無休!営業時間 9:00-16:30
HOME発信機付きウミガメ位置情報プロジェクトについて一覧

発信機付きウミガメ位置情報ARGOS LOG

[カテゴリー別]
プロジェクトについて

最新記事
アルゴス放流 第2弾スタート!
発信機付きウミガメ放流とは?
カテゴリー別
アルゴス情報 (53)
アルゴス情報2 (19)
アルゴス情報まとめ (4)
プロジェクトについて (2)
月別アーカイブ
2019年7月 (1)
2019年6月 (14)
2019年5月 (5)
2019年4月 (3)
2019年3月 (7)
2019年2月 (9)
2019年1月 (12)
2018年12月 (21)
2018年11月 (3)

アルゴス放流 第2弾スタート!

argos2_1.jpg

アーケロンプロジェクト『アルゴス放流 第2弾』スタート!
アルゴスシステム(衛星追跡)によってウミガメの移動経路をリアルタイムで観測し、
当水族館で生まれ育ったウミガメの放流後の野生での行動を調査するアルゴス放流

2018年11月の第1弾『2才のアカウミガメ』に続き、
2019年5月、第2弾となる『成体のアカウミガメ~産卵回遊調査』を実施しました。
放流した個体は、1995年に当館で繁殖し、産卵を行うまで飼育したアカウミガメの成体で、
これまでにも当水族館のウミガメプール・人工産卵場で産卵をした経験があります。

交尾期が終わって産卵期に入るこのタイミングに放流することで、
野生でも産卵を行うかどうか、するのであればどこで産卵するのか、
さらに、産卵期以降の動向は野生個体と同様なのかを調査することが目的です。


icon_tsubaki.jpg アルゴス放流第2弾のアカウミガメ『つばき
性別:メス(産卵経験あり)
生まれ:1995年9月ごろ(23才)水族館の人工産卵場
体重:105kg/甲長:85cm
串本町のシンボル木にちなんで「つばき」を名付けられました。
やんちゃな性格で、ウミガメプールから脱走したことも。



▼初めての海に怖じけることなく、つばきは串本の海へまっすぐ飛び出しました。

argos2_2.jpg argos2_4.jpg
▼放流イベントでは子ガメの放流も実施し、ふばきを含めたふれあい体験も。

argos5.jpg argos3.jpg

水族館内の特別展ではパネル展示でさらに詳しく解説中です!ぜひご来場ください。
特設ページ:《 アーケロンプロジェクト - 串本海中公園
参考ページ:《 NPO法人 日本ウミガメ協議会 - 人工衛星による追跡調査


発信機付きウミガメ放流とは?

archelon_event.jpg 【アーケロンプロジェクトの一環として】
串本海中公園では、ウミガメの保全活動に力を入れており、
現在、『アーケロンプロジェクトとその特別展』を展開中です。
これまでも放流会を催し、繁殖ウミガメの野生復帰に取り組んできましたが、
今回、プロジェクトの新たな試みとして発信機付きウミガメ放流を行いました。


icon_gps02.jpg 【ウミガメ放流と放流後の調査】
当園のウミガメ放流は、水族館で繁殖した子ガメを一定期間飼育し、
ある程度まで成長させてから海へ放流する『ヘッドスタート放流』です。
成長した個体は野生での生存率が高く、標識を取り付けることも適い、
繁殖ウミガメの放流後の生態・野生復帰を調べる手がかりを得てきました。


icon_gps01.jpg 【アルゴスシステム・発信機を付けての放流】
プロジェクトでは、ウミガメにとってより良い野生復帰の方法を探るため、
発信機を付けたウミガメ放流を実施し、人工衛星を利用して追跡することで、
標識では得られない移動経路を取得し、より詳細な生態調査を行います。
このブログではその位置情報(アルゴス情報)を掲載しております。


【位置情報(アルゴス情報)について】
ウミガメの位置情報(アルゴス情報)は発信機からは45秒に1度、アンテナが海面に出ている状態でのみ発信され、衛星が受信可能な時間帯に取得されます。
発信機が外れるなどのアクシデントで位置情報をロストする可能性もあります。


今回のプロジェクトは、繁殖ウミガメが『アカウミガメの大回遊』を辿るかに注目しつつ、
2018年秋に子ガメ、2019年春にウミガメを放流し、1年以上かけて追跡調査を行う予定です。
水族館内の特別展ではパネル展示でさらに詳しく解説中です!ぜひご来場ください。
特設ページ:《 アーケロンプロジェクト - 串本海中公園
参考ページ:《 NPO法人 日本ウミガメ協議会 - 人工衛星による追跡調査


このページのTOPへ